債務整理で延滞損害金が再発するとヤバイです!

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理は、借金を支払いやすくする、もしくは借金を破産によって免責する(チャラ)にするのが、一番の目的です。

しかし、支払い遅延の状態が続いてくると、借金を支払いやすいように元本のみの和解をし、将来利息のカットをしたにも関わらず、再び遅延損害金が発生してしまいます。

 

これは、個人の債務整理だけでなく、会社(法人)が債務整理の手続きをするケースでも同じで、会社更生法やADRなどの手続きで銀行などの金融機関や保証協会からまとめてもらった条件を履行できないのであれば・・・

残念ですが、会社を倒産させるしか無いという事になります。

 

このように、債務整理の手続きは、個人でも、法人でも借金返済をしやすくするための有効な手段である一方、債権者からすると「そこまでしたのだから、約束を守ってよね、守れなければペナルティあるよ」という事を言いたいわけです。

それが、弁護士さんからも説明がありましたが、「期限の利益」と呼ばれるものです。

 

期限の利益は、約束どおりの期日を過ぎる場合は、督促(取り立て)されたり、一括返済を求められたり、一括返済するまでの期間に遅延損害金を発生させるものとなっています。

 

場合によっては、取り立てが進まなければ、訴訟を起こされて、強制執行(給料の差し押さえなど)に至る準備を進める事もあります。

それだけ、債務整理後に遅延損害金が出てしまうようなケースというのは、とても危険な状態だと思いますし、次は自己破産をして、人生をやり直すという覚悟を持っていなければいけないかもしれません。

 

それだけ、大変な事ですし、債務整理を一度進めた以上、基本的に「約束を守れる和解条件」である事は、最低限の条件ですので、その点は弁護士や司法書士が受任するケースでは、支払い可能な状態かどうかを確認する事になります。

もし、無理な条件であれば、しっかりと自分の事ですので、意向を伝えた上で、他の方法や和解条件の見直しなどが出来ないか??も考える必要があるかと思います。

 

これらの事を自分一人で考えても、なかなか難しいですし、そんな時はしっかりと専門家に相談してみるのが一番だと思いますので、最初は無料相談で確認してみて下さいね。