債務整理 弁護士を変更するメリットは?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の手続きを取る中で、一人の弁護士に手続きを任せたにも関わらず、相性の問題、手続きが思うように進まないなどで、弁護士を変更した場合は可能なのでしょうか??

結論としては、「可能」ですが、費用が二重にかかる可能性があります。

 

まず、必要な費用についてですが、

  • 着手金
  • 定額の報酬
  • 成功報酬
  • 事務手数料

この中で、着手金は戻ってくる事は無いと思って良いですし、事務手数料がかかっている場合も請求されるケースがあります。

よっぽどの理由がない限り、弁護士に否がないかぎりは、請求されると思って良いでしょう。

 

弁護士変更を行う事でのメリット

上記のとおり、費用面ではマイナスになる可能性がある弁護士の変更ですが、弁護士を変更してもメリットがあるのは??を考えた時に、

弁護士との相性が悪い時

は、勇気を持って変更をされるのも、一つの方法だと思います。

 

債務整理の手続きを実際にしていくれるのが弁護士で、実際に弁護士が借金問題を解決してくれるわけですが、一見上下関係があるように見えますが、本来は「人と人」であって、対等であるべきだと個人的には思っています。

そのため、弁護士変更をしてでも、きちんと対応してくれる人、横柄な態度を取らない方、コミュニケーションを取れる方と手続きを進める事を個人的には、オススメしたいと思います。

 

上記の通り、費用面でマイナスな点も多いですが、債務整理の手続きを事務的に済ませるのでなく、きちんと人としてもお付き合いが継続できる、そして何でも相談できる関係構築も可能な事務所を選択される事をオススメしたいと思います。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。