債務整理後の自動車ローン、ブラックリストから消えても借入出来ないの?

債務整理をしている最中は、信用情報上に債務整理をしている事がわかる異動情報(=信用情報におけるブラックリストのようなもの)が出ているため、金融業者は他社で債務整理中である事を把握する事が可能です。

金融業者からすると、きちんと返済能力があり、利息を払える方でなければ利益になりませんので、無理したリスクの高い融資をする事はありませんので、異動情報が報告されている間は、キャッシング、カードローンをはじめクレジットカードや各種ローンを組む事も難しくなっていると言っても良いでしょう。

(信用情報への登録機関については、債務整理してから信用情報の抹消までどのくらいで消えるの?で詳しく書いていますので、参考にして下さい。)

 

上記の通り、信用情報上には債務整理をしてから5年は異動情報が報告されている事になりますが、ブラックリストが消えた後にはどうなるのか?が気になるところだと思います。

そこで、ここでは債務整理後に自動車ローンを組む事が出来るのか?という点について、まとめたいと思います。

 

 

債務整理後の自動車ローンの審査は通常通りになるの??

まず、債務整理後5年が経過していれば、異動情報が消えますので異動情報がなければ金融業者からすると債務整理をした事を確認する事が出来ない状態にはなります。

ただし、債務整理の中で民事再生と自己破産の場合は、「官報」に掲載されますので、官報で氏名や事件番号を入力する事で、過去の破産歴などがバレてしまう事があります。

過去の破産歴などを持って、審査を断るのかどうかは、正直なところ金融業者側の判断になりますので、一概には言えないですが審査落ちする可能性もあるという事は、ここで憶えておいて頂ければと思います。

逆に任意整理や特定調停の場合であれば、異動情報が消えてしまえば、過去の借金歴などは借り入れした事のある金融業者以外は知る術がありませんので、審査は債務整理の前と同じように行われでしょう。

(=審査が行われる事をもって、審査に通るというわけではなく、あくまで審査によって借入判断は行われますので、総合的な判断となりますのでご注意下さい。)

 

自分自身の信用情報は開示する事が可能です

ところで、この信用情報についてですが、ご自身で開示手続きをする事が可能な事はご存知でしょうか?

  • 今、自分の信用情報がどんな情報が報告されているのか?
  • 債務整理をして5年は経過するけど、異動情報は無いか?

など、知りたい情報を書面で回答を得る事が出来ますので、例えば住宅ローンの審査を行う前に信用情報が不安だったりする場合は、開示請求をしてみて頂ければと思います。