債務整理とは個人と法人で違うもの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

[債務整理] ブログ村キーワード

債務整理は、個人でも法人でも手続きが取れるものですが、それぞれで手続きなどに違いがあるものか??について、ここではまとめていきたいと思います。

 

まず、個人で取れる債務整理の手続きですが、「自己破産、民事再生、特定調停、任意整理」のいずれかになりますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

自己破産の場合ですが、

メリットは、「借金をチャラに出来るので、支払い義務がなくなり、新しい人生をやり直せる。」という点です。

デメリットは、資格制限の時に職業や行動などの制限を受けたり、5~7年は新たな借金をする事が出来なくなるという点です。

 

民事再生の場合ですが、

メリットは、「大幅に借金を減額する事ができ、返済状況を楽にする事が出来、自宅や車を残したまま、再生できる」という点です。

デメリットは、「債権者全員の同意を得る必要があるので、再生計画案に無理があると、民事再生を使う事が出来ない」という点です。

 

任意整理と特定調停の場合ですが、

メリットは、「裁判所を介さず、債権者と債務者の話し合いの中で和解ができる」という点です。

デメリットは、「債権者が同調しない場合は、手続きが進まない」という点です。

 

いずれもメリットとデメリットがありますが、それぞれどの方法を選ぶか??を決めていく必要がありますし、債務者の状況によっても変わってきます。

 

逆に、法人の場合ですが、

個人の自己破産の手続きにあたるものが、「会社の清算や廃業」になりますし、この場合は、連帯保証人となっている可能性も高い事から、社長も一緒に自己破産の手続きを進める事が多いです。

また、個人の民事再生の手続きにあたるものが、「会社更生法」になり、裁判所と弁護士と共に、更生計画案を作成していく事になります。

他に、ADRだったり、任意整理の手続きを行うケースがありますが、これらは今後も事業を継続出来るように債権者(銀行などの金融機関が一番大きい)との話し合いをしていく事があります。

 

法人の場合は、弁護士が付いて手続きする事になり、司法書士では取り扱えない案件になりますが、個人の場合であれば、案件が140万円を超えないケース、簡易裁判所で取り扱う案件であれば、司法書士でも取り扱いが出来ます。

 

主だった、個人と法人での違いというのは、これらのような事かと思いますが、主には個人の借金が自分がいちばん関係するところだと思うので・・

最初の4つの手続きから、自分の望む方法を選ぶようにすると良いかと思います。