債務整理は住宅ローン返済中に影響を与えるの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理は、住宅ローンやオートローンがあると手続きが出来ないのでしょうか?また、住宅ローンなどを返済中に何か影響があるのか??

住宅ローンを組んでいる方、必見の情報をまとめました。

 

住宅ローンやオートローンがあっても債務整理は可能

まず最初に、住宅ローンやオートローンがあっても、債務整理の手続は可能です。

債務整理には、自己破産、民事再生、特定調停、任意整理の手続きがありますが、どれも手続きを取る事は出来ますし、借金を返す事が出来ます。

 

ただし、注意したいのが、自己破産をする時は、住宅ローンやオートローンへの影響があり、ローンも一緒に破産手続きをしてしまう事になりますし、そのため持ち家や自家用車を失う事になります。

 

しかも、自己破産の場合の持ち家は、「競売」にかけられ、債権者に分配されるのですが、競売の価格は市場価格の5~7割程度が相場なので、安く買い叩かれてしまう事もあるかも知れません。

それであれば、例えば任意売却という方法で、市場価格に近い金額で買い取ってもらうという方法があったりしますので、検討の価値はあると思います。

(任意売却については、債務整理と任意売却何が違うの??でまとめていますので、参考にして下さい。)

 

リースバックという方法もあり!
不動産業者に一旦売却し、その後リースをしてもらいながら、将来買い戻しをする契約をする方法を、リースバックと呼びます。

もし、持ち家を手放したくないけど、自己破産以外の道が無いという場合であれば、早めに動いてリースバックを検討するのも一つかも知れません。

 

もし、自分の資産を失いたくないという場合は、民事再生での手続きが可能かを検討する必要があるかと思います。

民事再生では、「住宅資金特別条項」を適用する事で、住宅ローンの債権者の同意を得なくても、返済期間を延長する事も出来ます。

 

任意整理や特定調停は、住宅ローン返済中に影響を与えるの?

最後になりますが、住宅ローンを返済中に任意整理や特定調停の手続をした場合ですが、きちんとローン返済が滞りなければ、問題になる事はありません。

信用情報にブラック情報が出ても、新たなローンを組む時に不利になるだけで、現時点でローンを支払い継続出来ているものについては、何も影響出ませんので、借金問題を解決する事に集中しましょう。