独立に失敗 借金だけが残ってしまい債務整理へ

独立に失敗した時、借金が残ってしまい、結果的に債務整理で解決した方の体験談を頂きました。

債務整理が有効かどうかについて、確認頂ければと思います。

借金をし始めたきっかけは?

整体師として独立し、自営業で数年勤めてきたのですが、経営がどんどん悪化していく中で借金をするようになりました。

さらに、プライベートでも、父親が一人では生活が出来ないので、施設へ入所させる事になり、費用を捻出するために、本格的に借金を繰り返すようになりました。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

最初のうちは返済もできていたのですが、徐々にしんどくなってきて、自己破産しか無いかも知れない・・・

と思っている時に、テレビCMで債務整理の相談を知り、そこをきっかけに相談する事にしました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

結局は任意整理を選択する事にしたのですが、お店の売上が上がったわけではないので、返済額を極力少なくして欲しい・・・

というのが、自分の要望だったので、返済回数をMAX60回(5年)であれば、交渉が出来るという事なので、その方向でお願いしました。

オリコ50万、エポス60万、三菱東京UFJニコス150万円あり、返済額は月々8.2万円でしたが、毎月の返済を半分の4.3万円まで下げてもらう事に成功しました。

自営業なので、イメージもあるだろうし、自己破産だけは避けたいと思っていたので、この選択はとても助かりました。

独立で失敗し、大きな負債を抱えた時

個人事業主の場合だと、借金の整理は個人の方と大きな違いがありませんが、もし会社(株式会社)などを設立し、独立した場合、会社更生といった民事再生を必要とする場合があります。

ここまで来ると、自分一人の力では何も出来ませんので、弁護士など専門家の相談、手を借りる事になります。

 

独立で失敗しても、再出発が出来るのが債務整理の利点です。

失敗すれば、取り返せば良いだけですし、借金だけで人生を棒に振るような事にならないように、しっかりと向き合って、早期解決を目指しましょう。