債務整理は貯金があっても手続きが取れるもの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理をする際に、誰にも内緒にだったり、家族に心配や迷惑をかけないように手続きをしたいと思われる方も多いかと思いますが、貯金や預金口座などを死守して手続きを取る事は可能なのか??

ここでは、貯金との関係について、まとめていきたいと思います。

 

貯金や資産を開示する義務はあるの??

まず、債務整理をする際に貯金や資産を開示する必要があるか??という点ですが、手続き次第では届け出する必要があります。

この手続きというのが、自己破産や民事再生の事で、これらの手続きは債権者への影響が大きいのと、裁判所中心で手続きを行うという事で、届け出した上で検討されます。

 

また、資産を有した上での民事再生をする場合についてですが、「資産以上の返済をする必要がある」と定められています。

例えば、200万円相当の資産(含み益があると認められる場合)がある場合、借金の最低弁済額が150万円となっても、200万円を下回る弁済額となる事はありません。

※民事再生では、最大9割ほどの減額が可能で、最低弁済額を計算した上で返済計画を立てます。

 

逆に、自己破産の場合は、生活最低限の現金20万円程度を除いて、ほぼすべての資産価値のあるものは差し出して弁済に充てられる事になります。

※自己破産では、管財事件となった場合は、管財人が財産の処分などを担当します。

 

債務整理後、貯金をする事は可能なの??

次に、債務整理の手続が完了してから貯金をする事は出来るの??という点ですが、結論としては「可能

です。

貯金が増えたからと言っても、過去にチャラにしたり、減額した借金分の取り立てをされる事も無いですし、預金口座を凍結されるような事もありません。

 

債務整理後は、通常どおりの生活を送る事が出来ますし、借金から開放されて人生を一からやり直す事も夢ではありません。

実際、有名人の中でも、自己破産を経験している方も多いですし、自己破産などの手続きから見事にカムバックされた有名人や著名人も多くいます。

 

世界に目を向けても、

  • カーネルサンダース(ケンタッキーフライドチキンの創業者)
  • ヘンリー・フォード(フォード・モーターの創業者)
  • ウォルト・ディズニー(ウォルト・ディズニー・カンパニーの創業者)

などは、会社を倒産したり、解散させたり失敗をしていますが、そこから立ち直り今日でも繁栄を続ける企業を生み出しています。

 

たとえ、人生のどん底を味わっても、そこから復帰出来る事を歴史上の偉人は証明してくれていますし、自身の体験や債務整理 体験談で紹介している同じような債務者の方が証明しています。

是非、借金と向き合い、借金苦を克服して、早期に人生をやり直しできるように、そのために当サイトの情報が役立てば幸いです。