債務整理 弁護士費用 払えない時はどうする?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理を代理人にお願いすると、費用が発生しますが、目安としてはそれぞれの手続きによって、借金状況によって違いますが・・・

20万、30万円~50万円前後かかる事もあります。

 

そして、一般的には、弁護士の方が司法書士に比べると、その他の費用(訴訟費用や日当など、着手金の請求など)がかかる傾向にありますので・・・

費用がかさんでしまう事もありますが、それでも大きな差異がなくなってきていると言えます。

 

特に、弁護士は債務整理 弁護士 司法書士でも紹介している通り、司法書士ではできない職域まで出来るので、相談相手としては、安心感が高いかと思います。

 

ところで、そんな弁護士に相談し、いざ債務整理を行うという事で始めたのは良いのですが・・・・

弁護士費用を分割で返済する事や後払いする事にしたにも関わらず、諸事情により返済が滞ったり、返済できなくなった場合・・・

この場合はどうなるのでしょうか??

 

弁護士に辞任されるケースがある

弁護士も仕事で受けている以上、不履行する債務者の場合、自分の時間を割いてまで弁護する理由はありませんので、代理人を辞任する事があります。

辞任されてしまうと、債権者から自分自身を守ってくれるような人がいなくなりますので、これからの交渉だったり、弁護は自分自身で行う事となります。

 

どの世界にもヨコの繋がりがあります。

また、他の弁護士などに相談すれば良いだろう・・

という安易な考えも禁物です!

弁護士に限ったわけではないですが、これだけ情報社会が発達した世の中ですので・・・弁護士同士でもネットワークがあると思って良いでしょう。

 

不義理した事が、別の事務所や弁護士にも入るという事はあるでしょうし、悪い噂は広まるのが早いですので、気をつけた方が良いでしょう。

 

訴訟に発展するケースも

アメリカ社会ほど、訴訟社会ではない日本と言っても、悪質なケースだったり、致し方ないケースの場合は、弁護士であっても、訴訟での解決を望む事もあります。

弁護士を相手に回して訴訟するのは無謀ですし、勝訴されて判決を得られてしまうと、強制執行できる「債務名義」を取得できますので、あなたの給料の差し押さえも出来てしまう事もありますので、とても大変です。

気を付けて対応しなければ、借金問題を解決するどころか、逆により大変な事になりかねませんので、無理のない債務整理計画を立てる事は、とても大切な事だと言えそうですね。

 

また、そもそも相談料を支払う事が出来なかったり、受任費用を用意する事が出来ないという方も中にはおられるかと思いますが、そんな場合でも、まずは相談だけでもしておくべきです。

理由としては、「相談しなければ、どんな解決方法があるのかを知ることが出来ない」からで、現状から抜け出すには必ず必要な事だという事です。

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

こちらの街角法律相談所であれば、現状を確認し、あなたに最適な相談先で、どうすれば良いか??

というヒントをもらう事も出来るはずですから、まずは相談するところから始めて頂ければと思います。