債務整理 元金のみで和解する事はベストなの??

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の中で和解するケースと言えば

  • 特定調停
  • 任意整理

あとは、和解とはちょっと趣旨が違いますが、民事再生があります。

民事再生については、和解というよりも再生計画案を裁判所が作成し、それを債権者に同意させるというもので、多数の同意があれば計画案が認可されます。

よって、債権者の立場からすると、ちょっと弱い立場ですし、何より民事再生では大幅な借金カットがされますので、大きなメリットが得られるかと思います。

 

一方、特定調停や任意整理のケースでは、和解するには債権者が同意する必要があり、同意できるような内容の和解案でなければなりません。

そういった意味では、債権者と債務者が対等な関係にある、もしくは債務者の方が弱い立場にあるとも思われるのですが、そこを補うために弁護士や司法書士が代理人として交渉にあたってくれますので、その点は安心して良いのかなと思います。

 

特定調停や任意整理で和解するとどうなるの?

ところで、この特定調停や任意整理では、和解する事でどのようなメリットがあるのでしょうか??

ここでは、和解できた時に得られるメリットについてまとめていきたいと思います。

 

point 和解すると、将来利息がカットされます。

まず最初に、特定調停や任意整理で債権者との間で和解する事が出来ると、和解以降の将来利息をカットする事が出来、和解金額を分割もしくは一括で返済する事で借金完済となります。

 

point 和解金額は、債権者との間で任意に取り決め出来ます。

この和解金額ですが、現在の借金残高とイコールでなければいけないという事はありませんので、任意で金額を決める事が出来ます。

よって、債権者を口説き落として、金額の減額交渉をする事ができれば、現在の残高よりも借金を減らす事も出来ますので、弁護士や司法書士へいくらまでであれば支払い出来るのか??を伝えておくのも一考です。

※ただし、借金の減額交渉をする際には、弁護士や司法書士によっては「減額交渉に対する10%の報酬を請求(=減額報酬)」がありますので、費用が増える可能性はあります。

 

元金だけの和解は結局のところメリットあるのか??

ここまで和解によるメリットをお話してきましたが、結局のところ元金だけで和解するという事は、メリットが大きいのか??という点ですが、個人的には「最大限のメリットを勝ち取ったとは言えない」と思っています。

過払い金があれば、利息制限法へ引き直し計算すれば自動的に元金が減ってはくるかと思いますが、そうでは無い場合は、なかなか元金を減らしてくれるという事はありません。

 

だからと言って、元金のみの和解を受け入れるのではなく、しっかりと債権者と交渉を粘り強くする事で、少しでも良い条件の和解を勝ち取る事は、その後の返済にも影響する事です。

大変な交渉になるかも知れませんが、無駄にはなりませんので、是非勝ち取って頂きたいと思います。