債務整理 デメリット 住宅ローンやクレジットカードへ影響は?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理には、自己破産、民事再生、特定調停、任意整理と種類がありますが、それぞれの手続きを進める際に、「今後の生活に影響したら嫌だな・・・」という気持ちはあるかと思います。

例えば、自己破産をすると、一定期間法律で定められた職種になる事は禁止されていたり、免責決定が決まるまでは居住地の制限がされるという自由が奪われる事が多少なりともあります。

 

他に、信用情報に異動情報(=世間ではブラックリストと呼んだりしますが・・・)が登録されると、登録期間は、新たな借入審査に影響が出るとも言われています。

 

債務整理は、手続きを行う事で、大きなメリットを得られると同時に、逆にデメリットとなる事ももちろんある事を承知の上で、手続きを進める必要があります。

一方で、住宅ローンやクレジットカードというものは、生活上必要になってくる頻度の高いものですので、特にここではこの2つについて取り上げたいと思います。

 

住宅ローンへの影響はあるの??

まず、住宅ローンに関してですが、金融機関(主に銀行かと思いますが)は、審査の際にJICC、CIC、全銀連の信用情報を取得します。

※信用情報には、過去のそれぞれの加盟業者で、どんな利用をしていたかが見れます。

 

異動情報には、債務整理に関する事、延滞情報、貸倒れ情報などが記号で登録されていて、現在利用がある場合は、現在の利用残高、毎月の返済状況などもわかるようになっているようです。

 

これらの信用情報に異動情報が登録されている場合は、先程も書いた通り、住宅ローン審査に通りにくいです。

やはり、金融機関としてもリスクの高い住宅ローンの融資(金額も大きいので・・)、焦げ付きしないローン審査という事で慎重です。

 

クレジットカードへの影響はあるの??

次に、クレジットカードへの影響ですが、信販会社はクレジットカード審査の際には、必ずJICC、CICの信用情報を取得します。

※場合によっては、全銀連の信用情報も取得します。

 

また、クレジットカードは「更新」する事もあるので、更新の際にも再審査という事でJICC、CICなどを取得し、発行可能かを確認する事となります。

 

いずれの場合でも、クレジットカード審査の際に、信用情報に異動情報が登録されている場合、審査に通りにくくはなります。

逆に、更新を迎える前のクレジットカードは、定期的に信用情報の更新を行う事はあるようですが、更新されないで異動情報が登録された事が確認されていない場合・・・

今持っているクレジットカードは、今まで通り利用できる事になります。

※あくまで個別の会社ごとの事情もありますので、気になる点がある場合はお持ちのカード会社へ連絡しましょう。

 

私も、債務整理の(任意整理)の手続きを行い、「5年間は信用情報に報告される」と弁護士さんから聞いていましたので、その点は覚悟していました。

ただ、今では住宅ローンを組めましたし、全て完済して多重債務の生活は過去の事・・・

という事で、特に不都合がないので、人間いつでもやり直し出来るって本当だなぁって思っています。