債務整理を行政書士に依頼するのは非弁行為に該当します!

point 債務整理の相談を行政書士にするのは、NGです!!

行政書士は、行政書士法に基づいた国家資格ですが、官公庁に提出する書類の作成だったり、提出を代理もしくは代行する事が出来るのですが、債務整理については、2016年時点では手続きを代行したり、書類代行する事は認められていません。

 

また、債務整理についても、弁護士は制約なく手続きをしたり、交渉したりする事は出来ますが、司法書士については「認定司法書士」でなければ、行う事は出来ません。

認定司法書士については、債務整理 弁護士 司法書士 違いでも紹介していますので、参考にして下さい。

 

行政書士が手続きすると、非弁行為にあたる可能性があります。

それでも、行政書士へ相談し、債務整理の手続きを代行したり、書類作成などをするのは、考えられる点としては「費用面で安いから」だと思われるのですが、報酬をとっての手続きの場合は「非弁行為」となる可能性が高いです。

また、弁護士や司法書士であれば、受任通知を発送し、債務整理の手続に入った事を通知する事で、取り立てがストップする事もありますが、権限外の行政書士ではそのような効力はありません。

 

中には、行政書士から弁護士や司法書士を紹介してくれるケースもありますが、ご自身で最初から債務整理の相談先として相応しい相談先を見つける方が、納得感もありますし、後々のトラブル等に巻き込まれるリスクも軽減できるかと思います。

 

司法書士と弁護士でも権限に違いがあるので要注意!

司法書士と弁護士でも、権限の違いがあり、自己破産や民事再生、訴額が140万円を超えるような事例の場合は、地方裁判所扱いとなり、「簡易訴訟代理権」の範囲外という事になりますので、司法書士が出廷したり、交渉したりする事は出来ません。

 

このように、それぞれの代理権の範囲が違いますし、時には法律に抵触する事もありますので、代理人選びは慎重に行わないと、スムーズに借金問題が解決出来ない事もあります。

無用な時間をかけないように、是非それぞれの違いについては理解しておきましょう。

債務整理の相談は無料で始めないと損です

私もそうでしたが、債務整理を最初に相談しようと思った時、まずは弁護士でも司法書士でも、いずれの専門家の場合でも「無料相談」の機会を活かさないと損です。

 

無料相談は、事務所によって条件が違いますが、例えば

  • 何度でも相談無料としているところ。
  • 一度だけ相談可。
  • 相談時間は30分(1時間)だけという時間制限あり。

など、様々ありますので、事務所の条件をホームページで確認した上で、相談をしてみると良いかと思います。

 

また、相談方法は、メールで相談する方法、フリーダイヤルなどの電話で相談する方法がありますが、最終的に代理人契約をするために、面談が必要ですので、近くの事務所を選ぶなど検討材料にして頂きたいと思います。

 

債務整理を代理人に任せるには、それなりの費用が必要

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停の手続きがありますが、手続きを取るだけでもそれなりに費用が必要です。

例えば、自己破産であれば「印紙代」や「予納金」などがありますし、任意整理などでも和解契約時に印紙代を要求される事もあります。

 

これらの費用の上に、代理人となる弁護士や司法書士へ依頼するとなると、様々な費用が必要です。

費用については、

  • 着手金(=債務整理の手続を受けるために受け取る費用)
  • 解決報酬金(=債務整理の手続が成功した時に受け取る費用)
  • 減額報酬金(=借金を減らした分に対して最大10%)
  • その他事務手数料

これらの費用がかかります。

 

tokushu-01red 一緒に読まれています。

 

無駄な費用をかけずに、できるだけ低予算そして確実に借金問題を解決するためにも、是非最初から費用を必要としない事務所へ相談するように心がけて下さいね。

債務整理する前に弁護士の口コミや評判は必ずチェックしましょう

債務整理の手続きを取る際に、弁護士へ受任するケースが多いのですが、弁護士に相談する事でどんなメリットがあるのでしょうか??

また、弁護士のメリットを踏まえた上で、口コミや評判を比較、チェックできるサイトを紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

弁護士へ相談するメリットは?

弁護士へ相談すると得られるメリットの一つに「債権者や裁判所との交渉や事務手続きを代理してもらえる」という事です。

最近でこそ、裁判も簡素化された事もあったり、裁判員制度の導入などで、簡潔になってきたと言っても、それでも法律の事って、一般人にはちんぷんかんぷんだと思います。

 

さらに、相手が法律の知識に長けている場合、こちらの足元を見られたり、一回、一回確認しながら進めるという事では、時間もかかりますし、ストレスもかかります。

その事を考えると、弁護士に任せておくだけで、手続きが進むわけですし、ストレスもなくすべて任せる事も可能です。

 

もう一つメリットがあるとすれば、「弁護士も敷居が低くなってきたので、相談しやすくなった」という事では無いでしょうか。

以前は、債務整理の手続きは弁護士の間でもメジャーではなかったので、弁護士へ相談する=敷居が高く、費用も高いというイメージが付いていたのですが・・・

今では、多重債務者問題に取り組む弁護士も増えてきた事、過払い金返還請求の事もあり、債務整理にも注目された事もあって、相談しやすい社会的な環境が整ってきました。

 

そのため、弁護士へ相談する事も、以前よりも比較的敷居も低くなっていますので、多くの方が相談し、債務整理を経て、借金苦から開放されている実績もあります。

 

弁護士へ相談する時には、口コミや評判の比較は必須です。

弁護士へ相談するのは、とても有意義な事だというメリットを理解した上で、ここからは実際に弁護士を選ぶにはどうすれば良いか??という点です。

まず、「無料相談の機会」を活用して、弁護士との接触をして、代理人として相応しいかどうかを確認するようにしましょう。

その際、公式サイトの口コミや評判などが書かれた、「お客さまの声」があれば、それらを読んで、しっかりチェックしておきましょう。

 

また、事務所同士を比較しやすいように、例えば借金問題を法的解決!のようなサイトを活用してみるのも、一つの手段かと思います。

 

実際、日本法規サポートでは、在籍数3,000名、事務所数1,000と圧倒的な規模で全国の事務所を比較できる便利なサイトですので、上手く活かしていきましょう。

債務整理 京都の弁護士や司法書士へ相談した結果

債務整理の手続きを取る際に、弁護士や司法書士の評判は気になるところですが、そのような点をクリアして、実際に債務整理の手続きまで進めた事のある方は、どうやって専門家探しをしたのか??

そして、決定に至ったのか??について、ここでは、京都在住の体験談を頂きましたので、参考にまとめてみました。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
30代男性 京都府在住

債務整理をする人は、皆さんが思われている以上に多いのです。

プライバシーに関わる問題なので、実際に口に出す人がいないだけです。

政府の情報誌である官報を見ると、いかに債務整理をしている方が多いのかわかります。

 

京都でも大勢の方が債務整理で借金を解決しているので、恥じる必要はまったくなく、むしろ返済できない状態を放置しておくほうが悪いことです。

借金総額を増やすだけですし、債権者にも迷惑をかけてしまうのです。

 

京都には借金相談できる場所が数多くあり、その多くは相談無料としています。

お金の心配をすることなく、専門家に相談できるのです。

実際に相談された方は、即座に債務整理の依頼する方が少なくありません。

 

最初は躊躇していても、話を聞くといかにメリットが大きいかわかるからです。

逆に放置しておいてもデメリットしかないと知らされるので、ほとんどの方は依頼されます。

 

京都にある法律事務所のWEBサイトを見ると、借金問題に関する記載があるでしょう。

それほど借金に悩んでいる方が多いということです。
借金問題は債務整理さえしてしまえば、もう逃げる必要はないのです。

弁護士がすぐに取り立てを止めてくれるので、取り立てに怯える生活からも解放されるでしょう。

 

債務整理の前に、まずは話を聞いてみる事から

債務整理をする前に、専門家の意見を聞いたり、また時間的にも余裕がある場合は、複数の専門家に「無料相談」の機会を活かして相談すると、色々な意見をもらえると思います。

 

まずは、「話を聞いてみる」というスタンスに立つと、自然と前向きになれますし、絶対に借金から開放して、人生をやり直すんだ!という強い力にもなります。

ぜひ、そんな力に変えて頂くためにも、上手くWEBサイトや無料相談のメールフォーム、フリーダイヤルなどを有効活用して下さいね。

 


京都府 市区情報

  • 京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市中京区
  • 京都市東山区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区
  • 京都市伏見区、京都市山科区、京都市西京区
  • 福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市
  • 亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市
  • 京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市
  • 大山崎町、久御山町、井手町、宇治田原町
  • 笠置町、和束町、精華町、南山城村
  • 京丹波町、伊根町、与謝野町

債務整理するのに弁護士と司法書士に依頼する大きな違いは何?

債務整理を本人に代わり、代理で手続きを出来るのは、弁護士と司法書士のみとなりますが、弁護士と司法書士では何が違うのか??という点をここではまとめていきたいと思います。

 

弁護士は、法律と裁判の代理人となる事が出来る専門家で、法律に関するトラブル全般に対するアドバイスや、時には代理人となり訴訟を担当する事があります。

 

司法書士は、本来の業務は会社や不動産の登記の専門家で、従来は法律相談やトラブルに対するアドバイス、代理人となる事が出来ませんでした。

しかし、多重債務者の増加、借金問題の社会問題が表面化(過払い金返還請求や過剰融資、取り立ての実態など)した事で、弁護士だけではトラブル解決の専門家が足りないという事もあり・・・

2003年の法改正を経て、一部の条件を付けて、トラブル解決のアドバイス、仲介、訴訟の代理人となる事が出来るようになりました。

 

司法書士の条件付きでの干渉ですが、

  • 認定司法書士と呼ばれる、法務省で一定の研修と考査を受け事で認められた人である事
  • 総額140万円以下の案件(簡易裁判所で手続き取れる案件)である事

この2つを満たしていなければ、借金相談だったり、本人に代わり代理人となる事は許されないのです。

 

そのため、弁護士の場合は、何も制約もなく法律トラブルや借金問題の相談に対応出来るのに対し、司法書士の場合は、条件によっては折り合わないという事があるかも知れません。

自分の条件が、司法書士でも良いのか?それとも弁護士でなければいけないのか?というのを見極めるのが面倒、という場合は、最初から弁護士へ相談する方が、時間を無駄にしないかと思います。

 

そうゆう私も、借金問題をとにかく早く解決したかった、それ以外の余計な事を考える余裕というのがなかったという点もあり・・・

最初から、債務整理の事を色々と調べた中で、「弁護士に相談しよう」と決めていたので、とてもスムーズに事を運ぶ事が出来ました。

 

私の経験から言える事ですが、

  代理人に任せて、任意整理の交渉を行う上でも、相手は貸金業者なので、それなりに貸金の法律には精通していますし、何より口が巧い(=融資増額とかの営業トークは見事ですからね・・・w)ので・・・

そのあたりを冷静にかつ巧みに対処出来る経験値の高い弁護士に任せる。

というのが、一番だと私は思って行動しました。