債務整理 弁護士 司法書士 違いで大きな点は何?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理を本人に代わり、代理で手続きを出来るのは、弁護士と司法書士のみとなりますが、弁護士と司法書士では何が違うのか??という点をここではまとめていきたいと思います。

 

弁護士は、法律と裁判の代理人となる事が出来る専門家で、法律に関するトラブル全般に対するアドバイスや、時には代理人となり訴訟を担当する事があります。

 

司法書士は、本来の業務は会社や不動産の登記の専門家で、従来は法律相談やトラブルに対するアドバイス、代理人となる事が出来ませんでした。

しかし、多重債務者の増加、借金問題の社会問題が表面化(過払い金返還請求や過剰融資、取り立ての実態など)した事で、弁護士だけではトラブル解決の専門家が足りないという事もあり・・・

2003年の法改正を経て、一部の条件を付けて、トラブル解決のアドバイス、仲介、訴訟の代理人となる事が出来るようになりました。

 

司法書士の条件付きでの干渉ですが、

  • 認定司法書士と呼ばれる、法務省で一定の研修と考査を受け事で認められた人である事
  • 総額140万円以下の案件(簡易裁判所で手続き取れる案件)である事

この2つを満たしていなければ、借金相談だったり、本人に代わり代理人となる事は許されないのです。

 

そのため、弁護士の場合は、何も制約もなく法律トラブルや借金問題の相談に対応出来るのに対し、司法書士の場合は、条件によっては折り合わないという事があるかも知れません。

自分の条件が、司法書士でも良いのか?それとも弁護士でなければいけないのか?というのを見極めるのが面倒、という場合は、最初から弁護士へ相談する方が、時間を無駄にしないかと思います。

 

そうゆう私も、借金問題をとにかく早く解決したかった、それ以外の余計な事を考える余裕というのがなかったという点もあり・・・

最初から、債務整理の事を色々と調べた中で、「弁護士に相談しよう」と決めていたので、とてもスムーズに事を運ぶ事が出来ました。

 

私の経験から言える事ですが、

  代理人に任せて、任意整理の交渉を行う上でも、相手は貸金業者なので、それなりに貸金の法律には精通していますし、何より口が巧い(=融資増額とかの営業トークは見事ですからね・・・w)ので・・・

そのあたりを冷静にかつ巧みに対処出来る経験値の高い弁護士に任せる。

というのが、一番だと私は思って行動しました。