債務整理をする時、費用の平均や相場はどれくらいなの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の際に、自分一人では手続きするのが面倒だったり、法律の事もあるので慣れない事も多いし、不安も多いので、専門家に任せようと思う方も多くいます。

ただし、専門家といってもボランティアではありませんので、手続き代行の費用をそれなりに用意しておく必要がありますので、どれくらい費用がかかるのだろう??と思う方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

 

ここでは、専門家へ相談する時にかかる費用と、実際に債務整理をする時にかかる費用をそれぞれ分けてまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。

 

一般的な専門家へ依頼する際の費用平均相場はいくら??

まず、債務整理の手続きを代理人として処理できるのは、弁護士と認定司法書士(司法書士の中でも認められた人のみ)のみですが、費用平均相場はどれくらいでしょうか?

という点からですが、債務整理の方向性によっても変わってきますので、それぞれの債務整理方法に分けて費用の平均相場をまとめました。

任意整理 費用相場は、債権数によっても変動がありますが、平均30万円前後
自己破産 費用相場は、平均50万円~60万円程度
民事再生 費用相場は、平均50万円前後
過払い金返還請求 費用相場は、平均30万円~40万円前後+返還金額の20%(訴訟の場合は25%)程度

それぞれの手続きによって、代理人費用は変わってきますが、上記の中には、事務手数料が含まれていないものや、その他の雑費などが加わってくる事があります。

また、借金を減額(今の借金額からどれだけ減らす事が出来たか?)する事に対しても「減額報酬」という形で請求される事もありますので、任意整理、特定調停、過払い金請求については注意しましょう。

 

実際にかかる必要経費(実費)はいくら??

次に、実際にかかる実費について、民事再生と自己破産をまとめましたので、参考にして下さい。

民事再生 ・収入印紙代 申立書に1万円分
・予納郵券(郵便切手)代 4,000円~8,000円前後
(裁判所によって違います。)
・予納金 個人再生委員が選任されるかどうかで金額に差が出ます。(裁判所ごとに違いますので、確認が必要です。)
例えば、東京地方裁判所の場合は、官報広告費用の予納金11,928円、15万円の予納金を分割で個人再生委員の口座へ振り込みが必要です。
自己破産 ・収入印紙代 申立時に15,000円(東京地裁の場合)
(裁判所によって違います。)
・予納郵便券(郵便切手) 8,000円~20,000円程度必要
(裁判所によって違います。)
・予納金 破産管財人を付けるかどうかで金額に差が出ます。

債務整理によって、借金問題を解決できるチャンスと手に入れる事が出来るのですが、自分一人で手続きを取っていこうとするのは、何かと大変な事も多いです。

その点に留意し、多くの方が代理人を付けて、手続きを取るのが一般的にもなってきています。

 

最初は、無料相談の機会を上手く活かしながら、費用相場を探っていくためにも、当サイトでも債務整理 評判の方で、口コミや実績に優れた事務所探しのポイントなどをまとめていますので、参考にして頂きたいと思います。