債務整理の相談は無料で始めないと損です

私もそうでしたが、債務整理を最初に相談しようと思った時、まずは弁護士でも司法書士でも、いずれの専門家の場合でも「無料相談」の機会を活かさないと損です。

 

無料相談は、事務所によって条件が違いますが、例えば

  • 何度でも相談無料としているところ。
  • 一度だけ相談可。
  • 相談時間は30分(1時間)だけという時間制限あり。

など、様々ありますので、事務所の条件をホームページで確認した上で、相談をしてみると良いかと思います。

 

また、相談方法は、メールで相談する方法、フリーダイヤルなどの電話で相談する方法がありますが、最終的に代理人契約をするために、面談が必要ですので、近くの事務所を選ぶなど検討材料にして頂きたいと思います。

 

債務整理を代理人に任せるには、それなりの費用が必要

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停の手続きがありますが、手続きを取るだけでもそれなりに費用が必要です。

例えば、自己破産であれば「印紙代」や「予納金」などがありますし、任意整理などでも和解契約時に印紙代を要求される事もあります。

 

これらの費用の上に、代理人となる弁護士や司法書士へ依頼するとなると、様々な費用が必要です。

費用については、

  • 着手金(=債務整理の手続を受けるために受け取る費用)
  • 解決報酬金(=債務整理の手続が成功した時に受け取る費用)
  • 減額報酬金(=借金を減らした分に対して最大10%)
  • その他事務手数料

これらの費用がかかります。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。

 

無駄な費用をかけずに、できるだけ低予算そして確実に借金問題を解決するためにも、是非最初から費用を必要としない事務所へ相談するように心がけて下さいね。