債務整理してから信用情報の抹消までどのくらいで消えるの?

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理をすると、借金が減る・・

債務整理をすると、借金がチャラになる・・

様々なメリットがクローズアップされるのですが、メリットばかりではなく、デメリットももちろんあり、その大きな一つに「信用情報への異動情報の登録」があります。

ここでは、信用情報機関の果たす役目、信用情報への異動情報の登録、信用情報へ異動情報が登録される事でのデメリットについて、まとめていきます。

 

信用情報機関とは何??

最初に信用情報機関について、簡単に説明をします。

信用情報機関とは、金融機関が、融資をするかどうか「与信判断」をしたり、限度額を管理する「与信管理」のために借入情報を登録している情報機関です。

shinyoujyouhou

表の通り、指定信用情報機関には、JICC、CIC、KSCといった機関があります。

それぞれの信用情報機関には、

  • 本人を特定するための情報
    氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等
  • 契約内容に関する情報
    登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等
  • 返済状況に関する情報
    入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等
  • 取引事実に関する情報
    債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等

が主に登録されていますので、個人情報を厳重に管理する機関です。

 

異動情報と呼ばれるものは、上記の中で「取引事実に関する情報」という部分で、債権回収(法的対応)、債務整理に関する情報、そして「返済状況に関する情報」という部分で、延滞(長期に渡るもの)や貸倒れ情報などが、これにあたります。

 

信用情報へ異動情報が出る理由は?

次に、信用情報へ移動情報が出る理由ですが、簡単にいえば「金融会社も申込者本人も不利益を被らないため」です。

貸倒れや不渡りリスクのある方に貸付したくないでしょうし、逆に申込者本人も過剰な借入となり、自己破産など債務整理をしたり、日常生活に支障が出ないようにするためだと言えます。

信用情報で異動情報が出ているという事は、ハイリスクな借入をしている可能性が高く、また返済されない可能性も高いので、注意しましょうという情報を登録しているという認識で良いかと思います。

 

異動情報の種類と抹消までの期間

では、この異動情報についてですが、どのような情報があるのか?ここで一覧にまとめましたので、参考にして下さい。

[table sort=”desc,asc”]状況,内容,登録期間

延滞情報,通常3ヶ月以上の未入金の状態が続いた際に登録,延滞解消後1年を超えない期間

貸倒れ情報,通常6ヶ月以上の未入金の状態が続いた際に登録,貸倒れ解消後1年を超えない期間

債務整理,自己破産、民事再生、特定調停、任意整理を行った情報,当該事実の発生日より5年

債権譲渡,他の金融会社へ再建を譲渡した情報,発生日より1年

[/table]

延滞や貸倒れ情報は、解消後1年は移動情報として登録されますので、いわゆるブラックリストに入っている状況はこの期間が該当します。

また、債務整理については、当該事実の発生より5年という期間になります。

両方とも、長期間に渡り、クレジットカードやローンの審査に影響が出ますし、キャッシングやカードローンについても審査に通らない可能性が高いと思って良いでしょう。

以上、債務整理と信用情報に関するまとめでした。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。