債務整理 アパート契約にも影響が出るの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理をすると、住宅ローンなどの審査に影響が出るのは、有名な話ではありますが、アパートやマンションの賃貸契約などについてはどうなの?

と少し疑問に感じましたので、調べてみました。

 

信用情報を参照できるのは限られた金融業者だけ

まず、最初におさらいも兼ねてですが、債務整理をする事で、住宅ローンの審査に落ちてしまうのは「信用情報に異動情報が報告される」事が理由です。

異動情報=ブラックリストですが、信用情報機関に登録された金融業者だけが参照できる情報で、一般の不動産会社、管理会社などでは参照する事の出来ない情報です。

そのため、賃貸契約は原則としては「債務整理が影響する事は基本的にはない」と思って良いかと思います。

 

ただし、一つだけ気をつけたい事があり、

保証会社がバックにいて、賃貸契約をする場合においては、保証会社から信用情報を参照する事も考えられる」という事です。

 

なんでも、不動産会社の40%近くが、賃貸契約の保証をつける事があるとの事で、日本賃貸保証株式会社、日本セーフティ株式会社、ジェイリース株式会社などが家賃保証会社としても有名ですし、これらの会社では審査時点で「信用情報の取得」をする可能性があるとの事です。

よって、ブラックリストに登録された債務整理後すぐの場合は、賃貸契約に影響が出る可能性があります。

 

また、信販系保証会社が保証会社になっている物件もあり、例えば

  • オリエントコーポレーション(オリコ)
  • エポスカード
  • セディナ
  • ライフ
  • アプラス
  • ジャックス

これらの信販会社が保証する場合は、まず信用情報を取得されると考えて良いかと思います。

 

その他に考えられるケースとして、アパートやマンションの家賃をカード決済で支払いする場合ですが、その場合にカード会社の審査が通らない事が考えられますので、その場合も賃貸契約に影響が出る可能性があります。

 

※LICC(全国賃貸保証業協会)、LGO(賃貸保証機構)加盟の保証会社がありますが、すべての保証会社が上記に当てはまるわけではありません。

もちろん、すべての信販会社が信用情報を取得するわけではないですし、信用情報を参照しない保証会社さんや大家さんも数多くあります。

冒頭に紹介したとおり、基本的には影響しないと思って頂き、上記のようなケースがある場合は要注意。

その程度の理解で良いかと思います。