債務整理 クレジットカードに影響は出るの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理をすると、住宅ローンをはじめとするローン関係、そしてクレジットカードなどのカード関係に影響が出るという事は、ご存知だと思います。

今回は、「どんな影響が出るのか?」、「影響はいつまで続くのか?」、クレジットカードに関連する気をつけたい情報について、まとめていきたいと思います。

 

債務整理で起きるクレジットカードへの影響

まずは、債務整理にあたりクレジットカードに起きる影響についてですが、

  • 新しく作成するクレジットカード審査に通らない。
  • 今持っているクレジットカードが使えなくなる。

という影響が考えられると思います。

 

最初の新しいカードを作る件ですが、「信用情報機関」に債務整理をする事で、ある情報が報告される事となります。

この情報を「異動情報」と呼ぶのですが、債務整理 事故情報で詳しく紹介していますので、合わせて確認下さいね。

異動情報は、「事故情報」とも呼ばれていて、債権者が借入審査などを行う際に、必ず確認を取りますので、これらの情報があれば、新規融資(カード発行)は難しいです。

 

次に、今お持ちのカードが使えなくなるという事ですが、これも同じく債権者は融資の途中でも、カードを発行後も「途上与信」と呼んでいるそうですが、適正な借入限度額の見直しやカードの発行基準を満たしているか。

を信用情報で確認をしているとの事です。

そのため、債務整理に関する情報が判明した場合、与信額を下げたり、ストップしたり、クレジットカードの強制退会という事もあり得ます。

いずれにしても、信用情報に登録された事故情報は、大きなデメリットになる可能性があるという事ですね。

 

異動情報はずっと続くの??

ところで、異動情報についてですが、一度登録されると永久に登録されるのか??と言えば、そうゆうものではなく、異動情報は登録日から5年を超えない範囲となっています。

よって、異動情報が付いても、5年間カードの発行やキャッシング、ローン関係の審査も我慢をしていれば、異動情報も消えるので、審査に通る可能性が出てきます。

 

このように、債務整理をしても、一定期間のデメリットを受ける事もありますが、人生をやり直す事は出来ますし、損にはなりません。

もし、今借金に苦しんでいたり、クレジットカードに影響が出ていて、どうにかしたい・・・

と悩んでいるような事があれば、まずは現状を何とか解決する事が、未来に光を灯すために必要な最初のファーストステップです。

 

当サイトでは、債務整理に強い弁護士や司法書士を債務整理 体験談でランキングにまとめていますので、参考にして頂ければと思います。