借金返済にコツがあるとすれば何から始めますか?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

借金返済にコツがあるとすれば、何をすれば良いのでしょうか?

借金と一言に言っても、借金の金額だったり、借入件数だったり、人それぞれ違うところも多いですの、必ずしも一致するわけではありませんが、まずはそれぞれの方法から紹介したいと思います。

 

借金返済額をコントロールして借金を返済する

まず最初に、借金返済額をコントロールして、借金返済を続ける方法です。

毎月の借金返済の金額はもちろんの事、その「内訳」にも注目して頂き、利息はいくらほどか?元金はどれだけ減っているか?を確認しましょう。

 

もし、元金返済が進んでいなかったり、5割を超える利息を支払いしている場合は、借金返済が進みにくい状況だと思いますので、根本的に変えていく必要がありますので、以下のコツを参考にして下さい。

 

利息負担を軽減するために、金融業者と交渉しよう!

利息負担を軽減するために出来る最初のステップは、「金融業者と直接交渉」です。

今の窮状を説明し、今の契約条件が続くと、返済できなくなるという事を、感情的な部分だけでなく、データなどを合わせて説明するのも良いかと思います。

 

データと聞くと、難しく感じますが、簡単に言えば、収入証明書を持参したり、家計簿を持参すると良いかと思います。

それらの情報をもとに、金融業者と一緒に適正な返済計画を立てる事が出来れば、最初の一歩としては上出来だと思います。

 

借り換え提案を受けられる場合はどうする?

では、借り換えの提案を受けられる場合はどうなの??という事ですが、契約条件が今以上に良くなるのであれば、借り換えの提案を受けるのはありだと思います。

借り換えは、一社におまとめするケースがほとんどですし、複数社に返済のために来店する時間が勿体無いですし、返済額の管理もしやすいので、オススメです。

ただし、繰り返しになりますが、「元金の減らない借り換えではメリットは無い」ので、しっかりと金融業者と返済計画を立て、納得できる内容でなければ、次のステップを考える方が良いでしょう。

 

債務整理で一気に借金問題の解決を

金融業者と交渉するも、より良い提案がない、提案内容では返済を続ける自信が無い・・・

という場合は、もはや自分自身での交渉は難しい状況であると認識すると良いかと思いますので、その時は、借金問題を第三者の力を借りて解決するのがオススメです。

この方法を「債務整理」と呼ぶのですが、債務整理には4つの方法があり、

  1. 自己破産
  2. 民事再生
  3. 特定調停
  4. 任意整理

がありますので、それぞれどの方法が良いのか?については、代理人契約を結んで弁護士や司法書士と一緒に考えていくのが、ベストな選択です。

その時に、どこに相談すれば良いか?どんな事をポイントに相談先を決めれば良いか??という点については、トップページの債務整理の体験談を活かすためにを参考にして頂きたいと思います。