債務整理 個人で出来るの?個人信用情報って何?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理と聞くと、弁護士や司法書士へ相談するものというイメージが定着していますが、実は個人(本人)で、個人民事再生(小規模、給与所得者いずれも)、自己破産、特定調停、任意整理(過払い金請求も含む)をする事は出来ます。

ただ、手続きによっては、とても複雑だったり、面倒だったり、裁判所へ出廷する必要があるものもあるので、手続きを自分で取らずに、任せるという方も多いです。

 

ところで、個人で手続きを取る時に、気にしたい情報は??という事で、ここでは債務整理に関する基礎的な想定質問をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

質問 債務整理にはどんな方法がありますか?
借金をチャラにできる「自己破産」、債権者集会を開き、裁判所の仲介のもと大幅な和解が出来る「民事再生」、裁判所の仲介で将来利息のカットなどの有利な条件で和解する「特定調停」、債務者との話し合いの中で、将来利息のカットなどの有利な条件で和解する「任意整理」があります。

 

質問 どの債務整理が有効ですか??
それぞれの債務整理には、それぞれの債務者の状況によって、メリット、デメリットがありますし、何よりどの手法を選ぶ事で借金問題が迅速に解決するかは、個別の状況によって変わりますので、一概には言えません。

 

質問 債務整理をする事でデメリットはありますか?
質問の回答 キャッシングやクレジットカード、住宅ローンや車のローンなどの審査に通らない事があったり、官報情報に登録される事があります。

デメリットに関しては、債務整理 デメリット 住宅ローン債務整理 デメリット 配偶者債務整理 デメリット クレジットカードで、詳細をまとめていますので、参考にどうぞ。

 

質問 個人信用情報機関にはどんなものがありますか??
個人のキャッシングやカードローンなど無担保の借入情報をまとめる「全国信用情報センター(JICC)」、クレジットカード(信販会社)関連の情報をまとめる「CIC」、銀行の扱うローン関連の情報を扱う「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」があります。