友人の借金も債務整理は可能なのでしょうか?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

今まで、貸金業者を前提とした債務整理について、色々な事を書いてきましたが、ここでは例えば友人や親の借金を債務整理する事は可能なのでしょうか??

という、素朴な疑問がありましたので、調べてみました。

 

友人や親から借りた借金はどうすれば??

結論からすると、友人であっても、親であっても借金を債務整理の対象にする事は可能です。

ですが・・・

当たり前の事ですが、わざわざ亀裂の入るような事をするのはどうか??と思うのと、友人や親であれば契約書などを交わしていないのでは無いでしょうか??

そのような借金に対して、債務整理の手続をするのは、とても難しいと思います。

関係を壊したくないのであれば、できれば債務整理に入れるべきではないと、個人的には思いますが、自己破産の場合はそういうわけにはいきません。

 

自己破産では、偏頗弁済は認められない。

自己破産の免責不許可事由の一つに、「偏頗弁済」が認められていませんので、友人や家族の借金であっても、裁判所に届け出する必要があります。

 

偏頗弁済(へんぱべんさい)とは
個人であっても、法人であっても、すべて平等に取り扱われるべきという考えがあり、特定の債権者だけに返済をする行為は認められていません。

この特定の債権者にだけ返済する行為の事を偏頗弁済と呼びます。

 

ただし、偏頗弁済が出来ないのは免責決定を受ける時点での話ですし、無事に免責を受けた後に、友人や親の借金などを自主的に返済する行為という事まで禁止されているわけではありません。

※事前に約束する行為は、「債権者平等の原則」に反する可能性があるので、注意しましょう。

 

それでも、免責で返済義務すら無いのですが、それでも返したいという気持ちまで、裁判所で管理されるものではありませんので、免責決定後に自分自身で判断するのも良いかと思います。