債務整理中でも借りられる消費者金融は信用できない?無理な借入には気をつけましょう。

債務整理中でも借入ができる消費者金融があるようですが、個人的には「絶対に借入する事はNG」という見解を持っています。

ここでは、債務整理中に新たな借入をするリスクについて、最初にお伝えしたいと思います。

 

債務整理中に借入を承認する事自体が、不自然と思いませんか?

まず最初に、債務整理中をしているという事は、「過去に何かしらの借金があった」という事実があり、当時借金で苦しんできた事があるかと思います。

多くの方が借金をするのに、はじめて利用する金融業者として闇金を選択するなんて事は、ほとんどあり得ないでしょう。

大体が、CMなどでよく見かける消費者金融や銀行系カードローンがほとんどだと思います。

また、事業者の場合であれば、国金(日本政策金融公庫)や取引先の銀行や信用金庫など、まず最初に相談するのは、できるだけ知っているところか認知されているところから始めるはずです。

そのため、債務整理に至っている頃には、正規の消費者金融では既に借入をしていて、返済が出来なくなったために債務整理に至っていると思いますので、正規の業者では債務整理中に新たな融資をする事自体が難しいです。

よって、そもそも正規の業者が融資をする事自体が不自然であって、そのような状況でも融資を受けられるというのは、「何か裏がある」と思っても良いという事なのです。

 

債務整理中でも融資をする金融業者は相当なリスクを背負っている

ここまで、債務整理中に融資をする業者には、何か裏があるという事について書いてきたのですが、ではその裏とは何??という事について、ここではお話しをしたいのですが、そもそも債務整理中という事は大方の方が借金返済ができない状態

  • 収入が少ないのか
  • 支出が多いのか
  • いずれもなのか

という事になっているはずです。

これ以上融資をしても、利息どころか元金すらも返済できずに、貸倒れする可能性がある、それだけリスクの高い融資になるという事をわかった上で、融資を実行するという事になるのです。

普通の金融業者は、法律上の制限もあり、このような状態で融資を行う事はあり得ませんが、仮に法律上の制限が無かったとしても、リスクのある貸付をする事はありませんので、その点を考えると「普通では無い金融業者が融資をしている」というのが、当たり前に考えられる事になります。

 

代表的な例を挙げるとすれば、「闇金」です。

ナニワ金融道、ミナミの帝王、闇金ウシジマくんなど、漫画の世界だけではなく、現実の社会でも闇金は存在し、違法な金利、無理な貸付を行っています。

利息返済をするだけで精一杯で、元金が全く減らないという方も多くいますし、どんどん精神的にも追い詰められてしまい、返済がままならなくなり、家族にも迷惑をかけてしまうという事も、多く報告されているほどです。

 

今、融資を受ければ、確かに楽になれる。

そんな場面があるかも知れませんが、今だけ楽をしても将来に問題を先延ばししてしまう事で、「厳しい取り立て」、「法外な利息」を取られてしまい、生活も家庭も崩壊してしまうという事になりかねませんので、楽な道を選ぶ事無く、まずは債務整理で借金から足を洗うという意識を強く持つようにしましょう。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。