債務整理後でも借りれる金融業者は信用できるのでしょうか?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理する事で最大のデメリットといえば「信用情報に傷がつく」という点です。

信用情報とは、キャッシングやカードローンの借入だけでなく、クレジットカード、住宅ローンなどのローンなど、無担保でも担保付きでも、それぞれの借入情報をとりまとめ、資金需要者となる借入希望者の融資審査に使われる、重要なデータです。

(→ 信用情報に関する事は、債務整理してから信用情報の抹消までどのくらいで消えるの?で詳しく書いていますので、参考にして下さい。)

 

信用情報に傷がつくという事は、「借入審査を希望しても、審査に通るだけの信用力を得られない」という事を示しているも同じです。

このようなデメリットがあるにもかかわらず、債務整理をするという事は、

  • それだけ借金返済に困窮している状態
  • 多重債務で借金返済まで首が回らない

など、借金を通常どおり返済する事が出来ない状況で、借金を返済しやすいように、もしくは自己破産を通して借金をチャラにするなど、デメリットよりも大きなメリットを得ることが出来るからでしょう。

 

一方、金融業者側からすると、債務整理をされるという事は、見込んでいた収益がなくなるばかりか、逆にマイナスとなる(借入金を破産されると返済を求める事ができないので)事もあります。

それだけ金融業者としては得も無い債務整理ですし、信用力の得られない方法でありますので、債務整理後に再度融資を検討するという事は、とてもリスクが高いですし、信用する事も出来ません。

 

債務整理後でも借りれる金融業者は限りなくブラック

そんな状況でも

「債務整理後でも融資をします」

と謳っているのは、ある意味「おかしいのではないか?」と思うのが普通では無いでしょうか?そうです「その考えは普通で、それでもお金を貸すところがあるのは異常」だという事です。

 

債務整理後でも借りれる金融業者は、本当に危ない金融業者が多く、一般的に言われる「闇金(ヤミ金)」という可能性も高いです。

闇金は法外な金利を請求してきますし、借金をすればそれだけで返済をしても元金が減らず、利息の入金を繰り返すだけ。

完済したと思っても、入金の明細などを出していない事を盾にさらに返済を要求する事もあります。

 

債務整理後すぐに借入したくなるほど、気持ちが弱くなったり、生活が苦しくなったりする事も、場合によっては無い事も無いでしょうが、そこで無理をして借入するような事があると、その後の生活再建ができなくなってしまいますので、絶対に借り入れをする事のないようにしましょう。

 

債務整理後でも借入できるのはいつごろから?

債務整理後に借入ができるのは、債務整理後、何年でカード作れるの??でも書いている通り、信用情報上からブラックリスト(異動情報)が消えた時点からで、その後に審査に通れば借入も出来ます。

一般的には、「5年ほどで信用情報上で異動情報が消える」とと言われていますので、それまでは我慢が必要です。

繰り返しになりますが、借金返済中や債務整理中に新たな借入をする事は、自分の首を締めかねませんので、そのような事がないように自制を働かせて下さいね。