債務整理後のクレジットカード作成は可能?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理をした時に、「今持っているクレジットカードは、公共料金の引き落としや、外出時の買い物で使うので、使えなくなるのは不便だなぁ」と思っていました。

また、クレジットカードには、契約更新というものがあるので、使えたとしても更新できなくなるのであれば、その時から不便になるなぁという事で、弁護士さんに任意整理をお願いする前に質問しました。

 

クレジットカード会社次第ですが、更新までカードを使える事が多い

まず、クレジットカード会社は定期的に信用情報の更新を行うようで、そのタイミングまでは債務整理をしている事は、知られる事がありません。

そして、新しい信用情報の更新タイミングで、新たな与信(カードやショッピング限度額を決める事)を行うという事で、私も任意整理した直後に影響が出る事はありませんでした。

 

そして、クレジットカード会社によっては、新しい与信時にカードの利用停止を決める事もあれば、信用情報に異動情報が出ていても、取引が正常であればそのまま使える事もあります。

私も、そのまま使えてきましたので、特に厳しくなかったのかな??という印象です。

(=Docomoと提携するDCMCカードです)

※個人事に状況も違うかと思いますので、一概には言えないと思いますので、気になる点は都度会社へ確認するようにしましょう。

 

更新のタイミングで、クレジットカードの再審査が行われる

クレジットカードは、5年に一度くらいのタイミングで有効期限が切れます。

その時に「自動更新」で審査が行われるのですが、(解約しない限りはされると思います)そのタイミングで、今後のカード発行が相応しいかを再審査されます。

 

更新の際の審査では、口コミや評判などを読んでいると、カード会社によっては信用情報に異動情報があると、審査落ちする事があるようです。

ただし、これも一概には言えず、個人ごと、会社ごとに事情も変わります。

 

弁護士の先生曰く、債務整理の手続きによって信用情報の報告期間などが違うようで、一般的には

  • 任意整理、自己破産、民事再生、延滞情報などの異動情報は、5年を目処
  • 自己破産、民事再生の官報への登録は、7年ないし10年を超えない期間

という事でしたので、私の場合は手続きを取ってから5年を超えない期間は、カードの審査(更新審査含む)には気を使うという事になりました。