債務整理は意味があるもの??

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理について、ここでは体験談などを含めて色々と書かせて頂いているのですが、そもそも債務整理とは何??と意味を理解していない方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、債務整理の意味と中身を、そしてそれぞれの債務整理は必要なものか??について、書かせて頂きたいと思います。

 

債務整理とは・・

債務整理とは、「債務=借金を整理する事」です。

借金の整理とは、今以上に借入額が増えないように、そして逆に今ある借金を減らすにはどうすれば良いか??を手続きしていくものです。

 

債務整理は、債権者との合意が必要なものもあれば、裁判所に仲介してもらい手続きをする方法もあります。

具体的な方法では、

  • 自己破産
  • 民事再生
  • 任意整理(過払い金返還請求も含む)
  • 特定調停

になりますが、任意整理以外の手続きは、すべて裁判所で手続きを経て、行う事となります。

逆に、任意整理の手続きは、債権者との話し合いの中で、和解する事で解決する事になります。

 

これらのそれぞれの意味ですが、

  • 自己破産は、借金をチャラにする申立と免責の両方を得る手続きで、管轄の地裁で手続きを進めます。
  • 民事再生は、借金を大幅に減額する再生計画を債権者の同意を得て取る手続きで、管轄の地裁で手続きを進めます。
  • 特定調停は、借金額を確定し、分割もしくは一括返済をする手続きで、将来利息をカットできる手続きで、簡易裁判所(調停委員)が仲介し、手続きを進めます。
  • 任意整理は、特定調停と同じですが、債権者と債務者の間で任意な和解を取り交わすものなので、裁判所などが仲介する事はありません。

どれも、借金をチャラにしたり、大幅に負担を軽減する方法ですので、借金問題が大きくても、問題解決出来るものです。

 

債務整理をする意味はあるのか??

債務整理が借金問題に大きな効果をもたらすのは、自分自身の体験からも理解していますが、債務整理をしても本当に意味があるのか??と思われる方も多いかもしれません。

おそらく、このように考えている方の多くは、「一人で債務整理する力がないし、どうすれば良いか判らない」事が理由かと思います。

 

しかし、これらの手続きは、自分で手続きしなくても、弁護士や司法書士といった専門家に任せる事で、手続きを進める事も出来ます。

また、多くの方が弁護士などに依頼し、債務整理の手続きを進めてもらう事で、時間も手間もかけずに借金問題をクリアにしていきます。

 

債務整理は、やってみないと効果性もわからないところがあると思いますので、意味が無いものと決めつけるよりは、「まずは専門家に必要な事かどうかを確認してみる」事が良いかと思います。