パチンコ依存症で借金 債務整理で危機脱出

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

借金などの金銭トラブルは、様々な理由で生まれる事がありますが、ギャンブル依存症(パチンコ、競馬、競艇、麻雀など)、投資(株、FX、先物投資など)などに起因するケースも多いです。

最近では、芸能界でも激震が走っていますが、清原和博元プロ野球選手の覚せい剤所持、使用の疑いや暴力団との関係も取り沙汰されてはいますが・・・

パチンコ依存症、ギャンブル依存症、薬物依存症、すべての依存症に同じことが言えるのは、「簡単に解決出来る問題では無い」という事です。

 

お金の問題は債務整理をはじめとする金銭トラブルの解決方法が様々ありますので、問題にはならないと思うのですが、それよりも大きな問題は、「依存状態を抜けだせず、問題を繰り返してしまう」という点だと思います。

依存状態を克服する事は、容易な事ではありませんし、お金のトラブルを解決すると同時に、依存状態をカウンセリングなどによって更生していく必要がありますので、とても難しいです。

 

依存状態を克服するためには??

今回、清原和博さんの報道で、薬物依存の危険性に関する報道を多数見かける中で、依存症を克服するのはとても難しいという話をしていました。

解説によると、過去に薬物を使用した時に目に見えていたもの、聞こえていた音楽、感覚を体(神経伝達物質)が憶えている事で、それらを認知した時(見たり、触れたり、感じた時)に、その時の記憶が蘇ってきて、使用したくなる事で、依存状態を繰り返すという事です。

 

例えば、薬物使用に使っていたミネラルウォーターをコンビニで見かけただけで、過去の記憶が蘇ってしまう、中毒性が高いといった感じで、パチンコにしても、ギャンブルにしても、見たり、音を聞いたりしただけで、感覚を思い出してしまい、繰り返してしまう事もあり得ます。

 

依存症を克服するのは、この神経伝達物質が思い出す記憶をすり替えるという事をしていく必要があるようで、更生施設などでは、外部と遮断する事で、強制的に思い出せないようにする事になります。

 

それでも、依存状態から抜け出すのは簡単な事ではなく、繰り返してしまう事も多いですし、借金も繰り返してしまう事もよくある話です。

また、その時は一般的な金融業者を使えない事もあり、ヤミ金など高金利でお金を借りてしまい、問題が難しくなってしまう事もあります。

そのような事にならないためにも、しっかりとしたカウンセリング、そして強い精神力を持って、依存状態から脱出する事を、自分自身が決意する、強い意思が必要です。