リボ払いは実は危ない??自己破産した方の体験談を紹介

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

クレジットカードは、限度額があるとは言え、キャッシングと違って、どれくらい使ったのか??と把握するのが難しく、リボ払いになった場合は、月々の返済余力を超えてしまう事も度々あります。

ここでは、自己破産をした方の体験談を紹介しますので、リボ払いにするケースでも、またキャッシングやカードローンを使う際にも、月々の返済余力に無理のない範囲で利用をしているかどうかを、しっかりとチェックするようにしましょう。

 

リボ払いで返済不能に、自己破産をしたAさんの体験談

クレジットカードの怖さ。

私は現在28歳の専業主婦です。私は二年前の26歳の時に自己破産しました。

最初に借金をしたのは、短大生の時です。田舎から都会に出て一人暮らしを始め、友達と街に遊びに行った時に、ふとペットショップに立ち寄りました。

その時に、私は一匹の犬に目を奪われました。そこには、学生でも保証人なしで組めるローンと張り紙もしてありました。

 

私はその場で25万円の子犬と飼育する上で必要なもの、すべて合わせて30万円のローンを組んでしまいました。

毎月一万円の30回払いでした。その経験で、私はローンの便利さ、高額な物を買っても月々払いが出来るという甘さを知ってしまいました。

 

その30万円は、きちんと返済したのですが、20歳になりクレジットカードを二枚契約しました。

一枚の利用限度額は、50万円、もう一枚は100万円でした。最初は少しだけ、今回だけと思いながらも美容室代、洋服代などすべてクレジットカードで購入しては、リボ払いにしていたので、気付いたときには、月々の返済額が8万円を越えていました。

 

携帯電話代も払えなくなり、強制解約になったりもしました。

強制解約になる前に、他の携帯会社で契約をして繋いでいました。気付いたときには、クレジットカードの利用限度額すべて使いきっており、携帯電話の滞納も3社合わせて25万円ほどになっていました。

 

どうにも、ならなくなった私は自己破産するしかないと考え、弁護士の先生のいる事務所に相談に行きました。

弁護士の先生は、私の話をじっくり聞いてくれて自己破産しか手はないかもね。という見解でした。

 

すぐに自己破産の手続きを開始しました。すると今まで毎日の様にかかってきた支払い催促の電話はなくなり、手紙もこなくなりました。

それだけで私は肩の荷が少しだけ楽になりました。弁護士の先生に言われた必要な書類を集め、様々な手続きを行い自己破産が決定しました。

 

私の弁護士事務所の先生はすごく親切で、法テラスを使うと弁護士費用も最低限ですむし、月々一万円の支払いだけで済むからととても親身になってくれました。

現在、私は結婚し、幸せな毎日を送っています。ですが、そのときのことはいまだに忘れませんし、自分のお金の使い方を反省する毎日です。

 

主人名義のクレジットカードはありますが、怖くて使うことは出来ません。主人にもすべてを話し、納得してもらっています。

クレジットカードは、便利なものではあると思いますが、本当に使い方を間違うと大変なことになると身をもって知ることが出来ました。

 

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

リボ払いは月々の返済額をしっかり把握した上で利用しよう

基本的に一括払いの場合でも、分割払いの場合でも、クレジットカードを使った返済をする場合は、「毎月いくらの返済が発生するのか??」は必ず確認しておきたいところです。

借金を無理してするのも、当然NGですが、無理な返済額を毎月返すというのは、続かないものなので、将来的に債務整理になる可能性は大です。

体験者の方のように、自己破産を避けて、借金返済が出来る範囲に留める事、そしてもし無理が生じるようであれば、債務整理も視野に検討する事も考えられると良いかと思います。