債務整理 遠方の事務所に受任するより近所で探した方が良いの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理を弁護士や司法書士へ相談する流れとしては、

相談(無料相談もしくは有料で時間制の相談)で、現状を把握する。

料金の見積もり

受任

となりますが、全国の相談受付が出来る事務所や、大量にテレビやラジオでCMを流している事務所というのは、基本的には都心部に事務所を構えている事がほとんどです。

 

いくつか例を挙げて紹介しますと、ラジオCMで債務整理の相談についてCMをよく耳にする「司法書士法人 新宿事務所」さん。

24時間メールやフリーダイヤルでの相談を受付していますが、事務所は東京のみですが、全国に出張相談に出向く事で、全国の案件を受任する事にしています。

 

また、別の事務所では過払い金返還請求の実績日本一の「司法書士 杉山事務所」の場合ですが、事務所は、東京、大阪、広島、名古屋、福岡、岡山、仙台がありますが、それぞれ相談エリアが決まっています。

これらの相談エリアから漏れている場合は、別の事務所へ相談する事になる可能性が高いです。

 

債務整理を遠方の事務所へ相談するメリット・デメリット

債務整理は、相談してから受任までの間、受任後の交渉結果によっては、和解をする場合など書類を作成する事もあります。

また、連絡を取り合う必要がある内容もありますので、相談なしに弁護士や司法書士が一方的に進めていくという事はありません。

その時に、家族に内緒で手続きを進めたい場合、郵送などが送られてくるのは、家族にバレてしまうリスクが高いですし、望むところでは無い可能性もあります。

そのようなケースでは、面倒ではありますけど、事務所まで出向いて内容を確認したり、書類の作成をする事になりますので、遠方の事務所だと、なかなか出向くことが難しくなりますので、オススメは出来ません。

 

逆に、遠方の事務所でも無料出張相談だったり、フリーダイヤルを設けている大きな事務所は、「実績があります」ので、安心して任せる事が出来るメリットが有ります。

知名度が大きい事務所は、消費者金融との交渉も慣れていますので、スムーズに進める事が出来る可能性が高いです。

 

いずれも、一長一短ではありますが、一番大事なことは、「信頼できる事務所を探す」事ですので、あなたに合った事務所を全国の事務所から探す場合であれば、街角法律相談所のような無料診断ツールを使うのが、一番効率の良い方法かと思いますので、有効活用してみて下さい。