借金相談を弁護士に依頼した結果、民事再生をする事になった方の体験談

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

借金が増えてしまい、債権者との相談だけでは前に進まない・・・

そんな時の相談先としては公的機関や法テラスのような専門的なセンターもありますが、1番解決までの道筋を付けるのに早いのは、弁護士や司法書士といった、債務整理の専門家に相談する事です。

ここでは、借金相談を弁護士にした結果、民事再生の手続をとり、問題解決の糸口を見つけた方の体験談を紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

 

借金相談を弁護士へ結果民事再生の手続きをした方の体験談

私は中規模の会社のサラリーマンをしており、数年前に結婚をして、収入も安定していたので住宅ローンを2年ほど前に組みました。

ただその後働いている会社の業績が悪化してきたため、仕事で得られる収入が段々少なくなってきました。

その影響で時々金融機関からお金を借りることが増え、ある時期から返済が難しくなるようになりました。

それでこのような問題を解決したいと考えて、以前相談をしたことのある法律事務所まで行きました。

 

その法律事務所は以前交通事故の時に世話になったのですが、今回も同じ弁護士の人に色々な質問をしました。

説明をするとこちらの借金の事情をわかってくれたようで、そのような形の借金ならば対応ができるといわれました。

 

ただ借金への対応をすると色々なペナルティがあるので、そういうことについては理解をしておいたほうがいいともいわれました。

それからどのような形で借金への対応をするのか話し合ったのですが、色々な方法を比べて民事再生が良さそうだということになりました。

 

この借金の整理のやり方だと住宅ローンを残せるので、そういう形で処理ができそうな点が気に入りました。

ただし本当にこの方法ができるのかは不安があり、弁護士の人も確実にうまくいくかはわからないといわれました。

その後相手の金融機関や裁判所などを利用して手続きをしましたが、実際の交渉は弁護士に任せていました。

 

私はどの程度の負担になるのかについては色々意見を言いましたけど、それ以外は基本的に弁護士に頼んでいました。

民事再生の手続きは色々な交渉があって難航しましたが、金融機関側もある程度納得してくれて合意する事ができました。

 

そして今は毎月ある程度の金額を返済することになっていますけど、以前ほど大きな負担ではないので対応はしやすいです。

住宅ローンも継続して利用ができていますから、家から追い出されることもなく平穏に過ごすことができています。

 

会社の方も多少は業績が良くなってきているので、これからは少しは収入が良くなるかもしれません。

民事再生の手続をすることには最初の頃は抵抗がありましたが、実際にやってみるとそれほど大したことはありませんでした。

 

殆どの手続きは弁護士がやってくれましたから、自分がすることが少なかったのでかなり楽でした。

ただ借金を実質的に踏み倒したことになるので、金融機関からの借り入れには制限を受けるとは弁護士にいわれました。

そういう所があるので不便な時もありますが、概ね問題なく借金の問題を整理することができました。

 

民事再生をすれば、概ねの問題を解決出来ます。

ここまで体験談を通してご覧いただいた通り、借金問題は最初に相談するところから解決の糸口が見えます。

何も相談しないで、放置したり、自分ひとりで悩んでいては、先に進む事もありません。

 

特に自己破産や民事再生という方法は、債務整理の中でも大きな力がある手法で、民事再生をする事でまずは根本的な問題解決の糸口を手繰り寄せ、借金を減らす中で物理的な問題解決を図る事が出来ます。

 

金融機関で一時的な融資制限をされる事は、実は大きな問題でも何でもありませんし、時間が解決してくれるので、気にしなくても良いです。

むしろ、その間は借金を増やす事が出来ないので、減らすチャンス!

と思って、取り組まれるのが良いかと思います。

 

借金でお困りの場合、無料相談からはじめるのをオススメします。

当サイトのトップページでは、債務整理に関する情報をまとめ、代理人探しのお手伝いもしていますので、参考にして頂ければと思います。