債務整理 いつから5年信用情報上に異動情報が出るのでしょうか?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理には、任意整理、自己破産、特定調停、民事再生といった手続きがありますが、どの手続を取るにしても信用情報上に異動情報が登録される事になります。

また、この異動情報ですが登録後5年の間は登録される事となり、その間は新たなキャッシングやカードローンの借入、クレジットカードの作成や更新、各種ローン関係の審査や借入に影響を及ぼす可能性があります。

ここでは、この異動情報がいつから5年間登録されるのか、登録の影響についてまとめていきたいと思います。

 

債務整理 いつから5年か??

債務整理の手続きは、弁護士や司法書士が代理人となって行う場合は、「介入通知書」と呼ばれる、代理人となった事、債務整理を進める事、取引開示をする事を債権者に伝えた時点から始まります。

代理人を通さず、自分自身で手続きを進める際には、裁判所に申し立てした時点や債権者に伝えた時点で債務整理が開始されたと認識されるでしょう。

 

債務整理をした事を認識した時に、債権者側は信用情報上に債務整理の手続を開始した事を報告する事になります、これで債務整理の登録が行われた事となりますが、和解であったり、再生計画の実行であったり、自己破産の免責決定があったりなど、債務整理の中でも違いがあります。

 

そのため、債務整理後いつから5年間移動情報の登録があるのか?については、それぞれの手続ごとに見ておく必要がありますので、下記の表にてまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

[table sort=”desc,asc”] ,任意整理,自己破産,民事再生,特定調停

異動情報の登録期間,和解後5年,破産の免責から5年,個人再生が裁判所に認可されてから5年,和解後5年[/table]

 

債務整理 クレジットカード いつから

次に、債務整理をしてからクレジットカードを作れるのはいつから??という件ですが、債務整理でクレジットカードの更新できない、作れない、使えない期間などのまとめの中で触れていますが、先ほどの登録後5年はクレジットカードを新たに作ったり、更新したりする事は難しいでしょう。

ただし、上記の異動情報の登録期間も金融業者によって報告のタイミングが違いますので、一概に5年経てば大丈夫というものでもありませんので、面倒かもしれませんがクレジットカードを作る前に「信用情報の開示請求」を行っておいた方が良いでしょう。

もし、ご自身で手続を取るのが面倒、分からないという場合は、このようなサービスもありますので、上手く活用いただいても良いかと思います。