債務整理で養育費の支払いまで免除になるの??

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の手続きを取ると養育費の支払い義務まで免除される事はあるのでしょうか??

ここでは、養育費と債務整理についてまとめていきたいと思います。

 

自己破産で養育費の免責は認められません!

まず最初に、自己破産をする事で、免責許可決定を得ると、借金がチャラになる事はあるのですが、養育費は免責決定されるのか??

という点ですが、「免責決定はされない」です。

免責決定がされない債権の事を、非免責債権と呼ばれるのですが、この中に養育費は含まれているので、免責決定をされる事はありません。

 

養育費は、生活に直結する問題のため、免責されないという事になるのと同時に、子どもの養育権利を保護する必要があるという見解に基づいたものです。

 

非免責債権については、債務整理 奨学金でも触れていますので、参考にして下さい。

 

慰謝料に関しては、免責が認められるケースも・・・

一方、離婚時に慰謝料を支払いする事で約束されていた場合ですが、破産手続きの前に慰謝料に関する離婚調停で和解されていたり、約束が取り交わされているというケースだと、借金と同じように免責決定を受ける事も出来ます。

逆に、破産後の離婚による慰謝料の請求は、免責対象でもありませんので、請求する事が出来ますので、借金が原因の離婚については、タイミングにも要注意かも知れませんね。

 

その他の債務整理の手続きで養育費は免除や減額は可能??

民事再生についてですが、借金として含められるものの中に、養育費を含む事はありませんので、民事再生による大幅な請求額の減額は無いと思って良いかと思います。

ただし、任意整理や特定調停については、和解する事で養育費を減額してもらえるというケースは、全く無いとは言えないかと思います。

しかし、相手が和解に同意する事が前提という事になりますから、常識的に考えてかなり厳しい交渉になると思って良いかもしれませんね。