債務整理してもブラックにならない方法があるって本当??

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理をすると、一般的には信用情報に異動情報と呼ばれる「ブラックリスト」に登録されると言われていますが、ブラックにならない方法が実在する??という事で知恵袋などを探してみました。

 

point そもそも、ブラックリストというものは存在しない。

まず、誤解のないようにという事でお話をしておきたいのが、信用情報にブラックリストは存在しないのか??という点です。

色々と見解が分かれるようですが、ブラックリストという呼び方ではなく、異動情報だったり、事故情報という呼び名であって、債務整理をしている情報、延滞情報、貸倒れ情報などが登録されます。

それぞれの登録条件や登録期間は、異動情報の内容によって違いがあるのですが、基本的には信用情報機関の各種基準によるところと、各債権ごとに誤差があるようです。

 

point 自分で手続すれば、ブラックにはならない?

次に、債務整理を自分自身で手続きをすれば任意整理にもならず、ご自身で和解しただけなので、ブラックにならない?という事ですが、「ケースバイケース」だと思います。

ブラックになる中に、「延滞情報」が含まれていると先ほど書きましたけど、この延滞情報が出ている段階で和解に至った場合、延滞情報が削除されるのか?が問題になると思うのです。

そのため、延滞情報が削除されればブラックリストは無し、逆にそのままであればブラックリストに残るという事になりますので、和解後に「信用情報の開示請求」を行うのも良いかと思います。

 

point 債務整理の中で唯一ブラックにならない手続き

債務整理をすれば、ほぼブラックになるという認識で間違いは無いのですが、一つだけ債務整理の中でもブラックリストの対象外となる手続きがあり、それが「過払い金返還請求」です。

 

過払い金返還請求は、過去に払い過ぎた利息を取り戻す手続きの事で、グレーゾーン金利で利用していた残高を、利息制限法に引き直し計算する事で計算する事が出来ます。

この過払い金返還ですが、以前までは債務整理の手続として異動情報が登録されたり、「契約見直しコード(71)」が登録されたりしていました。

そのため、債務者からすると不都合が生じていたのですが、2010年4月19日より「契約見直しコード(71)」を登録する事は禁止される事となりました。

 

これは、当然と言えば当然なのですが、過払い金さえなければ、今頃は完済している(もしくは契約を超えて払い過ぎている)わけですから、完済情報として登録されるべきところが、異動情報を登録されるという事で、理不尽だと感じる人も少なくなかったのでしょう。

そんな理由で、現在では、過払い金返還請求をすると、ブラックには鳴らないという事になっています。

 

まとめ

今まで見てきた通り、債務整理をする事は、デメリットとしてブラックリスト(=異動情報)に登録される事となりますので、その点は覚悟しておく必要があります。

ただし、唯一過払い金返還請求については、契約見直しコードも含めて登録されるような事はありませんので、安心して手続きを取れます。

 

実際、まだまだ過払い金返還請求を行わず、気づいていないという方もいらっしゃるようですが、「最終返済日より10年で時効を迎える」ので、取り戻すまでに時効を迎えないように気をつけたいものですね。

 

tokushu-01red 急いで過払い金返還、債務整理をお考えの方 ⇒ 無料匿名で全国の事務所を比較できるツールを使って、効率よく代理人探しをしましょう。