債務整理の評判は実際のところどうなの?東京で民事再生された方の体験談

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の手続に入る時、弁護士や司法書士で手続きを取られた方の体験談はとても参考になる情報です。

どの事務所で、どんな手続を取り、どんな風に手続が進んだのか?を確認し、ご自身に必要な手段かどうかを判断いただく参考材料にして頂ければと思います。

今回は、東京で民事再生の手続を取られた方の体験談を紹介したいと思います。

 

債務整理 民事再生の手続を東京で取られた方の体験談

私が当時交際をしていた男性とその家族と暮らしていたときの話です。

金銭にルーズな家族に巻き込まれ、私自身の借金が、5社から約400万円程度に膨れ上がっていました。

手取り16万の中から返済に8万。更にお金が足りない、払えないと困るから、とわざわざ彼のいない留守を狙っては1万、2万とお金の無心にくる義母に疲れ始めていました。

彼も同じくお金の無心をされ、借金をしており、生活費を捻出するのがやっとの状態でした。

この現状から抜け出したくても、お金が無い、毎日債権会社から電話がくる、実家にも連絡が行く。毎日がお金、お金、お金でした。

 

私の両親も自分たちが生活していくだけで精一杯です。死んだところで1銭にもならず、友人たちにも打ち明けられない苦しみがあり、何とかしないといけないと窮地に立たされていました。

そんな時に債務整理という言葉を耳にしました。正直なところ自己破産とか人生終わりの手続きだと思っていました。

 

実際は無いことですが、地元では知人にバレるのではないか、と妙な猜疑心から、県外の司法書士事務所に依頼しました。お金もなく、出向いて面談ができないと伝えると、事務所の方が面談に来てくれました。

生活状況、収入と支出、借金への経緯、家計簿提出等、こんなことまで聞くのかということまでお話ししましたが、

  • 返せないでいるよりはこの現状を変えたい
  • 私もまっとうに生きて生きたい

という思いから全てお話しし、債権会社の方にも迷惑をかけてしまったし、出来るなら返済したい意向を伝えました。

 

司法書士の方から、

「何よりもあなたの生活の保障がないことには返済出来ませんからね。私は債権会社と相談します。あなたはあなた自身の生活が守れるように、自分を強く持って、お金を返済に充てられるようにしてください。」

と言ってもらえました。うれしい言葉でした。

その後、債権会社5社と無事に和解が成立し、個人再生となりました。4年未満で支払いを終えました。

月々4万程度で絶対滞ることが無いようにするというお約束で、私は安定した生活を取り戻し、金銭搾取にあっていた家族からも離脱出来ました。

 

徐々に生活にゆとりを取り戻し、最後数か月分をまとめて支払うため債権会社へ連絡しましたが、対応はわかっていたけど冷たいものでした。

最初は色々な事情があっての借り入れですが、金銭感覚が麻痺してしまいやすく、安易なカード払いは絶対するべきではないと身をもって感じています。

今はまだブラックで借り入れ等は出来ない期間ですが、生活しているだけなら問題なく過ごせています。保証は欲しいですが、身から出た錆というものを真摯に受け止めていきたいと思っています。

 

債務整理をきっかけにやり直しが可能です

体験者の声にもありますが、債務整理で金銭感覚が麻痺したり、結果て新たな借入が出来ない、カードが作れないなどの不都合になる事もありますが、債務整理をした事で借金問題に一応の目処をつける事に至っていますので、是非借金問題で苦しんでいる、悩んでいるという方は思い切って手続きを取って頂ければと思います。