プロミス 返済に遅れ 電話や手紙での督促から一括請求へ

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

プロミスの返済(延滞、滞納)に遅れが出てくると、電話やメール、手紙での督促が始まります。

次第に一括請求のため支払い督促に向けて催告書がきたり、裁判所からの通知が届きます。

 

このまま放置していると、裁判で敗訴となり、債務名義を持って強制執行をされるケースもありますので、要注意です。

ここでは、その前に債務整理の手続きに踏み切った方の体験談を紹介したいと思います。

 

借金をし始めたきっかけは?

妻も共働きの時は、家計も余裕があったし、お小遣いももらえていたのですが、子どもが生まれてからは、小遣いが減らされて、月々3万円でやりくりする事になりました。

足りない分を補填するのに。最初は借入を初めてしまったのですが、最初は消費者金融でも大手のプロミスを利用しました。

利用したきっかけは、無人契約機の前を通りかかった時に、軽い気持ちで立ち寄ったものでした。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

プロミスでは結局100万円ほど借入した時、限度額いつぱいとなったので、同時に他の金融会社からも融資を受けるようになり、次第に利息の返済、そして返済をするための借入という事になっていき、悪循環にハマってしまいました。

それから、プロミスを延滞し、滞納が6ヶ月以上続いた後、電話やメール、手紙だけでなく、催告書と呼ばれる支払い督促の準備をしている旨が書かれた文章も届くようになりました。

このままではまずいと思いましたし、給料の差し押さえになると、妻にもバレたり、家計にも影響が出るので、それだけは避けたい一心で、弁護士へ相談する事を決めました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

妻には内緒で借金整理をしようと、小遣いの3万円で返済出来るようにと考えていましたが、プロミス100万、アイフル30万あり、任意整理の場合では月々を3.3万の返済を2.6万円にするのが限界でした。

これが出来なければ、和解出来ないという事で、一括請求の対象になってしまうので、条件を飲むためには、妻にも相談して、家族として借金問題を解決しないといけないと思っていました。

 

しかし、妻には不審な電話だったり、手紙が届いて事、自分が元気が無い事から、薄々は察知していたようで、生活費の中から、節約して返済に協力する事を約束してくれましたので、本当に助かりました。

時にはカミングアウトする事で、家族の絆を取り戻す

任意整理は、家族に内緒で出来る債務整理として、人気のある方法ではありますが、一方で家族にカミングアウト出来るタイミングを逸してしまう可能性もあります。

借金は一人で解決出来ない問題もありますし、時には家族と協力しながら手続きを進める事も大事だと思いますので、家族の絆を深めるチャンスになる事もあります。

このあたり、冷静に考え、弁護士さんとも相談頂ける機会にするのも一考かなと、体験談を読んで感じました。

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

あなたの近隣で相談可能な事務所を匿名、無料で探す事が出来ますので、とても便利です。