債務整理をするとpitapaは使えなくなるって本当??

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

スルッとKANSAIが運営するICカード「Pitapa(ピタパ)」ですが、債務整理の手続きを取ると、利用はストップしてしまうのか?それとも、ICカードには影響が出ないのか?

使っている方からすると、死活問題だと思いますので、ここで体験談と合わせて紹介したいと思います。

PITAPAの会員規約を確認

基本的に、SuicaやPitapaのようなICカードは、電子マネーカードと一緒で、現金をチャージして使用するものが多いですし、そのような使い方の部分については、使用停止する事は無いと思われますが、規約には下記の通り記載があります。

会員資格の取り消し

スルッとは、会員が次のいずれかに該当した場合、その他スルッとにおいて会員として不適格と認めた場合は、通知・催告等をせずに会員資格を取消すことができるものとします。

この中で、

仮差押、差押、競売の申請、破産もしくは再生手続開始の申立等の法的な債務整理手続の申立があったとき

Pitapa倶楽部 会員規約より引用

とも書かれている事から、債務整理をする事で、少なからず影響が出るという事は、理解しておきましょう。

しかし、利便性だけを気にして借金問題を先送りにする事は、大きな問題を先送りにしてしまうだけでなく、将来の不安が残されたままになりますので、一気に問題解決を図るためには、債務整理という方法がオススメです。

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代男性 Pitapa利用者

point 債務整理をするとpitapaが使用停止になるのか??

pitapaは交通機関の支払いと連動し、後払いシステムを可能としているカードです。

ショッピングなどにも使えるようになっていますので、分類はクレジットカードになります。

 

債務整理をすると、新たなクレジットカード審査が通りにくくなるというのは周知のことですが、現在持っているクレジットカードが使用停止になる、もしくは契約解除となるか否かは、債務整理の方法やクレジットカード会社の方針によってかわります。

 

自己破産や個人再生となれば、それも整理する債務に含めねばなりません。

その時に所有しているクレジットカードも使えなくなりますし、その後も新たに作ることは困難な状況です。

 

ただし任意整理や特定調停といった、払い方変更や条件変更で完済を目指す債務整理の場合、どの債務を対象とするかも任意です。

クレジットカードは使い続けたいので、整理に含めないということも可能ですので、それによって契約がそのまま続投できることも期待薄ではありません。

 

とはいえ、カード会社は途上与信を行っています。

債務整理を行ったのではないかということは信用情報上わかりますので、それによって信用枠の縮小などを行ってくる可能性もないとは言えないものです。

そういったことにも柔軟であると言われるpitapaですが、今後どのような対応を行うのかの方針は、他者から判断することはできません。

 

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。