債務整理でクレジットカードの更新できない、作れない、使えない期間などのまとめ記事

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理をする事で、考えられるデメリットとして、「クレジットカードが使えなくなる可能性」、「新たにクレジットカードを作れない可能性」、「今持っているクレジットカードを更新出来ない可能性」と、3つの可能性が考えられます。

ここれは、今までクレジットカードについて書いてきた記事のまとめとして、債務整理においてクレジットカードに対するリスクについてまとめていきたいと思います。

クレジットカードのショッピング分は債務整理が可能?

まず最初に、クレジットカードでショッピングした分、いわゆるリボ払いの分について債務整理が出来るのか?という点ですが、結論から言いますと、「債務整理の対象」となります。

ただし、債務整理をしたところで、利息制限法にも満たない利息のため、元金を減額する事はまず考えられないですけど、「将来利息のカット」は出来るので、元金のみの返済をきちんとすれば、利息返済を免除されるメリットは、享受出来る可能性があります。

リボ払いの仕組みについて
リボ払いは、「リボルビング払い」の略称で、一般的には「元金定額リボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の2つに分けられます。

共に定額方式なのですが、元金定額の場合は、利息+定額の元金を、元利定額の場合は、定額の返済額の中に利息も含まれる事になります。

他にも、残高スライドリボルビング方式、定率リボルビング方式もありますが、それぞれどの返済方式が適用されるかは、契約内容をきちんとチェックしておきましょう。

他にも、最近人気の返済方式で、毎月の返済額が低く設定される「ミニマムペイメント」がありますけど、返済額が少ない分、手数料の負担がかかるという点は忘れてはいけません。

リボ払いにすると、必ず「手数料」がかかってきますので、(キャッシングで言うところの利息のようなもの)、カードを多用しすぎて、返済額がわからなくなってしまうと、多重債務になるリスクもありますので、その点は要注意です。

 

債務整理 クレジットカード 何年ほど新規カードが作れない可能性が?逆に作れるケースもあるの?

続いて、債務整理をする事で、クレジットカードが新規で作れないケース、逆に作れたというケースもあるようですが、何か違いがあるのか?ここでまとめたいと思います。

新規でクレジットカードが作れないのは、債務整理 クレジットカード 影響で書かせて頂いた通り、信用情報機関において、信用情報に異動情報(事故情報)がある場合に、クレジットカード会社が新規カードを承認しない可能性が高いです。

債務整理 クレジットカード 使えるケースもあるの??

逆に、債務整理 クレジットカード作成でも書かせて頂いた通り、クレジットカードの更新時期まで更新審査が入らない可能性もあるので、その場合は、クレジットカードが使える事もあります。

いずれにしても、信用情報が更新され、そのタイミングでクレジットカード会社の確認が取れれば、継続の使用は難しいと考えて良いかと思います。

債務整理 クレジットカード更新が出来ないのが普通??

上記の通り、必ずしも更新出来ないのが普通ではなく、あくまでクレジットカード会社の審査結果次第という事になり、強制解約の対象にならなければ、そのまま維持する事も可能です。

クレジットカードで、電気代、水道代、ガス代などの公共料金の引き落とし、携帯電話(スマホ)の通話料金の引き落としなど、毎月定期的に落としてるようなものがある場合は、すべて手続きして変えておかなければ、すべて料金未納となってしまう事もあります。

それだけ、債務整理にはデメリットも生じる事にはなりますが、それでも背に腹は代えられないでは無いですが、債務整理で借金問題を解決できた実例も多いですので、手続きに踏み切る方も多いと言えます。