債務整理途中で弁護士が辞任したらどうすれば良いの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理を一旦弁護士に受任してもらい、手続きを進めていたのですが、途中で弁護士が辞任するという事は、絶対にない事ではありません。

しかし、出来ればあってはならない事ですし、手続き途中で辞任されると、それなりのデメリットも発生する事になりますので、最初に、「辞任する可能性がある理由について」と「辞任される事で考えられるデメリット」についてお話したいと思います、

 

辞任する可能性がある理由について

まず最初に、弁護士が辞任するケースですが、一言で言えば「クライアントに対して不信感、嫌気を指している」可能性が高いという事です。

例えば、

  • 弁護士費用(着手金、分割費用)を支払わない、途中で滞る。
  • 任意整理で和解成立も、不履行続きで債権者からも連絡が入り管理が面倒になる。

このようなケースがあると、弁護士は辞任してしまいます。

 

辞任する事で考えられるデメリット

続いて、辞任する事で考えられるデメリットですが、弁護士の後ろ盾を失うという事ですから、債務整理の手続きが完遂していない場合は、債権者と直接やりとりしたり、裁判所とやりとりする事になります。

また、手続き途中で進捗しない場合では、債権者からの督促を再開される事があったり、場合によっては強制執行を受けるというリスクもあると思います。

 

逆に、債務整理の手続きを終えて、任意整理のように入金が不履行されるケースの場合だと、辞任される事で債権者から直接連絡が来ることになりますので、日々の生活を脅かされる、ストレスの溜まる日々に逆戻り・・

という事もあるかも知れません。

よって、債務整理をする際には、

どこに相談するのか

はとても、大事な事で、最初にしっかりと決めていれば、辞任されるリスクも減らせるかと思いますので、当サイトでは

安心の匿名相談可!無料で相談先を探す街角法律相談所をオススメします。

個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇りますので、上手に活用してあなたにピッタリの相談先を探しましょう。

辞任をお知らせする辞任通知と弁護士費用について

弁護士の辞任ですが、債権者各社に「辞任通知」を発送し、もう債務者とは関係が無いという事を示す事が一般的ですので、この通知が届いた時点で、債権者からは督促を再開する可能性が高いと思われます。

 

また、気になる弁護士費用についてですが・・・

着手金という概念は、「事件に着手した時点で支払するもの」と考えられているので、債務整理に着手(受任した)している以上、支払い請求をされます。

 

よって、新しい代理人(弁護士や司法書士)へ相談したとしても、前の代理人への着手金の支払いをしなければいけないと思って良いですし、無駄に費用がかさむことになります。

よって、弁護士に辞任される事はデメリットが多いだけで、無駄も多いので、そのようにならないように気をつけたいところですね。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。