債務整理で返済に遅れが出た場合はどうすれば良いの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の返済が遅れた場合、何か不都合があるのでしょうか?

ここでは、債務整理をした上で返済が想定される、任意整理、民事再生、特定調停を進めるのに、返済が遅れてしまった場合に起こる不利益とその対処法についてまとめました。

 

債務整理をした後に返済が遅れてしまった場合はどうすれば良いの?

債務整理をすると、返済計画を債務者との間で和解する事となり、特定調停であれば和解調書、民事再生であれば再生債権者表、任意整理であれば和解書がそれぞれ「債務名義」となります。

債務名義は、債権者が不利益を被り、契約内容通りの条件で債務者が履行しない場合に、行使する事で強制執行をする事が可能です。

 

つまり、債務整理をしたあとに約束通り返済ができなかった場合に、債権者から強制執行をされてしまうリスクがあるという事になります。

強制執行の方法には、

  • 金銭執行
  • 動産執行
  • 準不動産執行
  • 債権執行
    その他の財産権に対する執行

があり、債務者の財産を差し押さえされる事になりますので、家族や会社にも迷惑をかける可能性があります。

 

債務名義を執行されないようにはどうすれば??

一般的に、債務名義を執行するのは、債務者と連絡が取れない、債務者が責任ある態度を取っていない事で、債権者として回収手段が無い場合などが挙げられます。

誠意ある対応をしているうちは、きちんと相談に乗ってくれますし、まずは遅れてしまう事による後ろめたさはあるかもしれませんが、債務整理をしている責任を果たすという意味においても、きちんと債権者に連絡を取り、樹状況を伝える事が必要でしょう。

 

相手も人間ですし、裏切られた・・と感じれば、債務整理をしている分不利益を二度も受けたくないという気持ちも働き、債務名義を使う事も考えられます。

そうならないためにも、返済が遅れてしんどい場合でも、きちんと対応する事は忘れないようにしましょう。

 

債務整理を二度する事は可能??

最後に、債務整理を一度に限らず二度出来るのか?という点ですが、結論は「可能」ですが、債権者としても二度目の債務整理については信用度が落ちていますので、素直に受け入れてくれるかどうかは難しい判断です。

 

任意整理をしたけど、返済が続けられない・・・

という事で自己破産を選択するという事であれば考えられますが、基本的に任意整理を再度申し出して和解をするというのは、とても難しいと思います。

それでも可能性はゼロではありませんので、相談する価値はありますし、弁護士や司法書士が代理人となり、交渉をする事で可能な事もありますので、是非上手く活用していきましょう。