債務整理すると引っ越しできないって本当??

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停がありますが、それぞれの手続で借金問題を解決できるきっかけを得られるメリットはありますが、メリットもあればデメリットも当然に出てきます。

その一つに、「信用情報機関に事故情報(=異動情報)が報告される」というデメリットがあり、クレジットカード、キャッシング、カードローン、各種住宅ローンの審査に影響が出る事があります。

(=多くのケースでは、新たなカードを作ったり、新規融資を受けるのが難しくなると思われます。)

 

また、今持っているクレジットカードも更新タイミングで使えなくなるという事もありますので、そう考えると、少なからずとも、債務整理のデメリットで私生活にも影響が出ます。

では、債務整理をするとマンションやアパートの賃貸契約に影響が出るの?また引っ越しをするのに制限があったりするの??という点について、ここではまとめていきたいと思います。

 

マンションやアパートの賃貸契約への影響

まず、結論から言いますと、マンションやアパートの賃貸契約の際に行われる入居審査で、信用情報機関への照会は行われません。

信用情報機関への照会が出来るのは、機関へ登録している業者のみですし、不動産会社や仲介業者が登録している事はありません。

 

住宅ローンのケースでは、不動産会社が融資審査を行っているのではなく、融資を行う銀行などの金融機関が審査を行っているので、信用情報を照会しているのは、金融機関が行っているという事になります。

 

よって、不動産会社や仲介業者は信用情報機関へ加盟する理由も無いですので、入居審査に債務整理が影響を与える事は少ないと思われます。

 

家賃保証会社が入ってきた時にはご用心!

ただし、賃貸物件に多い「家賃保証会社」に加入する事を前提とした賃貸契約の場合ですが、その場合は入居審査で信用情報を取得される可能性が高いです。

家賃保証会社というのは、信販会社が営業しているところも多いですので、信用情報機関にも加入しています。

そのため、入居審査の際に、信用情報を取得されれば、債務整理をした事もわかりますので、審査に通らない可能性もあります。

 

債務整理中は勝手に引越しするのはダメなの??

次に、債務整理中の行動ですが、引越ししたり職業に自由に就く事が出来ないなどのデメリットは無いのか??という点ですが、私生活の自由を奪う事は原則的にはありません。

ただし、自己破産の免責決定がされるまでの間、居住地の変更だったり、一部の職種に就くことへの制限が行われる事があります。

(=資格制限については、債務整理 官報で詳しく書いていますので、一緒に確認して下さい。)

 

上記の資格制限以外は、何も自由を侵される事もありませんし、貯金を始めたり、外食に出掛けたりするのも今までと何も変わりませんので、安心頂けると思います。