債務整理してから完済後どれくらいでローンやクレジットカードが作れるの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理を完済するケースは、

  • 民事再生の返済計画案で完済する場合
  • 特定調停や任意整理で和解した内容を完済する場合

のいずれかになりますが、だいたいの返済計画は、3年~5年以内で完済できるようにするのが、通常です。

 

同時に、完済した後にどれくらい経過すると、住宅ローンやクレジットカードの審査、キャッシングやカードローンの審査に影響が出なくなるのか??という点が気になります。

ここでは、完済後の信用情報機関の登録について、まとめていきたいと思います。

 

信用情報の異動情報の登録期間はいつから5年なの??

まず、債務整理をすると過払い金返還請求を除いて、信用情報に異動情報が報告されます。

この異動情報は、事故情報だったり、ブラックリストなどと呼ばれる事もありますが、これらの情報は金融業者にとっては、とても大切な情報で、貸し倒れリスク回避のために使います。

 

そのため、信用情報機関に異動情報の登録があると、ローン審査やクレジットカード審査などの審査が通りにくくなり、審査落ちする事も珍しくありません。

 

ここで気になるのが、

  • 登録期間は、永久的に登録されるのか??
  • 期限があるとすれば、登録はいつから起算日になるのか??

という二点になるのですが、まず異動情報の登録期間は「5年~7年」と言われています。

 

また、登録されるタイミングは、「債務整理を開始した時」となっていますので、返済を続けていく中で、債務整理後5年以内に完済していると、5年を経過していれば信用情報から異動情報が登録抹消している可能性もあります。

このあたり、ローンやクレジットカード審査をするタイミングで、先に信用情報機関へ登録情報の開示請求をしておき、内容を確認しておくのも一つの方法です。

手続きが判らない、という場合は、専門家に相談してみるのも一つの方法かと思います。

 

tokushu-01red 関連ある記事をピックアップ