連帯保証人となり支払いできずに延滞した結果、民事再生をする事に

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

私の知人が、5年前に投資用マンションを購入しました。

知人は、自宅用の分譲マンションを購入して、住宅ローンも借りていましたが、投資のメリットを力説して投資用マンションの購入に踏み切りました。

 

もちろん、投資用ローンを組んで購入したのです。しかも東京在住にもかかわらず、わざわざ北海道札幌市の物件を購入しました。

知人は、札幌市の投資用マンションの場合は利回りが高くなるため、投資用ローンで購入金額の全額をまかなったとしても、賃料収入でローンを返済できるので、ただで資産を手に入れることができるのと同じと楽観的に言っていました。

 

ところが、知人のシナリオ通りにはなりませんでした。知人が投資用マンションを購入してから1年後に、借主の住人が賃料を延滞するようになったらしいのです。

知人が購入したマンションは3000万円で、賃料は月額20万円となっていました。この賃料が延滞されたのですから大変です。

 

知人の場合は、借主と賃貸借契約を締結するときに、保証会社の利用を義務付けていなかったため、借主が延滞した場合は連帯保証人に請求することになります。

ここから、知人は大変な思いをしました。毎日のように借主の携帯電話に、家賃を振り込むよう連絡を入れましたが、次第に電話に出てもらえなくなったのです。

そして、2か月目も3か月目も家賃を振り込んでもらえませんでした。

 

しかし、知人は投資用ローンを返済し続けなければなりませんし、毎月投資用マンションの管理費と修繕積立金もマンションの管理組合に支払わなければなりません。

知人は連帯保証人となっている借主の父親にも電話で連絡し、家賃を振り込んでくれるよう依頼しましたが「そんなことは息子の責任だ」の一点張りで、相手にもならなかったそうです。

このような状況が続き、知人は弁護士に相談し、借主に対して建物明け渡しを求める裁判を起こすことにしました。

 

まずは内容証明郵便を送付して家賃の支払いを求め、反応がなかったため、裁判所に訴訟を提起したのです。そして借主は裁判に出廷しないまま裁判は進行し、知人の訴えを認める判決が下りました。

結果的には、明け渡しの強制執行の数日前に、やっと借主は退去していきましたが、その借主は8ヶ月分も家賃を滞納したままでした。

しかも室内はかなり汚れており、大掛かりなハウスクリーニングが必要であり、壁のクロスの張り替えなども必要な状態だったそうです。

 

こうした状況下で、今度は知人自身の資金繰りが厳しい状況となっていました。知人は毎月、自分の住宅ローンと投資用マンションのローンを返済しなければなりませんが、その資金繰りが厳しくなってしまったのです。

知人は東京弁護士会の紹介で、弁護士に相談をしました。

そして、裁判所に個人再生の住宅ローン特則を利用した申し立てをすることになりました。

 

とりあえず不動産を2件所有しているので、自宅用のマンションのローンの支払い期限を延長したり、当面の返済金額を減額してもらえば、当面の資金繰り危機を乗り越えられると判断したようでした。

知人は、弁護士とともに申立書や収入一覧や債権者一覧表を作成し、裁判所に提出しました。

 

銀行側は債権額を減額するわけではないので、異議を申し立てることなく、個人再生計画は承認され、住宅ローンの支払い期限は70歳まで延長され、当面の返済金額は毎月3万円へ減額されました。

これ以降、知人は投資用マンションの方も新たな借主が見つかり、資金繰りが軌道に乗って、いまは安定した日々を過ごしています。

司法によって、債務の返済に柔軟な対応をしてもらえることは、大変ありがたいことだと思った次第です。

 

tokushu-01red 民事再生についての体験談です。

債務整理については、債務整理の評判トップページを参考にして頂ければと思います。