債務整理 弁護士費用 相場や分割で気をつけるポイントは?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の手続きを代理人を使って任せる場合、気になるのが「どれくらいの費用がかかるのか??」という点だと思います。

ここでは、弁護士費用の相場、分割と一括返済による違いなどをまとめました。

また、弁護士費用が支払いできなくなった場合のデメリットについて、本音の部分を最後に書いています。

 

私の場合、弁護士費用を分割返済でお願いしましたが、最長で1年程度での分割という事になります。

債権数が4社ありましたので、それぞれに対して費用が発生するような見積もりになっていて

  • 着手金
  • 成功報酬
  • 減額報酬
  • 事務手数料

この4つを見積もり頂いたのですが、着手金と成功報酬は債権数分単価として含まれていました。

 

任意整理の手続きで、債権者も相談に応じてくれたというところもあり、裁判沙汰になる事はありませんでしたので、別途必要になる可能性のあった「出廷日当」は追加されませんでしたので、事務手数料は最低限の5,000円程度だったかと思います。

 

総額で、20万ほどとなりましたが、一月に2.0万程度の負担で済むので、そんなに負担ではなかったですし、相場を考えても妥当な感じだと思います。

 

任意整理の手続きの場合、費用の相場観としては

  1. 着手金が、2万円前後(1社あたり)
  2. 成功報酬が、2万円前後(1社あたり)
  3. 減額報酬が、減額金額の10%
  4. 事務手数料が、5,000円~10,000円程度

となりますので、私の依頼したところも、同じような感じかな??という印象です。

 

弁護士費用を滞ったり、支払い不能にになった場合

着手金などを先に請求する弁護士さんもいるみたいで、費用の一部だけ分割対応可とするケースもあるようですが、中には全額後払いの分割返済を可能とする事務所もあります。

 

そこで、安心して手続きを任せて、いざ任意整理を完了し、各債権者への弁済を開始するのと、弁護士費用の分割をするのとをしていくのでが・・・

ここで弁護士費用を延滞したり、支払いできなくなってしまったりすると、実は大変な事になります。

 

と言いますのも、今まで味方だったはずの弁護士さんが、味方をするのをやめて、裁判所へ訴訟するケースがあるのです・・・

弁護士費用の請求を裁判を通して行い、給料などへの強制執行が可能なように手続きを取っていくという事ですね。

 

弁護士さんを敵に回して、何も得な事はありませんし、相手は法律に精通したプロですので・・・

きちんと、弁護士費用の分割と任意整理の弁済分割の両方ができるような返済プランであるように、気を付ける必要がある事を忘れないで下さいね。