債務整理後に未払い(支払い延滞)が起きるとデメリットはあるの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停という方法がありますが、この中で免責決定を受ければ自己破産をした債務は返済義務がありません。

しかし、他の3つについては再生計画や和解内容に基づいて、返済義務があります。

もちろんの事ですが、返済義務を履行しなければペナルティを課されるので、安易に未払いをしたり、支払いを延滞したりする事は許されません。

では、未払いしたり、返済期日を遅れたりすると、どんなデメリットがあるのか?について、ここでは回答していきたいと思います。

 

期限の利益を喪失すると和解内容は白紙に

まず最初に、再生計画や和解書の中には、履行義務に違反した場合にどうなるのか?という一文が書かれているのが「期限の利益の喪失」に関する条項です。

期限の利益とは、平たく言えば

「和解の内容どおり、約束を守れば督促されたり、一括請求されたり、債務者に与えられた利益を害する事はありませんよ」

というものです。

 

この債務者に与えられた利益というのが、

  • 期限を過ぎない限り、督促行為を受ける事は無い。
  • 契約違反がないかぎりは、一括で請求されたり、訴訟などを起こされる事は無い。

という内容です。

 

つまり、契約で定められた条項(毎月の返済額、返済日など)を守られていない場合は、一括で返済を請求されたり、特定調停の和解調書や再生計画書といった債務名義をもって強制執行の準備をする事も可能という事になります。
※任意整理の和解書は、債務名義とはならないので、期限の利益を喪失しても、即強制執行という事にはなりません。

さらに、その場合に和解で追加の利息を請求されなかったものが、遅延損害金という事で年利20.00%を付けて返済せよという形になったりする事もあります。

 

とは言え、一度遅れたら即刻期限の利益を喪失・・

という事はなく、多くの喪失条項に書かれている内容では「二回連続で返済期日に遅れた場合、もしくは二回分の返済額を下回った場合」に期限の利益を喪失する事が書かれています。

 

こうなると、毎月の返済が苦しい状況の上に、元金返済が進まないという事で借金返済が滞る・・・

となりかねませんので、債務整理後に未払いをする事は、せっかくの債務整理の効果を半減してしまう事になりますので、オススメ出来ません。

 

上記の通り、債務整理後に未払いをしたり、支払い期日に遅れると、期限の利益を喪失し、結果的に返済を継続するのが難しくなってしまいます。

場合によっては、気力も失い、返済意欲がなくなる事で、さらに利息が膨らんで返済できなくなってしまうという事も在りえますので・・・

そうならないために、債務整理後に未払いしないような和解内容、再生計画を立てるように、債務整理を行う時にしっかりと交渉するようにしましょう。

 

もし、ご自身で相談が難しい場合は、当サイトで債務整理に強い相談先をまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

→ 債務整理 おすすめランキング