債務整理してから信用情報の抹消までどのくらいで消えるの?

債務整理をすると、借金が減る・・

債務整理をすると、借金がチャラになる・・

様々なメリットがクローズアップされるのですが、メリットばかりではなく、デメリットももちろんあり、その大きな一つに「信用情報への異動情報の登録」があります。

ここでは、信用情報機関の果たす役目、信用情報への異動情報の登録、信用情報へ異動情報が登録される事でのデメリットについて、まとめていきます。

 

信用情報機関とは何??

最初に信用情報機関について、簡単に説明をします。

信用情報機関とは、金融機関が、融資をするかどうか「与信判断」をしたり、限度額を管理する「与信管理」のために借入情報を登録している情報機関です。

shinyoujyouhou

表の通り、指定信用情報機関には、JICC、CIC、KSCといった機関があります。

それぞれの信用情報機関には、

  • 本人を特定するための情報
    氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等
  • 契約内容に関する情報
    登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等
  • 返済状況に関する情報
    入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等
  • 取引事実に関する情報
    債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等

が主に登録されていますので、個人情報を厳重に管理する機関です。

 

異動情報と呼ばれるものは、上記の中で「取引事実に関する情報」という部分で、債権回収(法的対応)、債務整理に関する情報、そして「返済状況に関する情報」という部分で、延滞(長期に渡るもの)や貸倒れ情報などが、これにあたります。

 

信用情報へ異動情報が出る理由は?

次に、信用情報へ移動情報が出る理由ですが、簡単にいえば「金融会社も申込者本人も不利益を被らないため」です。

貸倒れや不渡りリスクのある方に貸付したくないでしょうし、逆に申込者本人も過剰な借入となり、自己破産など債務整理をしたり、日常生活に支障が出ないようにするためだと言えます。

信用情報で異動情報が出ているという事は、ハイリスクな借入をしている可能性が高く、また返済されない可能性も高いので、注意しましょうという情報を登録しているという認識で良いかと思います。

 

異動情報の種類と抹消までの期間

では、この異動情報についてですが、どのような情報があるのか?ここで一覧にまとめましたので、参考にして下さい。

[table sort=”desc,asc”]状況,内容,登録期間

延滞情報,通常3ヶ月以上の未入金の状態が続いた際に登録,延滞解消後1年を超えない期間

貸倒れ情報,通常6ヶ月以上の未入金の状態が続いた際に登録,貸倒れ解消後1年を超えない期間

債務整理,自己破産、民事再生、特定調停、任意整理を行った情報,当該事実の発生日より5年

債権譲渡,他の金融会社へ再建を譲渡した情報,発生日より1年

[/table]

延滞や貸倒れ情報は、解消後1年は移動情報として登録されますので、いわゆるブラックリストに入っている状況はこの期間が該当します。

また、債務整理については、当該事実の発生より5年という期間になります。

両方とも、長期間に渡り、クレジットカードやローンの審査に影響が出ますし、キャッシングやカードローンについても審査に通らない可能性が高いと思って良いでしょう。

以上、債務整理と信用情報に関するまとめでした。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。

債務整理と事故情報の関係とは?そして期間はどれくらい?

債務整理をする中で、事故情報という言葉を聞く事がありますが、事故情報とは何?そして事故情報はどれくらいの期間登録される事になるの??

という点について、ここではまとめていきたいと思います。

 

point 事故情報とは信用情報上の異動情報の事です。

まず、事故情報とは何?についてからですが、事故情報とは信用情報上では「異動情報」と呼ばれています。

異動情報というのは、簡単に言えば「債務者にとって不利な情報」という事で、例えば、

  • 長期間に渡って延滞をしている。(未払いが継続)
  • 貸倒れとして債権者が費用計上している。(回収不能と判断)
  • 各種債務整理の手続(特定調停、任意整理、自己破産、民事再生)をしている。
  • カードを強制解約されている。

これらの情報が、信用情報上に登録される事を言います。

 

事故情報が登録されている期間は、新規のキャッシングやカードローン、クレジットカードの審査に落ちる可能性が高いという事、住宅ローンなどの審査にも通りにくい可能性があるという事は、債務整理 完済後でも紹介している通りです。

また、債務整理の手続を開始してから「5年」は、事故情報として、債権者が登録している信用情報機関へ登録される事となります。

 

信用情報機関については、債務整理 個人でのところでまとめていますので、一緒に読んで頂き理解を深めて頂けるかと思います。

 

借金を放置していても延滞情報として事故情報は登録されますし(この場合は、延滞解消されると1年ほどで消えますが)、債務整理の手続を取っても登録はされます。

いずれにしても、事故情報が登録される可能性があるのであれば、早急に債務整理を経て、借金問題を解決に向かわせる方が、時間も有効的に活用出来るかと思いますし、問題も前進出来るかと思います。

債務整理するとETCカードは作れないの??

債務整理の手続きをすると、クレジットカードやキャッシングの利用ができなる可能性がある事については、債務整理の手続前に弁護士などから説明を受けますが・・・・

ETCカードの場合はどうなのだろう??

気になりましたので、調べてみました。

 

ETCカードを使うタイミングの信用情報がどうなっているかが大事

クレジットカードの審査同様、ETCカードの審査もあります。

一般的に、クレジットカード審査が通るような状況であれば問題ないようですが、その時に「信用情報に異動情報」が報告されている場合、審査落ちだけでは済みません!

(異動情報については、債務整理後のクレジットカード作成は可能?などでも紹介していますので、一緒に読んで頂ければと思います。)

 

実は、クレジットカード会社というのは、信用情報を定期的に更新していて、債務者の利用状況と含めて、総合的な判断をします。

もし、ETCカードを持っていなくて、作りたいなぁ・・・という事で、審査に入った事で信用情報を確認したところ、債務整理をしていた事が判明すると・・・

ETCの審査落ちと一緒に、クレジットカードを持っていれば、そのカードもストップさせます。

 

最初からクレジットカードを持っていなければ、ETCカードの審査と一緒に審査落ちで「仕方ないな・・・」で済みますが、クレジットカードを持っている会社で後からETCカードの審査だけを申し込む場合は、上記の事に注意しなければいけないという事になります。

 

すでに手持ちのETCは利用できる??

上のケースは、あくまでこれからETCカードを作ろうと思う場合ですが、すでにETCカードを持っている場合はどうなるのか??

ですが、結論としては「利用はそのまま使える」という事になります。

 

これは、クレジットカードも一緒なのですが、信用情報は定期的に更新されるのですが、更新タイミングで債務整理の情報が反映されていなければ、問題になる可能性は低いです。

おそらく、わざわざカード会社などに

「自己破産しました」とか、「民事再生しました」、「任意整理しました」などの連絡を入れるような事はしないと思いますので・・・

信用情報が更新されるまでは、そのまま使い続ける事で良いでしょう。

 

ただし、債務整理の手続に入っているという事は、すでに債務超過の状況ですし、多重債務で借金がどうしようも出来ないという事だと思いますので・・・

ETCカードやクレジットカードの利用を増やして、借金をふくらませるという事のないようには気をつけましょう。

 

ETCカードやクレジットカードは債務整理できる??

最後に、ETCやクレジットカードについてですが、債務整理できるのか??という疑問ですが、結論としては「債務整理できる」ので、もしキャッシングの支払いだけでなく、リボ払いも返済が厳しいという事であれば・・・

是非、一緒に弁護士や司法書士へ相談してはいかがでしょうか??

 

一緒に債務整理の手続きを取れば、一気に借金問題も解決に向かいますので、とても有効な事ですので、債務整理の手続きを上手く活用しましょう。