モビットに対して債務整理の手続きを取られた方の体験談を紹介

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の手続きをモビットに対して取られた方の体験談を紹介します。

他の消費者金融会社とは違い、モビットではいわゆる過払い金返還請求となるような利率での契約はしていなかったので、債務整理を考える場合は、任意整理、自己破産、民事再生のいずれかになりますが、すべて自分の手で手続きをするというよりは、プロの手に任せるのが一番でしょう。

そのためにも、ここでは、債務整理の体験談を通して、債務整理の有効性を知って頂くきっかけにして頂きたいと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代男性 モビットを債務整理

point モビットの債務を含む債務整理を検討する場合

モビットは三井住友銀行グループではありますが、純然たる貸金業者です。

貸金業法が改正される以前から、他の貸金容赦と比べた時にかなり低金利の印象が持たれていましたが、それも三井住友銀行の配下にあるということで、潤沢な資金があったということが大きいでしょう。

現在も申し込みから審査、そして契約に至るまでweb完結できるといった、利用者に利便性の高いサービスで人気となっています。

 

債務整理をする際には、上限金利が改正される以前の借金については、過払い金返還請求なども踏まえて検討しますが、低金利でモビットを利用していた場合、返還される金額の期待値は低くなります。

場合によっては、過払い金が全く生じていないということもあるでしょう。

また、利用者に利便性を提供するために、回収リスクを極力軽減させる必要があり、回収リスクが生じた契約についての対応が早い傾向にあります。

 

それでも、裁判所に持ち込まれることも多く、任意で和解するよりも、債務者にとっては少々不利な状況で和解が行われることもしばしばです。

モビットからの借金も含めて債務整理を検討する時には、弁護士や行政書士といった専門家を代理人として話し合いを進める方が、自分にとってプラスが大きいと言われています。

 

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

モビットの借金を債務整理したい方、その他の借入先があり多重債務でしんどいという場合でも、まずは匿名相談から始めましょう!

 

モビット 会社情報

商号 株式会社モビット
本社 〒160-0023 東京都新宿区西新宿2丁目4−1 新宿NSビル
登録番号 関東財務局長(6)第01239号
貸金業協会員 第002980号
貸付条件 【融資限度額】 800万円まで

【貸付金利】 3.0%~18.0%(実質年率)

モビット 債務整理 連絡先

モビットを債務整理するケースでは、連絡先はコールセンターへ確認するのが無難かと思います。

連絡を入れるケースと言っても、取引開示請求や受任通知の発送先を確認するくらいだと思いますが、これらの情報程度であれば、弁護士や司法書士へ確認すれば知っていますので、問題無いでしょう。