債務整理する前にシュミレーションは大事です。

債務整理の前に診断、シミュレーションをしましょう

というのは、弁護士や司法書士事務所の宣伝広告などで良く見かけたり、聞いたりするフレーズですが、このシミュレーションは何を示しているか??を考えた時に、ぱっと思い浮かぶのは

  • 引き直し計算をして、過払い金返還請求出来るかシミュレーションする。
  • 任意整理で、毎月返済できる金額、返済期間をシミュレーションする。

これら、現実的な手続きの問題だったり、返済能力との兼ね合いだと思います。

 

しかし、実は債務整理をする事で大切なシミュレーションは、「ライフシミュレーション」だと思います。

英語で言うと、ちょっとかっこ良いかな??と思ってみたのですが、そんな難しいわけでもなく、「人生を計画した時、今何をするべきか??」ときちんと考える事って、人生の節目などで大切な事だと思います。

 

今回、触れる点で言えば、人生の節目は「借金脱出するにはどうすれば良いか??」という点だと思います。

そのため、毎月の返済をどうしていくか?破産や民事再生をして、出直しをするか??を決める事も大事ですが、その先の人生まで考えておかなければ、そしてこれを考えるのは債務整理をする前に考えておく必要があるという事です。

 

先に、この事を考えず、

「債務整理を事務的に手続きしてしまえば、それで借金問題は解決する」

「自己破産すれば、すべての借金はチャラになるので、リスタートできる」

など、安易に考えていると、その後の生活が上手くいかずに、再び借金生活に逆戻り・・・という事もあり得ます。

 

大事な事は、将来を見据える視点だと個人的には思います。

借金問題には、実際的な返済を考えたり、お金の事を考えたりする現実的な問題があるのと同時に、「心の問題」を抱えていると思います。

自分もそうだったんですけど、借金問題を事務的な手続きだけで考えているのと、きちんと今後も繰り返さないためには何をするべきか?意識するべきか??を考えるのとは、全く認識が違ってくると思います。

 

私の場合は、債務整理を無料相談で検討している時に、弁護士さんにきちんと自分の不安な点などをお話した上で、任意整理の手続を選択出来ましたし、その後のサポートと言いますか、フォローもしてくれて話を聞いてくれる方でしたので、とても助かっています。

 

現実問題として、今借金問題を処理するという事は大切な事だと思いますが、それと同時に将来を見据えて、しっかりと心のケアや人生設計の立て直しまで考えて、その上で必要な債務整理の手続を選べるようにする事は、とても大切な事だと個人的には思います。