楽天カードの審査に影響?債務整理が原因なの??

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

楽天カードの審査を受けたところ、審査に通らない・・・

もしかして、これは債務整理の影響が出てるの??と気にしていた方の体験談を紹介したいと思います。

また、債務整理によって考えられるデメリットについても、ここでまとめたいと思います。

債務整理の体験談を教えて下さい。
40代男性 楽天カードを債務整理

楽天カードの審査を受ける前に債務整理を

楽天カードは、他のクレジット会社よりも審査基準が低めの設定といわれています。

18歳以上であれば、学生でも主婦でも年金などを受給している人でも対象に入りますし、また、アルバイトやパートでの低収入でも毎月の収入が不安定の人でも通ると言われています。

 
しかし、ここで注意しないといけないことが他のクレジット会社でも共通していえることですが、信用情報機関に依頼して大丈夫かどうかを調査するので、クレジットカードを何枚ももっていることや、過去に支払いが遅れてないかなどそういう情報がある場合、審査が通らない可能性があります。

クレジットカードにはキャッシンサービスがついていることが多く、その分借金をできるわけなのでローンでもそうですが、使わないカードを解約して枚数を減らすことをおすすめします。

 

また、借金をしていた場合などの債務整理もしっかりすることをおすすめします。

基本債務整理をしてから5年はクレジットの審査には通らないと言われていますので何事も早めに解決しておいたほうがいいと言えます。

 
審査基準が低い楽天カードでも最低ラインの基準があるのでこれらを最低限クリアしてから申し込んだほうがいいと言えます。

基本誰でも発行してくれ、ポイントも比較的溜まりやすい楽天カードはおすすめできるクレジットカードです。

債務整理はクレジットカード審査にも影響があります。

楽天カードをはじめ、クレジットカードの審査には、「信用情報」を必ず確認する事になりますので、過去に債務整理をしていれば、審査に通りにくい可能性もあります。

もし、これから楽天カードの審査などを申し込みしようと思っている場合は、

  • 過去に債務整理が無い事。
  • 直近でカードの延滞が無い事。

は、最低でもクリアしておきたいところでしょう。