債務整理で返済に遅れが出た場合はどうすれば良いの?

債務整理の返済が遅れた場合、何か不都合があるのでしょうか?

ここでは、債務整理をした上で返済が想定される、任意整理、民事再生、特定調停を進めるのに、返済が遅れてしまった場合に起こる不利益とその対処法についてまとめました。

 

債務整理をした後に返済が遅れてしまった場合はどうすれば良いの?

債務整理をすると、返済計画を債務者との間で和解する事となり、特定調停であれば和解調書、民事再生であれば再生債権者表、任意整理であれば和解書がそれぞれ「債務名義」となります。

債務名義は、債権者が不利益を被り、契約内容通りの条件で債務者が履行しない場合に、行使する事で強制執行をする事が可能です。

 

つまり、債務整理をしたあとに約束通り返済ができなかった場合に、債権者から強制執行をされてしまうリスクがあるという事になります。

強制執行の方法には、

  • 金銭執行
  • 動産執行
  • 準不動産執行
  • 債権執行
    その他の財産権に対する執行

があり、債務者の財産を差し押さえされる事になりますので、家族や会社にも迷惑をかける可能性があります。

 

債務名義を執行されないようにはどうすれば??

一般的に、債務名義を執行するのは、債務者と連絡が取れない、債務者が責任ある態度を取っていない事で、債権者として回収手段が無い場合などが挙げられます。

誠意ある対応をしているうちは、きちんと相談に乗ってくれますし、まずは遅れてしまう事による後ろめたさはあるかもしれませんが、債務整理をしている責任を果たすという意味においても、きちんと債権者に連絡を取り、樹状況を伝える事が必要でしょう。

 

相手も人間ですし、裏切られた・・と感じれば、債務整理をしている分不利益を二度も受けたくないという気持ちも働き、債務名義を使う事も考えられます。

そうならないためにも、返済が遅れてしんどい場合でも、きちんと対応する事は忘れないようにしましょう。

 

債務整理を二度する事は可能??

最後に、債務整理を一度に限らず二度出来るのか?という点ですが、結論は「可能」ですが、債権者としても二度目の債務整理については信用度が落ちていますので、素直に受け入れてくれるかどうかは難しい判断です。

 

任意整理をしたけど、返済が続けられない・・・

という事で自己破産を選択するという事であれば考えられますが、基本的に任意整理を再度申し出して和解をするというのは、とても難しいと思います。

それでも可能性はゼロではありませんので、相談する価値はありますし、弁護士や司法書士が代理人となり、交渉をする事で可能な事もありますので、是非上手く活用していきましょう。

 

債務整理後の自動車ローン、ブラックリストから消えても借入出来ないの?

債務整理をしている最中は、信用情報上に債務整理をしている事がわかる異動情報(=信用情報におけるブラックリストのようなもの)が出ているため、金融業者は他社で債務整理中である事を把握する事が可能です。

金融業者からすると、きちんと返済能力があり、利息を払える方でなければ利益になりませんので、無理したリスクの高い融資をする事はありませんので、異動情報が報告されている間は、キャッシング、カードローンをはじめクレジットカードや各種ローンを組む事も難しくなっていると言っても良いでしょう。

(信用情報への登録機関については、債務整理してから信用情報の抹消までどのくらいで消えるの?で詳しく書いていますので、参考にして下さい。)

 

上記の通り、信用情報上には債務整理をしてから5年は異動情報が報告されている事になりますが、ブラックリストが消えた後にはどうなるのか?が気になるところだと思います。

そこで、ここでは債務整理後に自動車ローンを組む事が出来るのか?という点について、まとめたいと思います。

 

 

債務整理後の自動車ローンの審査は通常通りになるの??

まず、債務整理後5年が経過していれば、異動情報が消えますので異動情報がなければ金融業者からすると債務整理をした事を確認する事が出来ない状態にはなります。

ただし、債務整理の中で民事再生と自己破産の場合は、「官報」に掲載されますので、官報で氏名や事件番号を入力する事で、過去の破産歴などがバレてしまう事があります。

過去の破産歴などを持って、審査を断るのかどうかは、正直なところ金融業者側の判断になりますので、一概には言えないですが審査落ちする可能性もあるという事は、ここで憶えておいて頂ければと思います。

逆に任意整理や特定調停の場合であれば、異動情報が消えてしまえば、過去の借金歴などは借り入れした事のある金融業者以外は知る術がありませんので、審査は債務整理の前と同じように行われでしょう。

(=審査が行われる事をもって、審査に通るというわけではなく、あくまで審査によって借入判断は行われますので、総合的な判断となりますのでご注意下さい。)

 

自分自身の信用情報は開示する事が可能です

ところで、この信用情報についてですが、ご自身で開示手続きをする事が可能な事はご存知でしょうか?

  • 今、自分の信用情報がどんな情報が報告されているのか?
  • 債務整理をして5年は経過するけど、異動情報は無いか?

など、知りたい情報を書面で回答を得る事が出来ますので、例えば住宅ローンの審査を行う前に信用情報が不安だったりする場合は、開示請求をしてみて頂ければと思います。

債務整理後でも借りれる金融業者は信用できるのでしょうか?

債務整理する事で最大のデメリットといえば「信用情報に傷がつく」という点です。

信用情報とは、キャッシングやカードローンの借入だけでなく、クレジットカード、住宅ローンなどのローンなど、無担保でも担保付きでも、それぞれの借入情報をとりまとめ、資金需要者となる借入希望者の融資審査に使われる、重要なデータです。

(→ 信用情報に関する事は、債務整理してから信用情報の抹消までどのくらいで消えるの?で詳しく書いていますので、参考にして下さい。)

 

信用情報に傷がつくという事は、「借入審査を希望しても、審査に通るだけの信用力を得られない」という事を示しているも同じです。

このようなデメリットがあるにもかかわらず、債務整理をするという事は、

  • それだけ借金返済に困窮している状態
  • 多重債務で借金返済まで首が回らない

など、借金を通常どおり返済する事が出来ない状況で、借金を返済しやすいように、もしくは自己破産を通して借金をチャラにするなど、デメリットよりも大きなメリットを得ることが出来るからでしょう。

 

一方、金融業者側からすると、債務整理をされるという事は、見込んでいた収益がなくなるばかりか、逆にマイナスとなる(借入金を破産されると返済を求める事ができないので)事もあります。

それだけ金融業者としては得も無い債務整理ですし、信用力の得られない方法でありますので、債務整理後に再度融資を検討するという事は、とてもリスクが高いですし、信用する事も出来ません。

 

債務整理後でも借りれる金融業者は限りなくブラック

そんな状況でも

「債務整理後でも融資をします」

と謳っているのは、ある意味「おかしいのではないか?」と思うのが普通では無いでしょうか?そうです「その考えは普通で、それでもお金を貸すところがあるのは異常」だという事です。

 

債務整理後でも借りれる金融業者は、本当に危ない金融業者が多く、一般的に言われる「闇金(ヤミ金)」という可能性も高いです。

闇金は法外な金利を請求してきますし、借金をすればそれだけで返済をしても元金が減らず、利息の入金を繰り返すだけ。

完済したと思っても、入金の明細などを出していない事を盾にさらに返済を要求する事もあります。

 

債務整理後すぐに借入したくなるほど、気持ちが弱くなったり、生活が苦しくなったりする事も、場合によっては無い事も無いでしょうが、そこで無理をして借入するような事があると、その後の生活再建ができなくなってしまいますので、絶対に借り入れをする事のないようにしましょう。

 

債務整理後でも借入できるのはいつごろから?

債務整理後に借入ができるのは、債務整理後、何年でカード作れるの??でも書いている通り、信用情報上からブラックリスト(異動情報)が消えた時点からで、その後に審査に通れば借入も出来ます。

一般的には、「5年ほどで信用情報上で異動情報が消える」とと言われていますので、それまでは我慢が必要です。

繰り返しになりますが、借金返済中や債務整理中に新たな借入をする事は、自分の首を締めかねませんので、そのような事がないように自制を働かせて下さいね。

 

債務整理 大阪で代理人を探し手続きに入るにはどうすれば良いの?

債務整理の手続に入りたい、だけど弁護士や司法書士など自分の代理人となれる人がいなければ、手続きを進めるのが困難・・・

という時に、身内やお知り合いに弁護士や司法書士がいれば良いのですが、多くの方はお知り合いにいる事はありませんので、そんな場合はテレビCM、ラジオ、電車の吊革広告、もしくはネットで検索して代理人を探す事もあるかもしれません。

いずれの方法の場合でも、あなたに最適な納得のいく代理人が見つかれば、それでOKですが、もし見つからないという場合は、当サイトのトップページでは、債務整理の手続に強い代理人の探し方という事で紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

 

代理人探しは、債務整理をするのに第一歩目としてとても大切なところではあるのですが、一方で時間をかけすぎる事なく、スムーズに債務整理の手続に入れるようにしなければ、いつまで経っても借金問題を解決する事にはなりません。

そのため、スピーディかつ安心して代理人を探す必要がある時に、お役に立てればと思います。

 

ここから先は、債務整理の手続を取られた方の体験談を紹介します。

これから債務整理を検討している場合に、参考にして頂ければと思います。

 

職場の同僚が民事再生、債務整理の体験談

私は現在29歳の男性会社員です。これは職場の同僚(男性)の話となります。

同僚は複雑な環境で現在生活を送っております。それはルームシェアです。それも男性とではなく、女性とであります。

どういった経緯で同棲とはいいませんが、一緒に住んでいるかまでは聞いてはおりませんが、彼女と同僚は非常に遊び人であったようです。

それで毎日のように一緒に呑んだくれた生活を送っていたようです。

 

同僚の場合はそれでも会社から支給されている賃金の範囲内で遊んでいたようですが、女性の場合はそれだけではなく、借金などもしてその生活を続けてきたようです。

それを同僚は知らなかったようで、一緒に住んでお金を共有して遊んでいた以上、自分にも責任はあるということを自覚していたようで、それで一緒に借金を共有して返済をしていくように、色々と頑張っていたようです。

ですが、返済が思うようにいかずに借金は増えていきました。

 

自分も家族や、自分自身がギャンブル依存に陥ってしまい、それで借金をして、債務整理を行ったことがあります。

自分の意思とは無関係に借金を重ねてしまう精神的な病気であります。それで人というのはそう簡単には変わることはできない、と自分も理解をしております。

今頑張って借金を返済しないと、自分はいつか死ぬ、それくらいに自分を追い込んで、自分は何とか乗り越えることができました。彼もその段階であるようです。

 

しかし、民事再生を行うときに、協力をしてくれる事務所がみつからず、苦労をしたいたようです。

借金の整理は、理由により、事務所も依頼を受け付けてくれるかどうかを判断するようです。

自分の場合は親戚に司法書士を紹介してもらい、それで債務整理を行うことができたのですが、彼の場合はそういったあてがなく、いろいろと事務所をまわっていたようです。

 

なんでも

「私利私欲で作った借金は自分で解決をしてください」

と言われて、お払い箱になるを繰り返しておりました。

 

彼の場合はまだ自分で返済能力があると判断をされたようで、どうしてもダメな状況ではなかったようです。

ですが、彼は執念深く事務所をあたり、それでようやく民事再生を行ってくれる事務所をみつけることができたようで、現在では彼女と一緒に借金を返済しているようです。

ただ、豪遊のほうは変わっていないようで、彼らはこれからどうなっていくのか、少し自分としては心配をしてしまいます。自分も死ぬ思いだったので、彼の気持ちがわかります。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。