債務整理で和解するのか、それとも消滅時効を待つのか、どっちが良い?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理で和解するのは、借金問題を早期に解決するために、より良い選択肢の一つにはなると思いますが、もう一つの選択肢に、「消滅時効」というものがあります。

ここでは、消滅時効とは何??という事から、消滅時効を援用する方が債務整理するよりもメリットがあるのか??という点を確認したいと思います。

 

消滅時効とは

まず最初に消滅時効についてですが、最終弁済日を起点にして、5年間放置している時に、時効を迎えて借金そのものが無かったとするものになります。

時効となるのは、個人の借金ではなく金融会社から借入したものに限られますが、ほぼ悩まされている借金というのは、金融会社からのものだと思いますので、この点は問題無いかと思います。

 

余談ですが、ヤミ金に関しては、そもそもが貸金業法違反という事で、元金も利息も支払い義務がありませんので、時効も関係がありません。

(ただし、ヤミ金の場合は執拗な取り立て、強引な取り立てを行ってくるので、簡単に問題解決出来ないのが現実なので、専門家へ相談するのがベストな選択になります。)

 

時効は援用して始めて効果を発揮

先ほど、最終弁済日より5年を経過で時効と言いましたが、時効を迎えるのに日数だけ経過すれば良いというものではなく、消滅時効を迎えた事を相手方に通知して、はじめて時効の援用となります。

 

また、途中で時効の援用を中断するような行為があった場合は、時効の進行がストップしたり、5年から10年へ延長されたりする事があります。
この事を「時効中断事由」と呼び、以下のような事があると時効の中断となります。

  • 裁判上の請求を受ける(支払督促の申し立て、和解や朝廷の申し立て)ケース。
  • 催告を受けるケース ※ただし、催告後6ヶ月以内に訴訟や支払い督促などの裁判上の請求が必要。
  • 差押えや仮差押え、仮処分
  • 債務者が債務を承認する(支払いする事は承認と同じ意味です。)

このように、時効を迎えるというのは、なかなか簡単な事では無いですし、債権者も黙って時効を迎えるというような事は、なかなか考えにくいものです。

それでも、長期間に渡り入金をしてこなかった場合は、消滅時効にかかる可能性があるかも??という点を少しは頭に置いておくのも良いかもしれません。

 

債務整理と時効の援用、どちらが有利??

結局のところ、債務整理するのと時効の援用どちらの方が良いか??という点ですが、一概には比較出来ないのが、今までの内容でもお分かり頂けると思います。

人それぞれの債務状況や債権者との関わりによっても違いますし、安易な時効狙いで時効の中断で5年から10年になってしまった場合、長い期間に渡って、借金問題と付き合っていかなければいけないので、債務整理でスッキリさせた方が得策。

というケースもあるかと思います。

 

時効は、特段の事情がある場合に限った方が良い

以上の事から、当サイトでは消滅時効の援用狙いは、特段の事情がある場合に限った方が良いのでは??という思いがあります。

弁護士や司法書士も、時効狙いの作戦を立てる事はまずありませんし、債務整理で早期解決を提案するところも多いのが実情です。

法律のプロの目から見ても、早期解決があなたにとっての一番だという事を理解頂ければと思います。