債務整理 ノーローンで手続きを取られた方の体験談を紹介

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

ノーローンと言えば、新生銀行グループの消費者金融会社で、「なんどでも1週間無利息」でもお馴染みですが、今回は、ノーローンに対して、債務整理の手続きを取られた方の体験談を紹介したいと思います。

体験談を通して、債務整理の必要性などを考えて頂く、きっかけにして頂ければと思います。

債務整理の体験談を教えて下さい。
40代男性 ノーローンを債務整理

point ノーローンの借金を含む債務整理を検討する際には

今では大手の貸金業者が行っている「最初の一カ月は無金利」というサービスは、ノーローンが開発し、最初に提供したものでした。

関西を中心に事業を展開し、無人契約機なども多く設置していました。

 

しかしグレーゾーン金利の撤廃や過払い金返還請求の過熱化の中で、店舗業務や無人契約機、提携ATMに関しては縮小傾向にあります。

東京へ本店を移した後は、東日本を中心として全国展開しています。

 

2009年に新生銀行グループとなり、2010年に新生フィナンシャル株式会社の完全子会社になっていて、堅実な営業を行い、安定している消費者金融業者の一つです。

 

債務整理に対しての対応もスピーディーですが、過払い金返還請求については、若干難航する傾向にあります。

債務整理では過払い金返還請求やグレーゾーン金利の部分を引き直し計算することで、残債を圧縮するなども方法としてあげられます。

 

ノーローンも対応しますが、任意での和解であれば生じている過払い金の2割から4割程度を提示することが多く、訴訟提起にまで持ち込まないと8割すら応じない傾向にあります。

弁護士や司法書士などの専門家に代理人となってもらい、じっくりと構えていた方が良い結果が得られているようです。

過払い金返還請求の和解について

 

過払い金返還請求は、貸金業者からすると、とても大きな痛手ですので、少しでも返還額を抑えたいという意向が、どこの会社でもあります。

返還額の圧迫は、経営の圧迫にも繋がりますし、貸金業者の担当者は、少しでも和解額を抑えようと、返還請求予定額の5割前後で和解出来ないか??と持ちかけてきます。

 

ここで和解をしてしまうと、今後請求する事は出来ませんので、過払い金をきちんと返還請求をやりきりたいという方は、過払い金返還請求に強い事務所を選ぶことが一番です。

当サイトで、オススメしたいのは、過払い金返還請求の実績なら日本一である杉山事務所さんです。

債務者の意向に沿って手続きをしてくれますので、とても頼りになる事務所ですので、是非相談してみて下さいね。

商号 シンキ株式会社
本社 東京都千代田区外神田三丁目12番8号
登録番号 関東財務局長(11)第01188号
貸金業協会員 日本貸金業協会会員 第002762号
貸付条件 【融資限度額】 300万円

【貸付金利】 実質年率 4.9%~18.0%