債務整理 奈良にお住まいの方の体験談

債務整理は、奈良県に在住している方の体験談をもとに参考にして頂き、今後の方向性や手続きの有効性などを確認頂ければと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
50代男性 奈良県

債務整理はどこに住んでいても行うことができます。
奈良の法律事務所も対応しているので、借金に困ったときはすぐに相談しましょう。

ほとんどの方は相談をギリギリまで引き延ばしますが、これは債務整理を悪いことだと認識しているためでしょう。

 

しかし、もっといけないのは借金問題を先延ばしする事と同じで、利息が増えることは、借金の元金を増やすのと同じことです。

 

利息も返済金の一部なので、元金と何ら変わりないのです。

放置して利息が増えて、しかも借金を返せないという状況では、速やかに債務整理をして解決したほうがいいのです。

 

そのため、奈良で債務整理をしたい方は、腕のいい事務所を探すことも大切ですが、自宅から無理なく行ける事務所を選ぶことも大切になります。

 

そうなると、必然的に奈良県内の事務所になるでしょう。

じっくりと弁護士と二人で相談したい状況では、やはり近場でないと何かと不都合があります。

 

弁護士の中には出張に対応してくれる方もいますが、遠方だと無理があるものです。

電話やメールなど、顔が見えない状態で取引をするよりも、実際に会って話したほうが安心できます。

弁護士の人柄や自分との相性もわかりますし、その場で手続きをするにも都合がいいです。

債務整理は、地元密着が良いのか??

この方の体験談にある通り、債務整理の相談をする際に、地元の代理人の方が、何かと相談しやすい事はありますが、全国対応可な事務所も多数あります。

その中には、実績も申し分ない事務所も多くありますので、条件を比較するのも一つの方法だと思います。

 

いずれにしても、最終的には面談を通してきちんと説明する事が求められていいますので、その際に代理人として問題ないかをチェックする機会にすると良いかと思います。

 

奈良県 市町村 地域情報

  • 生駒郡安堵町、生駒郡斑鳩町、生駒郡三郷町、生駒郡平群町、生駒市
  • 宇陀郡曽爾村、宇陀郡御杖村、宇陀市、橿原市、香芝市
  • 葛城市、北葛城郡王寺町、北葛城郡河合町、北葛城郡上牧町、北葛城郡広陵町
  • 北葛城郡新庄町、北葛城郡當麻町、五條市、御所市、桜井市
  • 磯城郡川西町、磯城郡田原本町、磯城郡三宅町、添上郡月ケ瀬村、高市郡明日香村
  • 高市郡高取町、天理市、奈良市、大和郡山市、大和高田市
  • 山辺郡都祁村、山辺郡山添村、吉野郡大塔村、吉野郡大淀町、吉野郡上北山村
  • 吉野郡川上村、吉野郡黒滝村、吉野郡下市町、吉野郡下北山村、吉野郡天川村
  • 吉野郡十津川村、吉野郡西吉野村、吉野郡野迫川村、吉野郡東吉野村、吉野郡吉野町

債務整理 さいたま市大宮区の方の体験談

債務整理は、滅多にする事の無い手続きなので、過去に手続きされた方の体験談が役立つ事が多いです。

ここでは、さいたま市大宮区に在住している方の債務整理をした体験談をまとめました。

参考にして頂ければと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
40代男性 埼玉県さいたま市大宮区

債務整理を大宮でするなら誰に相談するべき?

大宮にお住まいで借金にお悩みの方は、基本的に大宮の専門家に相談して債務整理をすることになるでしょう。

債務整理は弁護士に依頼するのが一番いいと言われますが、一番大切なのは実績なのです。

借金問題の実績が多ければ、司法書士に相談してもまったく問題ありません。
司法書士にも、弁護士以上に任意整理、過払い金請求の実績が多い方がいるのです。

自信のある事務所ほど、積極的にWEBサイトで実績をアピールしています。

 

実績ほど強力な宣伝文句は存在しないでしょう。

WEBサイトに実績を表記していない事務所よりも、バッチリ表記している事務所のほうが安心できるはずです。

 

大宮で弁護士や司法書士に相談する場合、WEBサイトで報酬比較をしておきましょう。

実績があって報酬が安ければ最高ですが、実績が少なくて安さばかりアピールしている事務所は避けましょう。
債務整理には色々な方法があり、債務者の借金や収入などにより、適切な方法は変わってくるのです。

もし、弁護士から適切ではない方法を勧められた場合、債務整理を2回する状況になることもあるでしょう。

安さばかりを追いかけて契約すると、結果的に高い出費になりかねませんので、実績と報酬を考慮して事務所選びをしていくべきです。

 

トラブルに巻き込まれない、繰り返さないために・・・

債務整理は、代理人選びがスタートであって、代理人が決まっても、まだ先が続きます。

そのため、最初にきちんとトラブルになりそうにない、そしてきちんと借金問題を解決してくれそうな代理人を選んでおく事は、とても重要です。

 

間違っても、二度も債務整理の手続きをするハメになったり、適切でない解決方法で、借金問題が解決出来ないという事が無いように、慎重に判断するようにしましょう。

そのためにも、代理人探しの際には、債務整理の相談を始めるには無料相談からを参考にして頂きたいと思います。

 

さいたま市大宮区 地域情報

  • 東町、天沼町、大成町、大原、上小町
  • 吉敷町、北袋町、櫛引町、桜木町、下町
  • 寿能町、浅間町、高鼻町、大門町、土手町
  • 仲町、錦町、堀の内町、三橋、宮町

債務整理 弁護士の口コミや評判は要チェックです

債務整理の手続きを取る際に、弁護士へ受任するケースが多いのですが、弁護士に相談する事でどんなメリットがあるのでしょうか??

また、弁護士のメリットを踏まえた上で、口コミや評判を比較、チェックできるサイトを紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

弁護士へ相談するメリットは?

弁護士へ相談すると得られるメリットの一つに「債権者や裁判所との交渉や事務手続きを代理してもらえる」という事です。

最近でこそ、裁判も簡素化された事もあったり、裁判員制度の導入などで、簡潔になってきたと言っても、それでも法律の事って、一般人にはちんぷんかんぷんだと思います。

 

さらに、相手が法律の知識に長けている場合、こちらの足元を見られたり、一回、一回確認しながら進めるという事では、時間もかかりますし、ストレスもかかります。

その事を考えると、弁護士に任せておくだけで、手続きが進むわけですし、ストレスもなくすべて任せる事も可能です。

 

もう一つメリットがあるとすれば、「弁護士も敷居が低くなってきたので、相談しやすくなった」という事では無いでしょうか。

以前は、債務整理の手続きは弁護士の間でもメジャーではなかったので、弁護士へ相談する=敷居が高く、費用も高いというイメージが付いていたのですが・・・

今では、多重債務者問題に取り組む弁護士も増えてきた事、過払い金返還請求の事もあり、債務整理にも注目された事もあって、相談しやすい社会的な環境が整ってきました。

 

そのため、弁護士へ相談する事も、以前よりも比較的敷居も低くなっていますので、多くの方が相談し、債務整理を経て、借金苦から開放されている実績もあります。

 

弁護士へ相談する時には、口コミや評判の比較は必須です。

弁護士へ相談するのは、とても有意義な事だというメリットを理解した上で、ここからは実際に弁護士を選ぶにはどうすれば良いか??という点です。

まず、「無料相談の機会」を活用して、弁護士との接触をして、代理人として相応しいかどうかを確認するようにしましょう。

その際、公式サイトの口コミや評判などが書かれた、「お客さまの声」があれば、それらを読んで、しっかりチェックしておきましょう。

 

また、事務所同士を比較しやすいように、例えば借金問題を法的解決!のようなサイトを活用してみるのも、一つの手段かと思います。

 

実際、日本法規サポートでは、在籍数3,000名、事務所数1,000と圧倒的な規模で全国の事務所を比較できる便利なサイトですので、上手く活かしていきましょう。

債務整理 大阪市にお住まいの方の体験談

債務整理は、自分でも体験して感じるのですが、任意整理の場合であっても、効果はとても高いです。

ここでは、大阪市にお住まいの方の体験談を通して、債務整理の有効性を確認して頂こうと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代男性 大阪市在住

大阪市で債務整理のことを詳しく教えてもらえた

大阪市で商売をしていたのですが、最初は人の多い場所だけになんとか上手くいくだろうと思っていました。
しかし、人が多ければそれだけ競争相手も多いもので、その競争に打ち勝つことができずに借金だけが残ってしまいました。

金額的にはそれほど大きくはなかったもの、ちゃんとした仕事が見つからない状態だったので返済に苦しむことになりました。
このままでは不味いと思い、とにかく何か解決策を見つけなければ考えていると、大阪市にはいくつも借金のことで相談ができる場所があるというのがわかり、ひとまず近所の司法書士事務所で無料相談をしているということがわかったので話を聞いてもらうことにしたのです。
そこで、債務整理には金額によって司法書士か弁護士を利用するのかが変わってくるということがわかり、自分の場合、司法書士でも債務整理をすることができるということがわかったので、詳しく話を聞いてみると債務整理をすることで、大分と余裕が出るらしいということがわかりました。
そして、実際に債務整理をすることになったのですが、本当に余裕を持って返済することができるようになり、金利で借金が増えていくようなこともなくなり、ホッとしました。

司法書士に相談する時に気をつけたい点は??

司法書士に相談する時に、気をつけたいポイントは、債務整理 弁護士 司法書士でも書いているのですが、「取り扱える金額が140万円を超えていないか」どうかという点です。

140万円を超えると、司法書士は債務者の代わりに交渉したり、和解したり、時には訴訟や裁判所の出廷をしたりという行為ができなくなります。

 

そのため、金額が大きい場合は、債務整理を考える時は、二度手間にならないように弁護士へ相談をお願いするようにしておきましょう。

弁護士であれば、債務整理どの方法でも、金額も関係なく和解や交渉手続きの全てが行えますので、安心して任せる事が出来ます。

 

司法書士と弁護士の違いについて、きちんと理解しておき、上手く使い分けるようにして下さいね。

 

大阪市 地域情報

  • 都島区、福島区、此花区、西区、港区
  • 大正区、天王寺区、浪速区、西淀川区、東淀川区
  • 東成区、生野区、旭区、城東区、阿倍野区
  • 住吉区、東住吉区、西成区、淀川区、鶴見区
  • 住之江区、平野区、北区、中央区

債務整理 堺市の方の体験談

堺市在住の方の債務整理の体験談について、ここでは参考情報として紹介したいと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
50代男性 大阪府堺市在住

堺市の債務整理に関する対応について

堺市の債務整理に関する対応では、消費者金融業者や銀行などで、借り入れた部分の返済を行う為に、色々と金利の部分で交渉を行う事が望まれます。

まずは債務整理として、色々な業者とのやり取りを行う事とすると弁護士など法律に詳しい方が、しっかりとサポートする事など、考えて行く事が必要となります。
堺市では、それこそ多くの金融業者からの借入れを行って返済に困っている方も多く存在している事となり、まずは債務整理を行う事などからも、やはり弁護士としての考え方も、より良い形での対応が必要です。

堺市での調停などでの話し合いも、数多くの金融業者を取りまとめて金利の交渉を行う事が出来ます。

 

そこで債務整理を行っていく事とすると、やはり弁護士や司法書士等が銀行や消費者金融業者の間に立って、話し合いを進めていく事として、色々と考えて行く事も出来ます。

より良い形で返済が滞納しなくて、良い事を考えて行く事が出来れば、まずは堺市での取引もより良い形として、弁護士や司法書士が仕事を引き受けてくれる事となります。

 

当然、一人で話し合いを行う事も出来ますが、やはり債務整理で、今後の返済を少しでも楽にする事など考えて行く事も、とても重要となっていきます。

代理人を立てる事で、メリットも大きくなる債務整理

債務整理の相談は、代理人を立てる事で、自力で手続きするよりも加速度が上がりますし、精度も高くなります。

特に、任意整理や民事再生の手続きは、債権者相手に交渉をする必要もありますので、自力で手続きするよりは、弁護士や司法書士にお願いする方が良いかと思います。

 

上手く使えるスキル、経験はお金を出し惜しみせずに使う方が、個人的には得策かと思います。

また、私の体験談だったり、当サイトの情報もこれからも更新を続けていきますので、情報がお役に立てればと思います。

大阪府堺市 地域情報

  • 赤坂台、浅香山町、旭ヶ丘北町、旭ヶ丘中町、旭ヶ丘南町
  • 旭通、阿弥、綾之町西、綾之町東、石津ヶ丘
  • 石津北町、石津町、石津西町、石原、石原町
  • 泉田中、一条通、市之町西、市之町東、稲葉
  • 今井、今池町、岩室、町名、上之
  • 上野芝町、上野芝向ヶ丘町、永代町、榎元町、家原寺町
  • 戎島町、戎之町西、戎之町東、町名、老松町
  • 大町西、大町東、鳳北町、鳳中町、鳳西町
  • 鳳東町、鳳南町、大野芝町、大庭寺、大浜北町
  • 大浜中町、大浜西町、大浜南町、大美野、大森
  • 翁橋町、奥本町、遠里小野町、大饗、海山町
  • 甲斐町西、甲斐町東、香ヶ丘町、学園町、柏木町
  • 春日通、霞ヶ丘町、片蔵、金岡町、釜室
  • 上、神石市之町、鴨谷台、神南辺町、北余部
  • 北余部西、北瓦町、北向陽町、北清水町、北庄町
  • 北田出井町、北長尾町、北野田、北旅籠町西、北旅籠町東
  • 北波止町、北花田口町、北花田町、北半町西、北半町東
  • 北丸保園、北三国ヶ丘町、北安井町、京町通、協和町
  • 錦綾町、九間町西、九間町東、草尾、草部
  • 櫛屋町西、櫛屋町東、楠町、熊野町西、熊野町東
  • 蔵前町、車之町西、車之町東、黒土町、黒山
  • 毛穴町、神野町、向陵中町、向陵西町、向陵東町
  • 小阪、小阪西町、五条通、小代、小寺
  • 小平尾、御陵通、材木町西、材木町東、幸通
  • 栄橋町、逆瀬川、桜之町西、桜之町東、五月町
  • さつき野西、さつき野東、三条通、三宝町、塩浜町
  • 四条通、七条通、七道西町、七道東町、東雲西町
  • 東雲東町、下田町、宿院町西、宿院町東、宿屋町西
  • 宿屋町東、少林寺町西、少林寺町東、丈六、昭和通
  • 白鷺町、城山台、新金岡町、新家町、新在家町西
  • 新在家町東、新檜尾台、真福寺、神保通、新堀町
  • 新町、神明町西、神明町東、菅原通、菅生
  • 砂道町、住吉橋町、青南台、関茶屋、船堂町
  • 太井、大仙町、大仙中町、大仙西町、太平寺
  • 大保、高尾、高蔵寺、高倉台、高砂町
  • 高須町、高松、匠町、竹城台、多治井
  • 田園、田出井町、丹上、丹南、築港新町
  • 築港浜寺町、築港浜寺西町、築港南町、築港八幡町、茶山台
  • 津久野町、辻之、鶴田町、出島海岸通、出島町
  • 出島西町、出島浜通、鉄砲町、寺地町西、寺地町東
  • 陶器北、栂、常磐町、土佐屋台、土塔町
  • 富蔵、豊田、中瓦町、中向陽町、長曽根町
  • 中田出井町、中茶屋、中長尾町、中永山園、中之町西
  • 中之町東、中三国ヶ丘町、中村町、中百舌鳥町、中安井町
  • 並松町、葉、南陵町、賑町、錦之町西
  • 錦之町東、西永山園、西野、西湊町、二条通
  • 庭代台、野尻町、野遠町、野々井、土師町
  • 畑、鉢ヶ峯寺、浜寺石津町中、浜寺石津町西、浜寺石津町東
  • 浜寺公園町、浜寺昭和町、浜寺諏訪森町中、浜寺諏訪森町西、浜寺諏訪森町東
  • 浜寺船尾町西、浜寺船尾町東、浜寺南町、浜寺元町、原田
  • 原山台、晴美台、八田寺町、八田寺町、八田北町
  • 八田西町、八田南之町、東浅香山町、東上野芝町1丁、東上野芝町2丁
  • 東永山園、東八田、東三国ヶ丘町、東湊町、東山
  • 日置荘北町、日置荘田中町、日置荘西町、日置荘原寺町、引野町
  • 菱木、檜尾、平井、平尾、平岡町
  • 深井北町、深井沢町、深井清水町、深井中町、深井畑山町
  • 深井東町、深井水池町、深阪、深阪南、福田
  • 伏尾、別所、北条町、菩提、菩提町
  • 堀上町、堀上緑町、槇塚台、松屋町、松屋大和川通
  • 大豆塚町、御池台、美木多上、三木閉、三国ヶ丘御幸通
  • 緑ヶ丘北町、緑ヶ丘中町、緑ヶ丘南町、緑町、南余部
  • 南余部西、南瓦町、南向陽町、南島町、南清水町
  • 南庄町、南田出井町、南長尾町、南野田、南旅篭町西
  • 南旅篭町東、南花田口町、南花田町、南半町西、南半町東
  • 南丸保園、南三国ヶ丘町、南安井町、見野山、三原台
  • 宮下町、宮園町、宮本町、宮山台、木材通
  • 百舌鳥赤畑町、百舌鳥梅北町、百舌鳥梅町、百舌鳥夕雲町、百舌鳥西之町
  • 百舌鳥本町、百舌鳥陵南町、桃山台、文珠橋通、八下北
  • 八下町、八千代通、柳之町西、柳之町東、八幡通
  • 山田、山本町、竜神橋町、陵西通、若松台
  • 和田、和田東

債務整理は実績優先で良いのか??

債務整理の手続きを取れるのは、弁護士と一部の認定司法書士のみが代理人になれるのですが、借金問題を専門的に取り扱う事務所は、CM、広告、そしてホームページで「実績報告」が見られます。

個人手には、誇大な広告にも思えるところもあるのですが、これらの広告宣伝についても、自主的な規制がされていて、その範囲内で営業活動として行われているようです。

 

確かに、実績が豊富で、解決実績も多くあれば安心して任せられるところはあるかと思うのですが・・・

個人的に思うのが、「実績があるのは当り前の時代」になってきたのでは無いか?という事です。

 

借金問題を扱える弁護士や司法書士は、今でこそかなりの数の事務所がありますし、報酬相場も大きく変動しない事を考えると、実績や報酬単価で大きな差異が出てきません。

そのため、それらを優先するのではなく、あと比較出来るポイントがあるとすれば、「人として信用出来るか」、この部分に尽きると思います。

 

弁護士も債務者の我々も人です。

弁護士や認定司法書士は、代理人となり、債務者の代わりに債権者との交渉に当たってくれるのですが、債権者に対しても、債務者に対しても、横柄な対応をするのはダメだと思います。

我々債務者に対してきちんと対応してくれるのも、ある意味当然の事で、それだけでなく、債権者に対しても、誠意のある対応をしてくれる、そんな代理人かどうかを見極めると良いかと思います。

 

最終的には、債権者、債務者、代理人、誰であっても人である事に変わりがありませんので・・・

そのあたり、マナーのある、誠実な方を代理人と選ぶようにしてはいかがでしょうか??

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。

債務整理 埼玉在住の体験談

債務整理の体験談は、私自身の事もありますし、他の人のも確認しておくと、幅広く参考に出来る事もあるかと思います。

また、ご自分が手続きされる近くにいらっしゃる方の体験談だと、なお親近感も湧くかと思いますので、ここでは埼玉県在住の方の体験談をまとめました。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
20代男性 埼玉県在住

埼玉で債務整理を考えた時にすることは

借金の返済のために埼玉で割のいい仕事があったので、出稼ぎに行ったのですが思ったよりも稼ぐことができずに依然として苦しいままでした。

借金に対する考えが甘かったことで、返済が難しい借金を背負ってしまっただけに、これから一体どうしようかと思うようになりました。

 

しかし、その出稼ぎにきた埼玉で転機が訪れ、たまたま目にした借金の無料相談を受けたことから、債務整理をすることになり、借金を清算することに成功したのです。

実際に、債務整理をする前までは、日常生活で支障が出るのではないかと思っていたのですが、ある程度不自由を感じることがある場面もあります。

 

しかし、それよりも借金を無事清算することができた利点のほうが大きく、債務整理をしてよかったと感じています。

費用に関しても、弁護士事務所に相談をしたにしては、かなり低額の費用で済み、借金返済の負担が減った分を考えると、ほとんどお金がかからなかったに等しいぐらいでした。

 

埼玉に来て思ったよりも稼ぐことができなかった時には、どうなることかと思いましたが、その後、借金のことを相談することができる場所を見つけ、こうして借金問題が解決できたのは本当に良かったです。

借金の悩みはまず相談するところから、始めるのが一番ですね。

悩みを話せる、話を聞いてくれる方は居ますか?

借金問題に関わらず、悩みを話せる相手として、一番は家族だったり、友人だったりするのですが、内緒の事だとなかなか相談するのが難しいケースがあります。

 

借金は、その典型的な例だと思います。

なかなか、身内に打ち明けたり、話をしたり、一緒に解決しようとはならないかもしれません。

 

一番は、身内の理解を得た上で、しっかり債務整理の相談をしていく事が良いのですが、なかなか打ち明ける事が出来ない場合は、「内緒でも良いので、悩みをきちんと聞いてくれる。その上できっちり解決まで導いてくれる代理人を探す」のがベストでしょう。

埼玉県 地域情報

<ul>
<li>上尾市、朝霞市、入間郡大井町、入間郡越生町</li>
<li>入間郡名栗村、入間郡三芳町、入間郡毛呂山町、入間市</li>
<li>岩槻市、大里郡大里町、大里郡岡部町、大里郡川本町</li>
<li>大里郡江南町、大里郡花園町、大里郡妻沼町、大里郡寄居町</li>
<li>桶川市、春日部市、加須市、上福岡市</li>
<li>川口市、川越市、北足立郡伊奈町、北足立郡吹上町</li>
<li>北葛飾郡栗橋町、北葛飾郡庄和町、北葛飾郡杉戸町、北葛飾郡松伏町</li>
<li>北葛飾郡鷲宮町、北埼玉郡大利根町、北埼玉郡川里町、北埼玉郡騎西町</li>
<li>北埼玉郡北川辺町、北埼玉郡南河原村、北本市、行田市</li>
<li>久喜市、熊谷市、鴻巣市、越谷市</li>
<li>児玉郡神泉村、児玉郡神川町、児玉郡上里町、児玉郡児玉町</li>
<li>児玉郡美里町、さいたま市、さいたま市岩槻区、さいたま市浦和区</li>
<li>さいたま市大宮区、さいたま市北区、さいたま市桜区、さいたま市中央区</li>
<li>さいたま市西区、さいたま市緑区、さいたま市南区、さいたま市見沼区</li>
<li>坂戸市、幸手市、狭山市、志木市</li>
<li>白岡市、草加市、秩父郡荒川村、秩父郡大滝村</li>
<li>秩父郡小鹿野町、秩父郡長瀞町、秩父郡東秩父村、秩父郡皆野町</li>
<li>秩父郡横瀬町、秩父郡吉田町、秩父郡両神村、秩父市</li>
<li>鶴ヶ島市、所沢市、戸田市、新座市</li>
<li>蓮田市、鳩ヶ谷市、羽生市、飯能市</li>
<li>東松山市、比企郡小川町、比企郡川島町、比企郡玉川村</li>
<li>比企郡ときがわ町、比企郡都幾川村、比企郡滑川町、比企郡鳩山町</li>
<li>比企郡吉見町、比企郡嵐山町、日高市、深谷市</li>
<li>富士見市、ふじみ野市、本庄市、三郷市</li>
<li>南埼玉郡菖蒲町、南埼玉郡白岡町、南埼玉郡宮代町、八潮市</li>
<li>吉川市、和光市、蕨市</li>
</ul>

債務整理 吹田市在住の方の体験談

債務整理の手続きは、その方法(自己破産、民事再生、特定調停、任意整理)のそれぞれに対してだけではなく、債務者それぞれの状況によって違います。

ここでは、債務整理の手続きをした方の体験談を吹田市在住の方より頂きましたので、参考にまとめています。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
40代男性 大阪府吹田市在住

結婚して吹田市に住み、二人の子にも恵まれました。

当時は景気も良くて、遊ぶことにもためらいなくお金を使っていて、パチンコや競馬、グルメ、海外旅行など、存分に楽しんだものでした。

 

しかし、世の中、いつまでもそんな状態が続くわけではありません。

突然に不況がやってきて、給料も大幅に減額されたのです。

とはいうものの、贅沢に慣れてしまった私は、身にしみついた遊び癖を捨て去ることができませんでした。

 

相変わらず、以前同様の消費生活を続けていて、手元のお金がなくなると、消費者金融から借金するまでに至ったのです。

業者からの返済のために、また、別の業者から借りる、ということを繰り返しているうちに、借金は雪だるまのように膨れ上がり、ついには、妻の知るところとなりました。

 

激怒した妻からは、離婚をほのめかされました。

さすがに、私も事の重大さに気付き、借金を何とかすることを約束し、勤務先の契約している吹田市の司法書士の先生にこっそりと債務整理のことを相談しました。

 

司法書士に経過を説明しますと、言下に、債務整理の手法としては、任意整理がベストである、とおっしゃいました。

任意整理ですと裁判所が関与することなく、債務者と債権者の交渉だけで済むとのことでした。

その後、司法書士の先生にすべてを任せ、交渉は司法書士にお願いする事にしました。

 

金融業者への債務を大幅に減額していただき、4年で完済することで、話をまとめてもらいました。

司法書士への依頼ですので、報酬も比較的安くて済んだので、本当に助かりました。

これで再起可能ですし、吹田の司法書士に債務整理をお願いしてよかったと感謝しています。

 

債務整理は、借金問題を早期に解決するために必要なもの

債務整理の手続きは、借金問題を早期に解決するのに、非常に有効な手段だという事は、上記の体験談を通しても理解出来ます。

この方の場合は、任意整理で4年で完済できる計画になっていますが、長くても5年以内の返済計画を立てる事ができる場合は、自己破産も必要ありません。

 

これからの人生をやり直すための5年と考えて、問題を先延ばしにさえしなければ、借金問題を解決する事はそんなに難しい事では無いかと思います。

 

是非、早期解決を目指して、必要な相談先を見つけて頂ますよう、そして当サイトの情報や体験談が役立てればと思います。

 

吹田市 地域情報

  • 青葉丘南、青山台1~4丁目、朝日が丘町、朝日町
  • 泉町1~5丁目、内本町1~3丁目、江坂町1~5丁目、江の木町
  • 樫切山、春日1~4丁目、片山町1~4丁目、金田町
  • 上山田、上山手町、川岸町、川園町
  • 岸部北1~5丁目、岸部中1~5丁目、岸部南1~3丁目、寿町1・2丁目
  • 佐井寺1~4丁目、佐井寺南が丘、幸町、佐竹台1~6丁目
  • 五月が丘北、五月が丘西、五月が丘東、五月が丘南
  • 芝田町、清水、尺谷、昭和町
  • 新芦屋上、新芦屋下、吹東町、末広町
  • 清和園町、千里丘上、千里丘北、千里丘下
  • 千里丘中、千里丘西、千里万博公園、千里山霧が丘
  • 千里山高塚、千里山竹園1・2丁目、千里山月が丘、千里山西1~6丁目
  • 千里山虹が丘、千里山東1~4丁目、千里山星が丘、千里山松が丘
  • 高城町、高野台1~5丁目、高浜町、竹谷町
  • 竹見台1~4丁目、垂水町1~3丁目、津雲台1~7丁目、出口町
  • 天道町、豊津町、中の島町、長野西
  • 長野東、西御旅町、西の庄町、原町1~4丁目
  • 東御旅町、日の出町、平松町、広芝町
  • 藤が丘町、藤白台1~5丁目、古江台1~6丁目、穂波町
  • 円山町、南金田1・2丁目、南正雀1~5丁目、南吹田1~5丁目
  • 南清和園町、南高浜町、目俵町、元町
  • 桃山台1~5丁目、山田市場、山田丘、山田北
  • 山田西1~4丁目、山田東1~4丁目、山田南、山手町1~4丁目
  • 芳野町

債務整理 弁護士を変更するメリットは?

債務整理の手続きを取る中で、一人の弁護士に手続きを任せたにも関わらず、相性の問題、手続きが思うように進まないなどで、弁護士を変更した場合は可能なのでしょうか??

結論としては、「可能」ですが、費用が二重にかかる可能性があります。

 

まず、必要な費用についてですが、

  • 着手金
  • 定額の報酬
  • 成功報酬
  • 事務手数料

この中で、着手金は戻ってくる事は無いと思って良いですし、事務手数料がかかっている場合も請求されるケースがあります。

よっぽどの理由がない限り、弁護士に否がないかぎりは、請求されると思って良いでしょう。

 

弁護士変更を行う事でのメリット

上記のとおり、費用面ではマイナスになる可能性がある弁護士の変更ですが、弁護士を変更してもメリットがあるのは??を考えた時に、

弁護士との相性が悪い時

は、勇気を持って変更をされるのも、一つの方法だと思います。

 

債務整理の手続きを実際にしていくれるのが弁護士で、実際に弁護士が借金問題を解決してくれるわけですが、一見上下関係があるように見えますが、本来は「人と人」であって、対等であるべきだと個人的には思っています。

そのため、弁護士変更をしてでも、きちんと対応してくれる人、横柄な態度を取らない方、コミュニケーションを取れる方と手続きを進める事を個人的には、オススメしたいと思います。

 

上記の通り、費用面でマイナスな点も多いですが、債務整理の手続きを事務的に済ませるのでなく、きちんと人としてもお付き合いが継続できる、そして何でも相談できる関係構築も可能な事務所を選択される事をオススメしたいと思います。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。

 

債務整理 弁護士費用 払えない時はどうする?

債務整理を代理人にお願いすると、費用が発生しますが、目安としてはそれぞれの手続きによって、借金状況によって違いますが・・・

20万、30万円~50万円前後かかる事もあります。

 

そして、一般的には、弁護士の方が司法書士に比べると、その他の費用(訴訟費用や日当など、着手金の請求など)がかかる傾向にありますので・・・

費用がかさんでしまう事もありますが、それでも大きな差異がなくなってきていると言えます。

 

特に、弁護士は債務整理 弁護士 司法書士でも紹介している通り、司法書士ではできない職域まで出来るので、相談相手としては、安心感が高いかと思います。

 

ところで、そんな弁護士に相談し、いざ債務整理を行うという事で始めたのは良いのですが・・・・

弁護士費用を分割で返済する事や後払いする事にしたにも関わらず、諸事情により返済が滞ったり、返済できなくなった場合・・・

この場合はどうなるのでしょうか??

 

弁護士に辞任されるケースがある

弁護士も仕事で受けている以上、不履行する債務者の場合、自分の時間を割いてまで弁護する理由はありませんので、代理人を辞任する事があります。

辞任されてしまうと、債権者から自分自身を守ってくれるような人がいなくなりますので、これからの交渉だったり、弁護は自分自身で行う事となります。

 

どの世界にもヨコの繋がりがあります。

また、他の弁護士などに相談すれば良いだろう・・

という安易な考えも禁物です!

弁護士に限ったわけではないですが、これだけ情報社会が発達した世の中ですので・・・弁護士同士でもネットワークがあると思って良いでしょう。

 

不義理した事が、別の事務所や弁護士にも入るという事はあるでしょうし、悪い噂は広まるのが早いですので、気をつけた方が良いでしょう。

 

訴訟に発展するケースも

アメリカ社会ほど、訴訟社会ではない日本と言っても、悪質なケースだったり、致し方ないケースの場合は、弁護士であっても、訴訟での解決を望む事もあります。

弁護士を相手に回して訴訟するのは無謀ですし、勝訴されて判決を得られてしまうと、強制執行できる「債務名義」を取得できますので、あなたの給料の差し押さえも出来てしまう事もありますので、とても大変です。

気を付けて対応しなければ、借金問題を解決するどころか、逆により大変な事になりかねませんので、無理のない債務整理計画を立てる事は、とても大切な事だと言えそうですね。

 

また、そもそも相談料を支払う事が出来なかったり、受任費用を用意する事が出来ないという方も中にはおられるかと思いますが、そんな場合でも、まずは相談だけでもしておくべきです。

理由としては、「相談しなければ、どんな解決方法があるのかを知ることが出来ない」からで、現状から抜け出すには必ず必要な事だという事です。

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

こちらの街角法律相談所であれば、現状を確認し、あなたに最適な相談先で、どうすれば良いか??

というヒントをもらう事も出来るはずですから、まずは相談するところから始めて頂ければと思います。

債務整理 吉祥寺在住の多重債務者の体験談を紹介

債務整理は、過去に体験された方の体験談から参考になる情報もあるかと思います。

弁護士や司法書士の選び方、代理人を通して手続きする事でのメリットなど、知っている人しか持ち得ない情報も多いですので、ここでは体験談を通して紹介したいと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代男性 武蔵野市吉祥寺在住

毎月のキャッシングの返済に遅れることが多くなり、債務整理を決断しました。

吉祥寺で法律事務所を探して、借金の相談をしましたが、弁護士さんのアドバイスでは利息の減額が可能という判断でした。

そのまま弁護士さんに債務整理してもらって、今までよりは利息を減額することが出来たので、月々の返済はかなり楽になりました。

 

債務整理をする時に、一番困った事は「相談先を見つける」ことです。

吉祥寺で債務整理を請け負っている法律事務所はいくつか発見出来ましたが、どこへ依頼するのかは結構悩んだポイントです。

 

いくつかの法律事務所で借金の相談をした結果、最終的には一番話をしやすい弁護士さんのところを選びました。

借金の相談をした時に弁護士さんの対応はそれぞれ違うものがあり、いくつかの法律事務所で相談をしてみて良かったです。

 

吉祥寺で相談先を探す時は、いろんな弁護士さんに話をしてみるのがオススメです。

親身になって自分の借金の話を聞いてくれるかどうか、これによって債務整理の依頼のしやすさは変わってきます。

また、債務整理をする事によって今持っている借金がどのようになるのか、分かりやすい説明をしてくれる弁護士さんかどうかも重要なポイントです。

 

 

丁寧な説明を尽くしてくれる代理人がオススメ

弁護士でも司法書士でも、横柄な対応をする方は避けた方が良いですし、わからない用語をたくさん並べられたり、質問している事と違う回答が返ってくる場合は、要注意です。

最終的には、信頼関係を構築するのにも、相手の事をきちんと理解してくれるのか??がとても大切なポイントになります。

 

是非、借金問題を解決するために、代理人を立てて頂きたいのですが、その時の代理人探しはポイントにもなりますので、しっかりと探すようにして下さい。

 

ヒデやんの代理人探しのポイントは、債務整理ラボでもまとめていますので、参考にして下さいね。

武蔵野市 地域情報

  • 吉祥寺北町、吉祥寺東町、吉祥寺本町、吉祥寺南町、境南町、御殿山
  • 境、桜堤、関前、中町、西久保、緑町、八幡町

債務整理 千葉県在住の方の体験談から知れる事

千葉県の市川市に在住されている、元多重債務の方から、債務整理の体験談を教えて頂きましたので、ここでは参考として紹介したいと思います。

人の体験談を自分でも扱える部分については、上手く活用頂くのが良いかと思いますし、私だけの体験談でなく、他の方の体験談と一緒に参考にして頂けるかと思いますので、上手く活用頂ければと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代男性 千葉県市川市在住

千葉で債務整理を考えている方は、千葉エリア内で法律事務所を探すべきでしょう。

借金相談は弁護士と面会し、1対1で行うのが好ましいのです。

細かな希望を説明したり、疑問点を質問したり、何かと対面のほうが都合がいいです。

最近はWEBやメール、電話相談なども増えていますが、詳しく相談をするには実際に弁護士と会うべきなのです。

 

千葉から遠いエリアの事務所では、来所するのも大変になります。

相談日に債務整理を行えるとは限らず、相談した後日に再び来所を迫られることもあります。

債務整理はなるべくお住まいのエリア内の法律事務所に相談して行うべきなのです。

 

千葉には借金に強い弁護士が多くいますし、CMで有名な大手弁護士事務所も存在します。

相談場所が多いからこそ、よく比較検討をしていく必要があるわけです。

 

借金問題に強い弁護士の特徴は、過払い金を多く取り戻せること、闇金問題の解決実績が多いことです。

この条件をクリアしている事務所なら安心できます。

 

あとは実際に対面相談をして、弁護士に対する話しやすさを調べることです。

依頼してお金を払うのは自分ですから、嫌な弁護士に無理をして頼む必要はありません。

相性が悪いと感じた方とは契約しないほうがいいでしょう。

代理人探しは、恋人探しと同じ

極端な表現かも知れませんが、代理人探しは恋人探しと同じで、コミュニケーションが取れる、きちんと相性が良い人でなければ、務まらないと思っています。

借金問題だけ、事務的に片付いたとしても、借金マインドが残っていては、また同じ事を繰り返すリスクもあります。

 

大切な事は、借金を繰り返さない事、債務整理の後に平穏な日々を取り戻す事です。

是非、借金問題を繰り返さないように・・・

そのために、代理人は責任ある方を選択しましょう。

 

千葉県 地域情報

  • 千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市緑区、千葉市美浜区
  • 銚子市、市川市、船橋市、館山市、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市
  • 佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市
  • 八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市
  • 四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市
  • 匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市
  • 酒々井町、栄町、神崎町、多古町、東庄町、九十九里町、芝山町
  • 横芝光町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町
  • 大多喜町、御宿町、鋸南町

債務整理の受任通知が届くと銀行の口座凍結??

[口座凍結] ブログ村キーワード

債務整理を弁護士もしくは司法書士へ依頼すると、受任通知(介入通知)の発送が行われるのですが、この通知を持って、金融業者は債務者が債務整理の手続に入った事を知ります。

この金融業者には、消費者金融だけに限らず、銀行系カードローン(銀行)、クレジットカード会社(信販会社)なども含まれます。

 

債務整理の手続きに入るという事は、現状の満額を債権保全する事は難しいという事になるので、出来るものであれば、債務者の財産から少しでも弁済を受けたいと思うのが、債権者の想いですが・・・

ほぼ、そんな事が出来るような金融業者はいないのですが、銀行だけは稀にそれを可能とする事が出来ます。

 

今回は、債務整理の手続きを取る相手の中に、銀行系カードローンが含まれている場合に注意したい、銀行口座の凍結事情について、まとめました。

 

銀行口座が凍結される可能性があるのは?

まず、銀行系カードローンの債務整理をする時に注意したいのが、「そのカードローンの親会社にあたる銀行をメインバンクにしている、もしくは預金を置いている」ケースです。

 

通常、銀行系カードローンには、「求償権」を有する保証会社(主に消費者金融が付いています)が、代位弁済する事で、回収できない債権を回収するシステムになっているのですが・・・

銀行に口座を持っている場合、先に「代位弁済に基づく相殺」という形で、預金口座を凍結して回収し、その上で代金回収が出来ない時に、上記の保証会社へ代位弁済を求めるという事になります。

 

つまり、銀行系カードローンの債務整理をする前に、先に銀行口座の預金を引き上げておく必要があるのと、もし給料口座にしている場合は、給与の振込先を変更しておく必要があります。

 

銀行口座が凍結される期間、復活はいつごろ?

では、口座が実際に凍結された場合ですが、復活はいつごろ??という話ですが、一概に期間に定めが無いという事になっています。

銀行のさじ加減一つという事になりますが、債務整理の手続きが進んでいる途中、弁済途中で復活しても、上記のような事があるという事を聞くと、使う勇気はなかなか出ないと思います・・・

個人的には、債務整理の手続きや弁済がすべて終了し、落ち着いてからでも良いのでは無いか??と思っています。

 

また、銀行凍結の時期についてですが、受任通知が届けば、銀行系カードローンのホスト情報で、すぐに口座の有無を確認されますし、場合によっては口座開設がカードローン利用の条件という事もありますので・・・

瞬時に凍結手続きをされる事も考えられますので、受任通知発送前には、預金の引き上げなどはすべて完了しておくのが良いかと思います。

 

債務整理 受任通知 書式は雛形があるの?

債務整理の受任通知ですが、書式は弁護士や司法書士で雛形がありますので、最短即日で受任して金融業者にFAXを送信したり、郵送したりで通知する事ができます。

そのため、即日には督促(取り立て)をストップする事も可能になります。

 

債務整理 受任通知 送付先はどこにすれば良いの?

債務整理の受任通知は、FAXで送信すると同時に、郵送で送付する事も行うのですが、金融業者の中には、債務整理を専門で扱う管理部署などもありますが、基本は本社に送付する事が多いです。

その他は、契約書などで支店住所などがあれば送付するのも考えられますけど、支店は閉鎖している可能性も高いので、送付しても戻ってくる可能性がありますので、基本は本社に送付する事務所が多いです。

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

あなたの近隣で相談可能な事務所を匿名、無料で探す事が出来ますので、とても便利です。

債務整理 兵庫県在住の方の体験談

[兵庫県] ブログ村キーワード

債務整理を初めてする時には、何かと不安も大きいです。

そんな時に、過去に債務整理を経験されている方の声、その中でもとりわけ参考になるのが、居住地の近い方の体験談などになります。

ここでは、兵庫県に在住されている方の体験談をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
40代男性 兵庫県在住

債務整理の弁護士選びで大切なのは、債務者の立場になって対応してくれる方に依頼することです。

利益至上主義の弁護士は少なからずいるため、こうした方に依頼してはいけません。

 

兵庫で債務整理をするときは、メールや電話相談だけでは済ませないことです。

しっかりと対面して相談、アドバイスに応じてくれる事務所は兵庫に数多くあります。

 

ただし、メールや電話はお手軽ですが、意思疎通がやりにくいという欠点もあります。

自分の考えていることが、相手弁護士にうまく伝わらないこともあるのです。

 

法律事務所は繁盛しているほど信頼できそうに思えますが、忙しすぎるのもいいとは言えないのです。

対応弁護士が不足してしまうと、事務スタッフを相談員として充ててくる事務所も存在します。

 

債務整理の相談は、あくまで弁護士に対応してもらうのが基本です。

多忙すぎる事務所は、一人の債務者に対してかけられる時間が少ない傾向があります。

 

大手に依頼するのが必ずしもよいとは限りません。

兵庫には個人規模の事務所も多いので、最寄りの事務所を中心に探してみましょう。

 

借金相談を依頼する事務所選びのポイントは、

  1. 弁護士と1対1で話せること
  2. 借金の解決件数を具体的に表記していること

私の場合は、この二つを意識して取り組みましたが、よければ参考にして下さい。

 

 

兵庫県で弁護士探しをする時には・・

弁護士(もしくは司法書士)を探す時に、一番のポイントになるのは、「きちんと人として接してくれるかどうか」という事だと思います。

弁護士でも、司法書士でも、業務量が増えてくると、機械的に対応されたり、時には横柄な対応をされる事も出てきます。

 

向こうからすれば、お客かもしれませんが、借金問題を本気で解決したい此方側からすると、同等の関係であり、そして一緒にタッグを組んで戦うパートナーであると、個人的には思います。

しっかりこのあたりの情報を比較しながら、弁護士や司法書士選びをして、納得の上で手続きをされる事を望みます。

 

兵庫県 地域情報

  • 神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市須磨区
  • 神戸市垂水区、神戸市北区、神戸市中央区、神戸市西区
  • 姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、洲本市、芦屋市、伊丹市、相生市、
  • 豊岡市、加古川市、赤穂市、西脇市、宝塚市、三木市、高砂市
  • 川西市、小野市、三田市、加西市、篠山市、養父市、丹波市
  • 南あわじ市、朝来市、淡路市、宍粟市、加東市、たつの市
  • 猪名川町、多可町、稲美町、播磨町、市川町、福崎町
  • 神河町、太子町、佐用町、香美町、新温泉町

債務整理 八王子在住の方の体験談を公開

債務整理の手続きは、一生で何度も行うような手続きではありません。

そのため、どんな風に手続きが進むのか?そして進んだ手続きでどうなっていくのか??などが見えない事もありますので、不安を感じる事があります。

 

そんな時に、必要なのは「債務整理に関する知識」と「債務整理の体験談や評判などをサイトでチェックする」事だと思い、当サイトではあらゆる地域の方の体験談を集めています。

ここでは、八王子市在住の方の体験談をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代男性 東京都八王子市在住

八王子で多重債務に困っている方は、債務整理を検討するべきでしょう。

借金は放置しておいても増えていくだけです。
八王子市役場のWEBサイトでは、多重債務の無料相談所の紹介をしています。

役場を通している法律事務所や司法書士事務所なので、怪しい事務所に遭遇してしまう心配はいりません。

債務整理は依頼すると有料ですが、相談だけならお金はかかりません。

 

まずは相談をしてみて、どのような解決策があるのか知ることが大切です。
相談をして現状が悪くなることは絶対になく、解決の可能性が見えてくるだけでも有意義なのです。

八王子で債務整理をするなら、費用をどのように支払っていくかが問題になります。
初期費用を一括払いしなければいけない場合、費用を用意できない方もいるでしょう。

そのような方は、分割や後払いOKの事務所を探してみるといいです。
また、相談をすることで初期費用がなくても解決できるケースがあります。

過払い金が発生している方は意外と多く、金額も相当額であることが少なくありません。
過払い金の返還額を見越して、初期費用ゼロで債務整理をしていくことも可能なのです。

借金の悩みは必ず解決できるので、一人で悩むよりも専門家に相談しましょう。

 

一人で悩むより、専門家に相談してみよう

債務整理は、一人で手続きをするには、とても労力が必要ですし、知識も必要になります。

そのため、できれば専門家に任せておいた方が良いですので、そのためにもまずは無料相談から始める事は、とても有意義な方法だと思います。

 

一人で悩んでも、出てくる答えには限界がありますし、取れる方法にも限界があります。

それよりも、より経験があり、借金問題にも精通した方との有意義な時間、話し合いをした方が、必ずメリットも大きいかと思いますので、一人で悩まずに、積極的に活用していかれるのが良いかと思います。


東京都八王子市 地域情報

  • 暁町、旭町、東町、石川町、泉町、犬目町
  • 上野町、打越町、宇津木町、宇津貫町、梅坪町、裏高尾町
  • 追分町、大塚、大船町、大谷町、大横町、大和田町
  • 小門町、尾崎町、小津町、鹿島、加住町、片倉町
  • 叶谷町、上壱分方町、上恩方町、上川町、上柚木、川口町
  • 川町、北野台、北野町、絹ケ丘、清川町、椚田町
  • 久保山町、越野、小比企町、小宮町、子安町、左入町
  • 散田町、下恩方町、下柚木、城山手、新町、諏訪町
  • 千人町、平町、高尾町、高倉町、高月町、滝山町
  • 館町、田町、丹木町、台町、大楽寺町、寺田町
  • 寺町、天神町、廿里町、戸吹町、中町、中野上町
  • 中野山王、中野町、中山、長沼町、長房町、七国
  • 並木町、楢原町、南陽台、西浅川町、西片倉、西寺方町
  • 弐分方町、狭間町、八幡町、初沢町、東浅川町、東中野
  • 兵衛、日吉町、平岡町、富士見町、別所、堀之内
  • 本郷町、本町、松が谷、松木、丸山町、三崎町
  • みつい台、緑町、南浅川町、南大沢、南新町、南町
  • みなみ野、宮下町、美山町、明神町、めじろ台、元八王子町
  • 元本郷町、元横山町、八木町、谷野町、山田町、鑓水
  • 八日町、横川町、横山町、四谷町、万町

債務整理デメリットはクレジットカードだけ?家族への影響は?

債務整理をする事で起こるデメリットの一つに、「信用情報が一定期間、異動情報を登録する事となる」事が挙げられます。

債務整理の手続内容によって、異動情報の登録期間に違いがありますが、おおまか5年~7年程度は信用情報上の不利益を被る事になります。

 

信用情報は、普段の生活や仕事に関する事(退職、就職、起業)などに影響を与えるものでは無いですが、

  • 金融機関から融資を受けたい。
  • 新しいクレジットカードを作りたい。
  • 住宅や車など高額のローンを組みたい。

などの要望が通りにくくなる(もしくは通らない)ので、ライフスタイルなどに影響を与えるものは大きいかと思います。

 

また、信用情報以外のデメリットとして、債務整理をする事で「家族に迷惑をかける、影響が出る」事があるのか??という点です。

私もそうでしたが、多くの借金をしている方が、「家族に内緒」というケースが圧倒的だと思います。

家族に内緒でも、最初は返済できる範囲で利用をしていくのですが、気付けば借金が膨れ上がったり、時には離職したり、リストラされたり・・・

自分でコントロールできない社会の状況によって、借金返済がままらなくなったり・・・

 

結果、様々な理由で借金返済ができなくなってしまい、それでも家族を頼らず(語弊なく言うのであれば、迷惑かけれないので頼るという選択は無いでしょうか??)、身内、友人とも距離を置き、一人で悩んでしまう。

という感じで、負のスパイラルへ突入もあり得ます。

 

しかし、実は「家族に迷惑をかけたくない」、「家族に影響が出るのでは??」と心配するのは、杞憂な事なのかもしれなくて、例えば自己破産をしたからといって、家族全員が破産者となるのか??と言えば、そんな事はありません。

あくまで、破産をした人本人のみなのです。

 

家族に影響が出るという点では、例えば持ち家だった場合に、自己破産となれば、財産処分をする事になるので、持ち家を手放すという事では、居住地が変わる可能性があるかも知れません。

しかし、この点も民事再生で手続きが出来る場合であれば、自宅も車も所有したままで債務整理の手続きを進める事も出来ますので、一概に家族に影響が出るとは言い難いです。

 

あくまで、可能性という話になりますが、家族に影響を与えるか??という点で言えば、確かに少なからず影響を与えますし、仕方ない事だと思います。

しかし、そもそも家族に内緒で借金をしている時点で、家族としては「裏切られた」という気持ちになるでしょうし(私の場合もそうでした・・・)・・・

最低の信用から、これからの行動や態度で信頼を取り戻せるように、少しずつ努力を重ねるのは、何よりも自分しかいないと思います。

 

そのため、債務整理をする事でデメリットは様々あり、決して小さくないと思いますが、それでもしっかりと借金とも、家族とも向き合っていく事で、解決出来ない問題は無いかと思っています。

今ある問題から目を背け、そのままにするよりも、勇気ある一歩を踏み出す事で、「借金問題を早期解決する事の方が、家族も安心するのでは無いか??」とさえ思います。

 

是非、今借金問題で苦しんでいる、困っているという方こそ、最初の一歩を踏み出し、家族やその他のデメリットだけに振り回されず、解決する事に一心を注いで頂ければと思います。

債務整理 京都の弁護士や司法書士へ相談した結果

債務整理の手続きを取る際に、弁護士や司法書士の評判は気になるところですが、そのような点をクリアして、実際に債務整理の手続きまで進めた事のある方は、どうやって専門家探しをしたのか??

そして、決定に至ったのか??について、ここでは、京都在住の体験談を頂きましたので、参考にまとめてみました。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代男性 京都府在住

債務整理をする人は、皆さんが思われている以上に多いのです。

プライバシーに関わる問題なので、実際に口に出す人がいないだけです。

政府の情報誌である官報を見ると、いかに債務整理をしている方が多いのかわかります。

 

京都でも大勢の方が債務整理で借金を解決しているので、恥じる必要はまったくなく、むしろ返済できない状態を放置しておくほうが悪いことです。

借金総額を増やすだけですし、債権者にも迷惑をかけてしまうのです。

 

京都には借金相談できる場所が数多くあり、その多くは相談無料としています。

お金の心配をすることなく、専門家に相談できるのです。

実際に相談された方は、即座に債務整理の依頼する方が少なくありません。

 

最初は躊躇していても、話を聞くといかにメリットが大きいかわかるからです。

逆に放置しておいてもデメリットしかないと知らされるので、ほとんどの方は依頼されます。

 

京都にある法律事務所のWEBサイトを見ると、借金問題に関する記載があるでしょう。

それほど借金に悩んでいる方が多いということです。
借金問題は債務整理さえしてしまえば、もう逃げる必要はないのです。

弁護士がすぐに取り立てを止めてくれるので、取り立てに怯える生活からも解放されるでしょう。

 

債務整理の前に、まずは話を聞いてみる事から

債務整理をする前に、専門家の意見を聞いたり、また時間的にも余裕がある場合は、複数の専門家に「無料相談」の機会を活かして相談すると、色々な意見をもらえると思います。

 

まずは、「話を聞いてみる」というスタンスに立つと、自然と前向きになれますし、絶対に借金から開放して、人生をやり直すんだ!という強い力にもなります。

ぜひ、そんな力に変えて頂くためにも、上手くWEBサイトや無料相談のメールフォーム、フリーダイヤルなどを有効活用して下さいね。

 


京都府 市区情報

  • 京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市中京区
  • 京都市東山区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区
  • 京都市伏見区、京都市山科区、京都市西京区
  • 福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市
  • 亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市
  • 京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市
  • 大山崎町、久御山町、井手町、宇治田原町
  • 笠置町、和束町、精華町、南山城村
  • 京丹波町、伊根町、与謝野町

債務整理の相談を始めるには無料相談から

債務整理の手続きを始める時に、弁護士や司法書士に相談したくても、「費用が用意出来ないかも・・・」などの理由で、躊躇されていませんか??

もし、そうだとすると、とても大きな機会ロスですし、早期に相談して、借金問題を解決する糸口を掴んで頂くと良いかと思います。

 

債務整理は、無料相談から

私もそうですが、最初弁護士さんに相談した時、弁護士費用などが気になりましたが、とりあえず見積もりしてもらうだけでも出来ないかな??とホームページを見ました。

すると、見積もりというよりは、無料相談を案内していて、初回30分まで無料という事だったので、電話をかけてみる事にしました。

電話番号は、フリーダイヤルですし、通話料も無料ですから、安心しいて話に集中する事が出来ました。

 

もし、電話が苦手・・・という場合であれば、メールでの問い合わせも可能ですし、弁護士などによっては、「匿名相談も可」とする事務所もありますので、そのようなところへ持ちかけると良いと思います。

 

最初から、相談するだけでお金を取られたり、高い見積もりを請求されたりすると、モチベーションも下がりますし、結果的に相談しようという意欲が沸かない事になります。

それでは、せっかくのチャンスを逃してしまうし、余計に深みにハマり、多重債務、自転車操業、果てにはヤミ金の利用などになる可能性があります。

 

そうならないためにも、思い立った時にきちんと対応出来るだけの知識を、ヒデやんの体験談、知識や経験、そして多くの方の体験談より知って頂ければと思います。

債務整理 大阪で女性でも相談できる評判の弁護士や司法書士は?

債務整理をするには、自分でやるより弁護士や司法書士といった、専門家に相談する事が多いです。

ここでは、女性でも相談しやすい、そんな事務所選びについて、大阪在住の債務整理の手続きをした方の体験談を紹介したいと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代女性 大阪在住

大阪で債務整理のことで困っていた時に

知り合いの連帯保証人になってしまったばかりに、借金を抱えてしまうことになりました。
このような可能性も考えていたとはいえ、実際に借金を抱えるとショックなものであり裏切られたという気持ちもありました。

 

しかし、過ぎてしまったことは仕方ありませんからどうやって借金を返済するかを考えることにしました。

ところが金額が大きくて、普通に返済するということは難しそうだったので、法律事務所で債務整理の方法について教えてもらうことにしました。

大阪には自分と同じような悩みを持っている人が少なく無いようで、借金問題を受け付けている法律事務所を探すのは大変なことではなく、大阪で評判の良い法律事務所をいくつか回って相談をしてみたのです。

 

その結果、債務整理の方法というのは色々あることがわかり借金の負担を軽くすることができるということがわかりました。

自己破産という方法も考えましたが、それは避けることにして減額をした後返済をするという形で債務整理をすることになりました。

 

その後は、債務整理を行ったおかげでなんとか借金を返済することができ、肩の荷も降りたので良かったのではないかと思っています。

 

債務整理 大阪でおすすめ弁護士や司法書士は?無料相談から始めよう

大阪で債務整理をこれから検討している場合、大阪に事務所を構える事務所へ相談するのがオススメです。

理由としては、

任意整理の場合だと、和解する場合に、契約書を作成するのに、郵送のやりとりよりも来所してやりたい場合に、通える距離である方が良いから

その他の手続きの場合でも、コンタクトの取りやすい距離で事務所がある方が良い

という理由からですが、当サイトでおすすめしたい事務所は、弁護士司法書士のランキングで紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

 

債務整理をきっかけに、新しい人生を

債務整理で借金返済を続ける事、完済する事で、借金のない新しい生活を踏み出す第一歩となりえます。

それだけ、債務整理は借金苦で苦しんでいる方にとって、命綱だと思いますし、管理人も債務整理で救われた一人だと言っても過言ではありません。

 

その第一歩を踏み出すためにも、まずは弁護士や司法書士へ相談する事から始めるという方は、是非専門家選びで失敗しないように、気を付けて頂ければと思います。

 

  一緒に読まれています。


大阪府内の市区情報

  • 大阪市内
    北区、都島区、福島区、此花区、中央区、西区、港区、大正区、天王寺区、浪速区、西淀川区、淀川区、東淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、鶴見区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、西成区
  • 能勢町、豊能町、池田市、箕面市、豊中市、茨木市、高槻市、島本町、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四條畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町、松原市、羽曳野市、藤井寺市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市

債務整理と破産の違いについて解説してみた

債務整理と破産って何が違うの??

ここでは、ヒデやんの自己破産について、弁護士さんから聞いた事を元にまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。

 

債務整理とは、手続きすべてを総合した名称

債務整理には、自己破産、民事再生、特定調停、任意整理の手続きがあり、それぞれの手続きをまとめた呼び方が「債務整理」となります。

そのため、最初に借金返済ができなくなり、借金の整理をしたい・・・と漠然と思っている段階では、「債務整理を検討中」と言えるのかな??と思います。

 

自己破産とは、債務整理の一つの手段

上記でも書かせて頂いた通り、自己破産は債務整理の手段の一つに過ぎず、実際に債務整理をどうやって進めるのか??を熟考した結果、選択する事になります。

自己破産は、とても強力な債務整理の手段と言えるかと思うのですが、自己破産する事で借金をチャラにする事が出来ます。

チャラにするわけですから、支払い義務はなくなりますし、債権者から自己破産した債権に対する取り立て(督促)されるような事もありません。

 

しかし、誰でも借金をチャラにしていると、世界中がおかしな事になってしまいますから・・

簡単に借金をチャラにする事なく、きちんと法律で定められた手続きに則って、進めていく事になります。

 

自己破産の大まかな流れ

破産の申立は、管轄の地方裁判所で行うのですが、多くの事件はめぼしい財産がない事もあり、「破産手続きの開始」と同時に「破産手続きの廃止」の「同時廃止決定」が行われます。

めぼしい財産がある場合は、「破産管財人を選定」し、配当されていく事になるのですが、最終的には審尋をしてから、「免責許可決定」の流れとなります。

 

免責許可の決定が行われると、晴れて債務免除となりますが、破産手続きを行っている間には、以下のようなデメリットがあります。

  資格制限 破産者は一定の地位、職に一時的につけなくなります。

弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士、公安委員会委員、公正取引委員会委員、宅地建物取引業者、証券会社外務員、商品取引所会員、貸金業者、質屋、生命保険募集者、損害保険代理店、警備業者、警備員、建設業者、風俗営業

  会社法上の制限 合名会社、合資会社の社員になれない。

  民法上の制限 保佐人、補助人、遺言執行者、代理人、後見人、後見監督人にはなれない。

  破産管財人がついているケースでは、長期の旅行や勝手な転居はできません。

  破産管財人がついているケースでは、郵便物の開封や財産処分権の失効があります。

※上記すべての制限は、破産手続きが終了すれば、解消されます。

 

上記のように、自己破産は一時的にデメリットもありますが、それでも債務整理の中でも、確実に借金問題を解決できる手段ですし、強力な内容です。

 

上手く活かせば、新しく人生をやり直す事も、そのスタートを早期に切る事も可能だと思いますので、是非上手く活用して頂ければと思います。

債務整理とは 個人と法人で違うもの?

[債務整理] ブログ村キーワード

債務整理は、個人でも法人でも手続きが取れるものですが、それぞれで手続きなどに違いがあるものか??について、ここではまとめていきたいと思います。

 

まず、個人で取れる債務整理の手続きですが、「自己破産、民事再生、特定調停、任意整理」のいずれかになりますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

自己破産の場合ですが、

メリットは、「借金をチャラに出来るので、支払い義務がなくなり、新しい人生をやり直せる。」という点です。

デメリットは、資格制限の時に職業や行動などの制限を受けたり、5~7年は新たな借金をする事が出来なくなるという点です。

 

民事再生の場合ですが、

メリットは、「大幅に借金を減額する事ができ、返済状況を楽にする事が出来、自宅や車を残したまま、再生できる」という点です。

デメリットは、「債権者全員の同意を得る必要があるので、再生計画案に無理があると、民事再生を使う事が出来ない」という点です。

 

任意整理と特定調停の場合ですが、

メリットは、「裁判所を介さず、債権者と債務者の話し合いの中で和解ができる」という点です。

デメリットは、「債権者が同調しない場合は、手続きが進まない」という点です。

 

いずれもメリットとデメリットがありますが、それぞれどの方法を選ぶか??を決めていく必要がありますし、債務者の状況によっても変わってきます。

 

逆に、法人の場合ですが、

個人の自己破産の手続きにあたるものが、「会社の清算や廃業」になりますし、この場合は、連帯保証人となっている可能性も高い事から、社長も一緒に自己破産の手続きを進める事が多いです。

また、個人の民事再生の手続きにあたるものが、「会社更生法」になり、裁判所と弁護士と共に、更生計画案を作成していく事になります。

他に、ADRだったり、任意整理の手続きを行うケースがありますが、これらは今後も事業を継続出来るように債権者(銀行などの金融機関が一番大きい)との話し合いをしていく事があります。

 

法人の場合は、弁護士が付いて手続きする事になり、司法書士では取り扱えない案件になりますが、個人の場合であれば、案件が140万円を超えないケース、簡易裁判所で取り扱う案件であれば、司法書士でも取り扱いが出来ます。

 

主だった、個人と法人での違いというのは、これらのような事かと思いますが、主には個人の借金が自分がいちばん関係するところだと思うので・・

最初の4つの手続きから、自分の望む方法を選ぶようにすると良いかと思います。

債務整理 弁護士 評判は気になるもの?

債務整理の手続きを取るにあたり、弁護士の評判って気になるものでしょうか??

ヒデやんの個人的な見解ですが、「評判を気にした方が良い」と思います。

と言いますのも、弁護士のスキル(知識、経験)による差ももちろんあるのですが、それ以上に確認したいのが、「信用できるかどうか」だと思っています。

 

一つ例を挙げたいのですが、

ある弁護士さんの話がニュースで話題になっていたのですが、弁護士さんが債務整理の案件を受任したにも関わらず、受任後も放置して手続きを進めなかったケースがあります。

これは、とても不利益な事で、債務整理を進めない=債務者の借金問題に進展が無い、債務者の信用回復までの時間がかかる事を意味しています。

 

もう一つ例を挙げたいのですが、

ある司法書士が、ニュースで話題になっていたのですが、過払い金返還請求の手続きを受任し、受け取りまで完了したのですが、過払い金を実際に過小申告し、返還額の一部を着服していたケースがあります。

これは、あってはならない事で、犯罪に触れる事です。

 

いずれのケースも、債務者の信用を損なうだけでなく、弁護士、司法書士の社会的な信用をも失墜させる事ですし、あってはならない事です。

これらのようなトラブルに巻き込まれないように、早期に借金問題に着手し、解決へと導く。

そのためには、繰り返しになりますが、「弁護士の評判はチェックした方が望ましい」と個人的には思います。

債務整理 弁護士費用が払えない時はどうすれば良いの?

債務整理の手続きを取る時に、弁護士を代理人とするのはメリットが多いのですが、一方で「費用がかかる」という点は、ネックになる事もあります。

実際に、多重債務や借金苦で悩んでいても、なかなか相談の第一歩を踏み出せない方の中には、「費用面で用意できないので躊躇している」という方も少なくないかと思います。

 

しかし、事態は一刻を争うところですし、借金トラブルはできるだけ早くに解決したいものです。

(=利息も放置すれば、するほど、負担が大きいですしね・・)

そんな時どうすれば良いか??「弁護士費用が払えない」そんな時にヒデならどうするか??について、ここでは書いていきたいと思います。

 

  親族や家族に相談してみる。

まずは、内緒にしていた借金、誰にも知られずに解決したい・・

その気持ちは痛いほどわかるのですが、今のままではずっと解決する事はないですし、弁護士へ相談して、今の現状を抜けるのが先決かと思います。

そこで、相談できるものは十分に活用するべきだと思いますので、家族や親族に恥を忍んで相談してみるのも、一つの方法かと思います。

 

  法テラスの扶助制度を利用する。

要審査ですが、法テラスでは弁護士の紹介業務もしていて、費用が出せない場合に、扶助制度を利用できるようにしています。

審査に通れば、弁護士費用の立て替えをしてくれるので、この方法を使うのもありかと思います。

 

  弁護士へ分割払い、後払いの相談をしてみる。

最後に、上記2つがダメな場合ですが、ダメ元であなたの希望を叶えてくれる弁護士を探し回るという方法です。

その時に、無料相談の機会のある、債務整理の実績に長けた事務所を比較して、分割払い、後払いに対応してくれるようなところを探すと良いと思います。

 

最初から諦めるのではなく、ダメ元で色々な方法をチャレンジしたり、取り組む事で、必ず突破口は開けますので、一つの意見として、参考にして頂ければと思います。

債務整理 ローンはいつから組めるの?

債務整理の手続をすると、ローンが組めなくなる??と噂で聞いていたのですが、実際のところを任意整理の相談を依頼した弁護士さんにお聞きしたところ・・・

「ローンは、一時的に審査が厳しくなり、組めなくなる可能性があるのですが、一生という事では無いですよ」という事でした。

 

弁護士さんの説明を聞いていると、

  • ローンの審査はカード会社(貸金業者、信販会社、銀行など)が行う。
  • 審査にあたり、カード会社は信用情報を参考情報の一つとして利用する。
  • 信用情報は、重要な指標の一つで問題があれば、審査に与える影響が大きい。(審査落ちの可能性が高い)

という事ですので、債務整理をする事が直接の理由という事でもなく、「債務整理をした事を信用情報を通して知って、それらの情報(信用情報)を審査の判断材料に使うため、審査に影響が出る」という事なのです。

 

この信用情報というのが、契約の約款にも書かれているとの事ですが、

  1. JICC(日本信用情報機構)
  2. CIC(クレジットカード関連の信用情報)
  3. KSC(全国銀行個人信用情報センター)

の3つで、それぞれに登録している業者が、借入情報などを報告し、それらを収集してまとめているとの事ですが、この中で返済期日の遅延(延滞)、債務整理をした情報、貸倒れやカード強制解約になった情報などは、「異動情報」と呼ばれて、マイナスな情報として報告されます。

 

そして、信用情報に加盟する業者が、最新の信用情報を取得する事で、異動情報を確認した時点で、「融資リスクが高いので、審査を通す事が出来ない」と判断し、審査落ちという事になるのが、ローンへの大きな影響と言えるかと思います。

 

tokushu-01red 任意整理、債務整理は1社からからでも手続き出来ます → エストリーガルオフィス

過払い金返還請求に強い杉山事務所 → tel 0120-092-877
※フリーダイヤルでは、無料通話できます
テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所 → tel 0120-139-510
※フリーダイヤルでは、無料通話できます。

 

車や住宅ローンの審査にも影響?ローンはいつから組めるようになるのか?

上記のローン審査には、オートローンや住宅ローンの審査も含まれていて、他にも消費者金融などの借入があった場合でも、ローン審査に影響を与える事もあると言われています。

いずれにしても、債務整理や延滞情報などの異動情報があると、審査落ちの可能性が高いですが、これらの原因が解消されれば、一定期間を経過する事で、「異動情報が信用情報から消える」という事もあるのです。

 

将来、ローンを考えているけど、債務整理をしている場合は、ある一定期間は審査に影響が出ますが、信用情報から抹消された後は、組める可能性が出てくるという事です。

一般的には、債務整理ごとに異動情報の登録期限も違いますので、

  • 任意整理の場合は、任意整理の手続き開始より5年を超えない範囲
  • 自己破産や民事再生の場合は、手続き開始より5~7年を超えない範囲

※ただし、官報へは7年~10年は掲載されますので、こちらで審査に影響する可能性もあります。

 

ローンがすべて組める可能性が出てくるまで、債務整理の手続きを終えてから、早くても5年、遅ければ10年程度影響が出るという可能性がある。

という事は、ここで知って頂ければと思いますが、第一優先が「借金問題のトラブル解決」であれば、そこまで大きな問題とならないかと思います。

債務整理 弁護士費用 相場や分割で気をつけるポイントは?

債務整理の手続きを代理人を使って任せる場合、気になるのが「どれくらいの費用がかかるのか??」という点だと思います。

ここでは、弁護士費用の相場、分割と一括返済による違いなどをまとめました。

また、弁護士費用が支払いできなくなった場合のデメリットについて、本音の部分を最後に書いています。

 

私の場合、弁護士費用を分割返済でお願いしましたが、最長で1年程度での分割という事になります。

債権数が4社ありましたので、それぞれに対して費用が発生するような見積もりになっていて

  • 着手金
  • 成功報酬
  • 減額報酬
  • 事務手数料

この4つを見積もり頂いたのですが、着手金と成功報酬は債権数分単価として含まれていました。

 

任意整理の手続きで、債権者も相談に応じてくれたというところもあり、裁判沙汰になる事はありませんでしたので、別途必要になる可能性のあった「出廷日当」は追加されませんでしたので、事務手数料は最低限の5,000円程度だったかと思います。

 

総額で、20万ほどとなりましたが、一月に2.0万程度の負担で済むので、そんなに負担ではなかったですし、相場を考えても妥当な感じだと思います。

 

任意整理の手続きの場合、費用の相場観としては

  1. 着手金が、2万円前後(1社あたり)
  2. 成功報酬が、2万円前後(1社あたり)
  3. 減額報酬が、減額金額の10%
  4. 事務手数料が、5,000円~10,000円程度

となりますので、私の依頼したところも、同じような感じかな??という印象です。

 

弁護士費用を滞ったり、支払い不能にになった場合

着手金などを先に請求する弁護士さんもいるみたいで、費用の一部だけ分割対応可とするケースもあるようですが、中には全額後払いの分割返済を可能とする事務所もあります。

 

そこで、安心して手続きを任せて、いざ任意整理を完了し、各債権者への弁済を開始するのと、弁護士費用の分割をするのとをしていくのでが・・・

ここで弁護士費用を延滞したり、支払いできなくなってしまったりすると、実は大変な事になります。

 

と言いますのも、今まで味方だったはずの弁護士さんが、味方をするのをやめて、裁判所へ訴訟するケースがあるのです・・・

弁護士費用の請求を裁判を通して行い、給料などへの強制執行が可能なように手続きを取っていくという事ですね。

 

弁護士さんを敵に回して、何も得な事はありませんし、相手は法律に精通したプロですので・・・

きちんと、弁護士費用の分割と任意整理の弁済分割の両方ができるような返済プランであるように、気を付ける必要がある事を忘れないで下さいね。

債務整理 弁護士 司法書士 違いで大きな点は何?

債務整理を本人に代わり、代理で手続きを出来るのは、弁護士と司法書士のみとなりますが、弁護士と司法書士では何が違うのか??という点をここではまとめていきたいと思います。

 

弁護士は、法律と裁判の代理人となる事が出来る専門家で、法律に関するトラブル全般に対するアドバイスや、時には代理人となり訴訟を担当する事があります。

 

司法書士は、本来の業務は会社や不動産の登記の専門家で、従来は法律相談やトラブルに対するアドバイス、代理人となる事が出来ませんでした。

しかし、多重債務者の増加、借金問題の社会問題が表面化(過払い金返還請求や過剰融資、取り立ての実態など)した事で、弁護士だけではトラブル解決の専門家が足りないという事もあり・・・

2003年の法改正を経て、一部の条件を付けて、トラブル解決のアドバイス、仲介、訴訟の代理人となる事が出来るようになりました。

 

司法書士の条件付きでの干渉ですが、

  • 認定司法書士と呼ばれる、法務省で一定の研修と考査を受け事で認められた人である事
  • 総額140万円以下の案件(簡易裁判所で手続き取れる案件)である事

この2つを満たしていなければ、借金相談だったり、本人に代わり代理人となる事は許されないのです。

 

そのため、弁護士の場合は、何も制約もなく法律トラブルや借金問題の相談に対応出来るのに対し、司法書士の場合は、条件によっては折り合わないという事があるかも知れません。

自分の条件が、司法書士でも良いのか?それとも弁護士でなければいけないのか?というのを見極めるのが面倒、という場合は、最初から弁護士へ相談する方が、時間を無駄にしないかと思います。

 

そうゆう私も、借金問題をとにかく早く解決したかった、それ以外の余計な事を考える余裕というのがなかったという点もあり・・・

最初から、債務整理の事を色々と調べた中で、「弁護士に相談しよう」と決めていたので、とてもスムーズに事を運ぶ事が出来ました。

 

私の経験から言える事ですが、

  代理人に任せて、任意整理の交渉を行う上でも、相手は貸金業者なので、それなりに貸金の法律には精通していますし、何より口が巧い(=融資増額とかの営業トークは見事ですからね・・・w)ので・・・

そのあたりを冷静にかつ巧みに対処出来る経験値の高い弁護士に任せる。

というのが、一番だと私は思って行動しました。

 

債務整理 相談は無料窓口となる電話やメールがオススメ

債務整理をする時に、まず自分で手続きするのは、個人的には「時間の無駄」だと思っていたので、その線は無いなぁって思い、代理人を立てる事を考えていました。

代理人を立てるメリットは、

  • 専門知識を備えた人に任せられるので、自分で勉強する必要がない。
  • 専門知識を持っているので、トラブルにも対処する智慧や経験がある。
  • 時に出廷する事もあるなど、面倒な事が多いのが、すべて代理人に任せられる。

私の場合は、これらのメリットがあると思って、任せる事にしていました。

 

特に、自分の事ですが、債務整理の勉強をしたり、そのための時間をとったり、出廷の時間を取るなど、仕事の合間でするのは勿体無いし、無理だ・・・

と思ったので、自分で債務整理の手続きをするという選択肢は、全くありませんでした。

 

そこで、色々とネットで情報を調べるようになるのですけど、債務整理を代理人にお願いする場合は、弁護士や司法書士へ相談する事になります。

税理士さん、会計士さん、弁理士さん、ファイナンシャルプランナーなどの資格があっても、家族、親族、友人など親しい方でも、会社の社長、同僚、上司や部下という関係があっても・・

弁護士や司法書士(司法書士でも一部の認められた人だけ)でなければ、「非弁行為」という事で、法律上違反な行為として罰せられるので、代理人になる事は出来ません。

 

そのため、弁護士や司法書士で、債務整理の実績ある方々のお話を聞かせてもらうという事になるのですが、その時にフリーダイヤルやメールフォームが問い合わせフォーム内に設置されている事務所が多いので、まずはここから「無料相談」を始めると良いです。

特に、フリーダイヤルは通話料無料、24時間365日の受付もできるので、自分が連絡しやすいタイミングで連絡も出来るので、とっても助かります。

 

私も、最初はフリーダイヤルから電話をはじめて、そこで自分の状況を説明したところ、債務整理の種類やメリット、デメリットに関する説明を受けました。

その上で、最終的には「任意整理」の手続きを進める事になるのですが・・

また、この話はおいおい話できればと思います。

 

ここでは、ひとまず「債務整理の相談をするためにオススメの方法は??」という点において、知っておきたいポイントとして、

  • 無料相談の機会を活かす。
  • 無料相談は、フリーダイヤルやメール相談を有効に活用しよう。
  • 相談先は、弁護士もしくは一部の司法書士に限られるので注意しよう。

この3つを憶えて頂ければと思います。

【参考情報】債務整理 相談エリア

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森県、秋田県、岩手県、宮城県
  • 関東エリア
    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県
  • 中部エリア
    新潟県、静岡県、石川県、岐阜県、富山県、愛知県
  • 近畿エリア
    京都府、奈良県、大阪府、兵庫県
  • 四国地方
    徳島県、香川県、高知県
  • 中国地方
    岡山県、島根県、広島県
  • 九州・沖縄地方
    福岡県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

債務整理後のクレジットカード作成は可能?

債務整理をした時に、「今持っているクレジットカードは、公共料金の引き落としや、外出時の買い物で使うので、使えなくなるのは不便だなぁ」と思っていました。

また、クレジットカードには、契約更新というものがあるので、使えたとしても更新できなくなるのであれば、その時から不便になるなぁという事で、弁護士さんに任意整理をお願いする前に質問しました。

 

クレジットカード会社次第ですが、更新までカードを使える事が多い

まず、クレジットカード会社は定期的に信用情報の更新を行うようで、そのタイミングまでは債務整理をしている事は、知られる事がありません。

そして、新しい信用情報の更新タイミングで、新たな与信(カードやショッピング限度額を決める事)を行うという事で、私も任意整理した直後に影響が出る事はありませんでした。

 

そして、クレジットカード会社によっては、新しい与信時にカードの利用停止を決める事もあれば、信用情報に異動情報が出ていても、取引が正常であればそのまま使える事もあります。

私も、そのまま使えてきましたので、特に厳しくなかったのかな??という印象です。

(=Docomoと提携するDCMCカードです)

※個人事に状況も違うかと思いますので、一概には言えないと思いますので、気になる点は都度会社へ確認するようにしましょう。

 

更新のタイミングで、クレジットカードの再審査が行われる

クレジットカードは、5年に一度くらいのタイミングで有効期限が切れます。

その時に「自動更新」で審査が行われるのですが、(解約しない限りはされると思います)そのタイミングで、今後のカード発行が相応しいかを再審査されます。

 

更新の際の審査では、口コミや評判などを読んでいると、カード会社によっては信用情報に異動情報があると、審査落ちする事があるようです。

ただし、これも一概には言えず、個人ごと、会社ごとに事情も変わります。

 

弁護士の先生曰く、債務整理の手続きによって信用情報の報告期間などが違うようで、一般的には

  • 任意整理、自己破産、民事再生、延滞情報などの異動情報は、5年を目処
  • 自己破産、民事再生の官報への登録は、7年ないし10年を超えない期間

という事でしたので、私の場合は手続きを取ってから5年を超えない期間は、カードの審査(更新審査含む)には気を使うという事になりました。

債務整理 デメリット 配偶者や友人に影響は??

先ほど債務整理のデメリットについて、住宅ローンとクレジットカードを中心に書いたのですが、今回は対人での影響について、自身の体験談を踏まえて書きたいと思います。

住宅ローンやクレジットカードに対するデメリットについては、債務整理 デメリット 住宅ローンやクレジットカードへ影響は?でまとめていますので、参考にして下さいね。

 

配偶者に債務整理によって影響が出る事はあるの??

まず、配偶者への影響ですが、家族に内緒の場合でも相談できるのか??という点は、大丈夫です。

私の場合は、結局借金している事、不倫している事がバレたので、その後の債務整理ですが、もしバレずに債務整理の相談をしていた場合でも、弁護士さんは秘密にしてくれていたでしょう。

 

と言いますのも、ちゃんと秘密保持の誓約もしますし、借金問題は連帯保証人がいなければ、基本的に本人以外には関係のない話ですので、誰かに話すという事は無いという事です。

※借金の影響があるなしという話ではなく、あくまで本人の契約だという視点で関係のない話という表現をしていますので、実際は家族に迷惑をかけるケースももちろんある事と混同しないように注意して下さいね。

 

また、連帯保証人でなければ、本人以外に支払をする義務もなければ、督促される事もありませんので、(もし請求されたりすれば、それは違法行為です)配偶者に迷惑をかけるという事はありません。

 

友人にも知られる事は無いの??

配偶者や家族のケースと同様に、友人や会社の同僚に知られるようなケースも心配要りません。

基本的には、守秘義務というもので、弁護士さんはクライアントの相談内容を機密にしますので、安心して相談できます。

 

ただし、自己破産の場合は影響が出る可能性があります。

上記の通り、守秘義務はあるといえども、例えば持ち家や車を所有している方の場合ですが、自己破産の手続きに入れば、必然的に売却の手続きを取る事になりますので、バレないようにするのは無理でしょう。

 

そのため、任意整理や特定調停であれば、バレずに隠し通す事も出来るかもしれませんが・・・

自己破産や民事再生の時には要注意という事は、忘れないほうが良いかと思います。

 

ちなみに、自己破産や民事再生をすると、「官報情報」に掲載されるので、誰でも閲覧が可能となりますが、まず友人や家族、会社の同僚などが調べるという事はないかと思いますので・・・

この点は心配しなくても大丈夫では無いかな??と思います。

 

それぞれのデメリットはもちろんある債務整理の手続きですが、それでもメリットも大きく得られるほど緊迫の状況であれば、有無を言わさずに債務整理の相談を進めた方が、賢明だと思います。

このあたりの判断ができない場合は、一度無料相談の機会でも良いので、弁護士や司法書士へ相談をしてみるのも良いかと思いますので、検討してみましょう。

債務整理 デメリット 住宅ローンやクレジットカードへ影響は?

債務整理には、自己破産、民事再生、特定調停、任意整理と種類がありますが、それぞれの手続きを進める際に、「今後の生活に影響したら嫌だな・・・」という気持ちはあるかと思います。

例えば、自己破産をすると、一定期間法律で定められた職種になる事は禁止されていたり、免責決定が決まるまでは居住地の制限がされるという自由が奪われる事が多少なりともあります。

 

他に、信用情報に異動情報(=世間ではブラックリストと呼んだりしますが・・・)が登録されると、登録期間は、新たな借入審査に影響が出るとも言われています。

 

債務整理は、手続きを行う事で、大きなメリットを得られると同時に、逆にデメリットとなる事ももちろんある事を承知の上で、手続きを進める必要があります。

一方で、住宅ローンやクレジットカードというものは、生活上必要になってくる頻度の高いものですので、特にここではこの2つについて取り上げたいと思います。

 

住宅ローンへの影響はあるの??

まず、住宅ローンに関してですが、金融機関(主に銀行かと思いますが)は、審査の際にJICC、CIC、全銀連の信用情報を取得します。

※信用情報には、過去のそれぞれの加盟業者で、どんな利用をしていたかが見れます。

 

異動情報には、債務整理に関する事、延滞情報、貸倒れ情報などが記号で登録されていて、現在利用がある場合は、現在の利用残高、毎月の返済状況などもわかるようになっているようです。

 

これらの信用情報に異動情報が登録されている場合は、先程も書いた通り、住宅ローン審査に通りにくいです。

やはり、金融機関としてもリスクの高い住宅ローンの融資(金額も大きいので・・)、焦げ付きしないローン審査という事で慎重です。

 

クレジットカードへの影響はあるの??

次に、クレジットカードへの影響ですが、信販会社はクレジットカード審査の際には、必ずJICC、CICの信用情報を取得します。

※場合によっては、全銀連の信用情報も取得します。

 

また、クレジットカードは「更新」する事もあるので、更新の際にも再審査という事でJICC、CICなどを取得し、発行可能かを確認する事となります。

 

いずれの場合でも、クレジットカード審査の際に、信用情報に異動情報が登録されている場合、審査に通りにくくはなります。

逆に、更新を迎える前のクレジットカードは、定期的に信用情報の更新を行う事はあるようですが、更新されないで異動情報が登録された事が確認されていない場合・・・

今持っているクレジットカードは、今まで通り利用できる事になります。

※あくまで個別の会社ごとの事情もありますので、気になる点がある場合はお持ちのカード会社へ連絡しましょう。

 

私も、債務整理の(任意整理)の手続きを行い、「5年間は信用情報に報告される」と弁護士さんから聞いていましたので、その点は覚悟していました。

ただ、今では住宅ローンを組めましたし、全て完済して多重債務の生活は過去の事・・・

という事で、特に不都合がないので、人間いつでもやり直し出来るって本当だなぁって思っています。